« 2014年は「ビューンと風にのる1年」にしたい! | トップページ | 部活動には体罰も恫喝もいらない!でも熱血監督は必要なんだ!! 〜エンジョイ&チャレンジ 熱血監督プロジェクト始動〜 »

さよならシノワ

随分と久しぶりのブログになってしまいました〜

いろいろあった1月も、気がついたら下旬も下旬・・・
2014年の最初の一ヶ月、みなさんはどんなスタートになったでしょうか?
さて、始まりがあれば、終わりもあるものです。
私が大好きなチャイニーズレストラン「鳳凰シノワ」が閉店することになりました。
鳳凰シノワのオーナーと言えば、言わずと知れた私の盟友・三村和良さんです。
この鳳凰シノワも、みむちゃん&つむちゃんでプロデュースしたお店です。
中華料理の鉄人・箭内一三さんをグランドシェフに迎え、
意気揚々とオープンしたのが2010年5月でした。
思えば、オープン当初からアクシデント続きで、大チャンスな毎日でしたね。
オープン翌月には、グランドシェフの箭内さんが入院するというスタート。
全員一丸となって逆境を乗り越えたと思った矢先、東日本大震災がありました。
震災の時は、一人でも多くの人に食料を供給しようと、
あるだけの食材をフルに使って、お弁当を作ったりしました。
また、被災の激しかった宮古市や山田町や大槌町へ、
スタッフ全員で何度も何度も炊き出しに行きました。
そのときの様子は、NHKニュースに取り上げられるほど、話題になりました。
お店の運営は、逆風続きで、なかなか軌道に乗らなかったけれど、
とにかく、お客さんの「おいしかったよ〜」という笑顔が嬉しくて頑張りました。
2012年には、居酒屋甲子園の覆面調査で、なんと満点を取る偉業も達成!
ランチタイムは行列ができるほど、いつも満員盛況になっていました。
「八戸にこんな店があって良かった〜」って言われると、涙が出そうでした。
そんな素晴らしいお店、たくさんの人に喜んでもらったシノワが閉店するのです。
私たちは、この現実から何を学べばいいのでしょう?
これが商売の厳しさ・・・、そのとおりでしょう。
お店をオープンするのは簡単、しかし、継続するのは困難の極み。
ある商売の達人に言わせれば、「商いは芸術である」と。
確かに、商売はアートなのかもしれない。
だとしたら、私たちが成し遂げる仕事は、すべてアート作品かもしれない。
芸術に完成はない。つまり終わりがないんだ。
だから、みむちゃん、オレたちの作品づくりは、まだ終わっていないってことだよ。
私たちに悲壮感も敗北感もありません。
鳳凰シノワがなくなることは寂しいけれど、終わった訳じゃない。
このピンチをチャンスに変える!!そうだろ?みんな〜!!!
次の作品を楽しみにしてください〜!
近いうちに、必ず、あのみむちゃんの豪快な笑顔が帰ってくるぜ!!
そんな訳で、さよならシノワ!!みなさんの応援に感謝します!ありがとうございます!

|

« 2014年は「ビューンと風にのる1年」にしたい! | トップページ | 部活動には体罰も恫喝もいらない!でも熱血監督は必要なんだ!! 〜エンジョイ&チャレンジ 熱血監督プロジェクト始動〜 »

コメント

ありがとうございます。

本当に勉強になります。

さびしいです。。が、皆様の益々のご発展を応援させてください!!

投稿: ロケットげんた | 2014年1月31日 (金) 04時57分

そうだ、ピンチはチャンス!

みんなに拍手!!

頑張ろう~!!!

投稿: きむなお | 2014年1月31日 (金) 13時16分

美味しかったです。
本当に美味かったです。

色んなことがありました。色んなことを思いながら、色んな人と食べに来ました。
今日は、主人と息子たちの計4人で食べに行きました。あっというまに完食する私たち(笑)美味しい料理と、スタッフさんたちの接客の素晴らしさ。いつ来ても、心も胃も満たされて帰れるお店でした。

必ず、またお会いできる日を楽しみに待っています。
今は、とりあえず、
「ごちそうさん」

投稿: ぷー高木 | 2014年1月31日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128066/54798961

この記事へのトラックバック一覧です: さよならシノワ:

« 2014年は「ビューンと風にのる1年」にしたい! | トップページ | 部活動には体罰も恫喝もいらない!でも熱血監督は必要なんだ!! 〜エンジョイ&チャレンジ 熱血監督プロジェクト始動〜 »