« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

夢のエネルギーが子供達の未来を変える!

今年は、1000人の子供達に夢の授業を届けたい!

夢の授業とは、ドリームマップというツールを使って、

子供達の未来を自由に描いてもらうワークショップだ。

授業は、1日6時限の中で一気に行うこともできるが、

私の場合は、2時限枠を5回ぐらいに分けて授業する。

最初は、夢なんかないって言ってた子供達も、

セッションを重ねていくうちに、少しずつ自己開示し始めていく。

そして、最終的には、大きなボードに写真をコラージュしたマップが出来上がる。

最後の授業では、完成したマップを使ってプレゼンしてもらう。

10年後や20年後の自分になりきって発表してもらう。

堂々と語る子もいれば、恥ずかしそうに話す子もいる。

発表した子には全員で拍手する。っていうか勝手に拍手してしまう。

なんとも言えないあったかい空気が子供達を包む。

夢に順位はない。1位の夢もビリの夢もない。

ただ、それぞれの存在を認め合って、応援するだけ。

その瞬間に立ち会えることが、私にとって至高の時間なのだ。

子供達の瞳が輝く瞬間、未来が少しだけ変わったことを確信する。

だから、やるんだ。今年は1000人の子供達に夢を届ける。

新年早々、地元の中学校2校で夢の授業が始まった。

2校とも、2時限枠✖️5回の授業だ。3月にプレゼンしてフィナーレを迎える。

今日現在、授業は中間地点にある。

子供達は、今、葛藤している。

ワークショップを受けているのは、中学1年生、13歳の子供達。

小学校から中学へ進むと、夢と現実のギャップに苦しむ。

小学生の夢は、プロ野球選手、Jリーガー、大金持ち・・・

なんにだってなれる。でも、中学生になると、突然、現実の壁に当たる。

「俺にできるわけがない・・・」「私には絶対無理・・・」

現実を知ることは大切なことだけど、ビジョンを失って欲しくない。

自らを小さく、低く、安く、決め付けて欲しくないんだ。

人は器に合わせて成長する。

自分を小さな器に入れたら、小さくしか育たない。

究極的に言うと、夢は叶わなくてもいい。

夢を描き、その夢に向かってチャレンジする、今この瞬間に意味がある。

夢はエネルギー。私たちの今を変えてくれるエネルギーだ。

だから、叶えられないほど大きな夢を描いてみよう!!

夢のエネルギーが、子供達の未来を変える。

愛と勇気と光に満ちた未来が待っている。

今日も私は、未来を変える仕事をしよう〜!

それでは、いってきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »