« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

怖れるな。ただ楽しめ。勝利あるのみ。

東北にもようやく夏がやってきました。

Photo

超個人的な意見ですが、夏といえば、やっぱり高校野球ですね〜

この時期になると、全国から続々と甲子園出場!のニュースが飛び込んできます!!

さて、今年はメンタルコーチとして関わったチームが飛躍的に増えました。
まずは、青森県では、優勝候補の筆頭だった弘前学院聖愛高校。
そして、昭和の高校野球の伝説と言われる、三沢高校。
お隣の秋田県では、やんちゃ軍団・大館工業と二ツ井高校。
一気に南下して、京都福知山の京都共栄学園。
大会中は、各地の速報を見ながら、一喜一憂する毎日でした。
中でも、聖愛高校は、春の県大会を制して第1シードとして挑む甲子園予選。
主力の3年生は2年前の甲子園出場時にも活躍した選手たち。
周囲の期待も高く、「津軽から日本一」の機運も高まっていました。
ところが、結果はまさかの準々決勝敗退・・・。
しかも、対戦相手はノーシードで勝ち上がって来た公立校・三沢商業。
この試合、三沢商業は、聖愛のお株を奪うような、明るさ・元気・笑顔がありました。
チームに勢いがあり、いわゆるフロー状態に入っていました。
対する聖愛は、ビハインドになってからは、打線がつながらず、
まさか・・・、そのうち・・・、と思っているうちに、ゲームセット。
信じられない結末に、聖愛ナインはしばらく立ち上がれませんでした。
まさしく、[フロー状態=波に乗っている状態]の凄さを思い知らされた一戦。
三沢商業は、この勝利で、究極のフロー状態=ゾーンに突入。
ビッグウエーブに乗って、決勝では百戦錬磨の光星にサヨナラ勝ち!!
実に29年ぶりの甲子園出場の切符を勝ち取りました。
一方、秋田県では、やんちゃ軍団・大館工業が大健闘!!
2回戦で第1シードの秋田南と対戦!
白熱の投手戦の中、8回に勝ち越しの1点を取りました!!
よっしゃ〜!!!速報を見ながらエキサイト!!
ところが、直後、逆転をくらい、涙のゲームセット・・・。
試合後の監督さんからの電話では
「最高のゲームでした。最後まであいつららしく戦えました」って。
やんちゃ軍団よ、本気でやれば不可能はない!もう一度チャレンジしよう!!
最後に残ったのは、京都共栄学園。
大雨と熱波が交互にやってくるハードなコンディションの中、
チームは快進撃を続け、目標だったベスト4に進出!!
準決勝の相手は、今年の春の選抜に出場した強豪校。
春の大会で対戦した時は、圧倒され完敗を喫したチームでした。
そこで、ボクは試合前にメールを送りました。
「怖れるな。ただ楽しめ。勝利あるのみ。」
積極性こそ、京都共栄の持ち味。
結果を手放し、失敗を怖れずに、果敢な野球をやってほしかった。
それができたら、チーム全員に拍手を贈ろうと思ってメッセージを送りました。
結果は、まれに見る大激戦、6対6のまま延長15回に突入。
速報から、選手たちの戦いぶりが伝わってきました。
結果は、15回の裏ツーアウトランナーなし、
引き分け再試合の気配濃厚の中から、まさかのサヨナラゲーム・・・。
ついに、京都共栄の快進撃が止まりました。
試合後、部長先生からの電話。
「京都共栄のベストゲームでした。全員が活躍した最高の試合。
最後まで全力で戦ってくれた選手たちを誇りに思います」
最初に会った時は、ちょっと自信なさそうにしていた選手たちが、
この夏、たくましく成長してくれた。ホントに素晴らしい夏だったと思います。
2014年、ボクの甲子園チャレンジも終わりました。
すべてのチームの、すべての試合に、大きな学びが含まれていました。
彼らが本気でチャレンジしてくれたからこそ、ボクも成長できました。
聖愛高校、三沢高校、大館工業、二ツ井高校、京都共栄高校。
みんな、ありがとう〜!!!!!!!!!!
そして、次のビジョンに向かって、エンジョイ&チャレンジ!!
また今度、笑顔で会いましょう〜!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »