« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

部活動で悩んでいる子供たちのために

Photo


続きを読む "部活動で悩んでいる子供たちのために"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本気で楽しくやれば結果がついてくる! 〜新しいチームの在り方を考える〜

先日、京都福知山にある共栄学園高校の野球部に行ってきました。

聖愛高校の様々な取り組みを紹介したYouTubeがきっかけで、つながったご縁です。
強豪ひしめく京都で、管理でもなく放任でもない新しい指導方法を模索する
熱心な監督さんと部長先生、そして日々懸命に練習する選手たち。
彼らのために、何かできることはないか・・・。
たった数時間でしたが、私自身も全力を傾け、楽しく本気でお伝えしました。
コーチングセッションの翌日、さっそく、嬉しい報告をいただきました。
下記は、部長先生からのメールを転載します。
津村柾広様
こんばんは、メールで失礼します。
昨日は、短い時間ではありましたが、
本校野球部にたくさんのご指導いただきまして、ありがとうございました。
たくさんのことを学ばせて頂き、大変勉強になりました。
昨日、津村様に教えて頂いたことを、選手たちはさっそく実践してくれました。
嬉しい事に、試合中のムードは、今までの中で最高のものでした。
どんな状況でも「いいね。」
その雰囲気が相手チームにも伝わったのか、気づくと元気のなかった相手チームの選手たちも、
「いいね!」と声を出してくれました。
こんな試合、できるんや!とワクワクし、これから本当に楽しみです。
参考までに試合結果は、次の通りでした。
(対戦相手は、高田商業高校、大阪高校)
共 栄300000210=6
高 商010121010=6
大 阪000002000=2
共 栄00200010×=3
今まで出なかった好プレーやナイスヒットもたくさん飛びだし、
選手たちも私たちも充実感に満ち溢れた一日でした。
今日の結果に満足せず、
謙虚に積み重ねれば本当に奇跡が起きるんだなと思いました。
また近況を報告させて頂きたいと思います。
お気をつけて八戸にお帰りください。
また連絡させて頂きます。
Photo
以上、本当にステキなフィードバックをいただきましたね〜!
楽しく本気でやり続けたら、必ず結果はついてくる。
日本中にこんなステキなチームをどんどん増やしていきたい〜!!
子供たち、若者たちの笑顔のために。
そして、指導者のみなさんの情熱に報いるために。
私は日本中のチームを輝かせていきます!!
部活動コーチングのオファー、ワクワクしながら待ってます〜!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.11の意味ってなんだろう?

世界はすべてコントラストでできている。

そんな教えを聴いたことがある。
コントラスト。明と暗。光と影。
昼があるから夜がある。成功があるから失敗がある。
どちらか一方ではなく、それぞれが同時に存在している。
私たちは、闇ではなく光に包まれて生きていきたい。
そう願っているのに、闇は常に存在している。
悲しみ、別れ、苦痛、挫折、憤り・・・
そんな辛い体験はできればしたくないのに、
なぜ、私たちは、そんな状況に追い込まれるのか。
2011年3月11日、私たちはこれ以上ない逆境に立たされた。
あれから4年経った今でも、私の脳裏からあの記憶が消えることはない。
逃げ場のない恐怖、癒されることがない悲嘆。
命は一瞬にして消え失せる。無常感。
昔、神様に毒づいた男がいた。
「神様、あんたは万能なんだろう?なんでもできるんだろ?」
「それじゃ、なぜ、オレたちに、こんな酷い仕打ちをするんだ?」
「なぜ、苦痛や悲嘆や死の恐怖を与えたんだ?」
「なぜ、争いや妬みや怒りを創ったんだ?」
その男に神はこう答えたと言う。
「確かに私は万能だ。不可能などない」
「なぜ、キミたちに、苦痛や悲嘆や恐怖や争いや妬みや怒りを与えたのか」
「それは、キミたちに、喜びや祝福や協調や慈愛や許すことを教えたかったから」
「キミたちに、生きることの楽しさや命の素晴らしさを知ってほしいからだ」
世界はコントラストでできている。
暗闇があるから光がある。
だとしたら、3.11にはどんな意味があったのだろう・・・
命を輝かすこと。私たち一人ひとりが光になること。
そしたら、きっと 、暗闇が少し明るくなる。
悲しみをほんの少しでも癒すことができる。
ボク自身の人生を変えてくれた3.11。
だから、今日も命を謳歌しよう。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »