« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2014年、あなたの夢を叶えよう!! 

気がついたら年末ですね〜

私の場合、毎年11月に行われる「青森ドリプラ」が終わると、
いよいよ今年も残りわずかだなぁ〜って実感します。
おかげさまで、「青森ドリプラ」は、感動のフィナーレを迎えました。
やっぱり、夢っていいですね〜!!
何がいいって、夢を語っている人の顔がキラキラ輝いているのがいいね!
あの表情を観ていると、こっちまでワクワクしてくる〜♫
私たちの日常は、次々とやるべきことが押し寄せてきて、
一つの問題が片付くと、また次ぎの問題が起こって、
決して、順風満帆じゃなくて、むしろ、不安や後悔のほうが多いけれど、
だからこそ、私たちには夢が必要なんだって思います。
Photo
幕末の頃、日本が外国から攻められて、激震の中にあったとき、
「日本の夜明けぜよ〜」って、夢を語り続けた坂本龍馬。
きっと、龍馬の顔は輝いていたんだろうな〜!
そして、その話に耳を傾ける若者たちは、どんなにワクワクしたんだろ〜
「龍馬さん、マジっすか?日本って、そんなふうになれるんスか?」
「なれるぜよ!そして、それをやるにはお前らの力が必要じゃ!!」
「やりますっ!!龍馬さん、オレにもやらしてください!!手伝わせてください!!」
そんなふうに、日本中に夢が広がっていったんだと思うんです。
変革を嫌う大人たちにとっては、荒唐無稽な話に聞こえたに違いありません。
「あの、坂本龍馬って男は、大ボラ吹きだ!!」ってね。
でも、龍馬の夢は現実になりました。
夢を描き、夢を語り、夢へ動いた、坂本龍馬が、
日本史上最大のピンチを最高のチャンスに変えたのです。
2014年、私はもう一度、「夢」という原点に戻ろうと思います。
夢は進化します。夢は生きている。
去年描いた夢は、今の私に小さすぎるかもしれない・・・。
大きな夢は大きなエネルギーを作るって言います。
まだやれるし、まだいけるし、まだまだ、こんなもんじゃない。
私もそうだし、あなたもそうです。NO LIMITS!限界なんてありません。
あなたの夢はなんですか?あなたの命をなんのために使いますか?
夢を描き、夢を語り、夢へ動く。一緒にチャレンジしませんか?
Photo_2
★2014年、夢を叶えたい!!そんなあなたのために企画をしました。
【12月限定】90分マンツーマンコーチング
あなたの夢を引き出し、実現までの道のりをみつけ、一歩踏み出す勇気がワクワク!
特別価格10,000円でやらせていただきますので、ぜひどうぞ!
https://www.facebook.com/events/224198134370829/
Photo_3
★親子で夢を描く「ドリームマップ1DAY講座」も開催します!
12月22日(日)13時〜17時 @はちえきキャンバスin八日町
私自身、ドリームマップを作って10ヶ月で、夢の半分が叶ってしまいました!
作ったその日からミラクルが始まる〜凄いツールです!!
ぜひ親子一緒に参加してみてね〜
参加費:10,000円 *高校生以下は無料(お子さんは何人連れて来てOKです)
https://www.facebook.com/events/184446478424184/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」  〜本当の正義ってなんだろう?〜

最近、目についた広告があります。

キャッチコピーは「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」
キャッチの下には、涙をこぼしている小鬼。
そして、その下に小さな文字でこう記されています。
「一方的な『めでたし、めでたし』を、生まないために。
広げよう、あなたが、見ている世界。」
この広告は、2013年度の新聞広告クリエイティブコンテストで
最優秀賞を受賞した作品です。
誰もが知っている昔話「桃太郎」。悪しき鬼どもを退治したヒーロー伝説。
しかし、鬼の側に視点を移すと、桃太郎は憎き宿敵になってしまう。
人間界の正義は、鬼の世界では不義。
私自身も、正義の押し売りは大嫌い。
「これが絶対正しい!」なんて言われると「ホント?」って言いたくなります。
Photo_2
さて、最近、こんなことがありました。
ある日、私のところに、まだ未成年の若者からメールが届きました。
「自分には夢がある。もし良かったら、自分の夢を聴いてほしい」という内容。
まだ若いのに、夢があるなんて、素敵だな〜、私はそう思って若者に会いました。
聴いてみると、本当に素晴らしい夢でした。ぜひ応援したいと思いました。
若者は、その後も、私のコーチングセミナーに参加するなど、
その積極的な態度と行動に感動すら覚えていました。
ところが、ある日、こんな話が耳に届きました。
その若者が、社会的ルールを破って、関係各所に迷惑をかけている・・・と。
まさか、そんなはずはない。私は耳を疑いました。
若者に直接、事の真偽を確かめてみると、やはり事実らしいことが分かりました。
しかも、若者にはルール違反をしている自覚すらありません。
若者は「理想を実現するためには、今は仕方がないことだ」と頑に言い張りました。
確かにルール違反とは言え、罪を問われるほどのことではないかもしれません。
法定速度を少しオーバーして運転したとか・・・、
未成年者が面白半分でタバコを吸ってしまったとか・・・、
その程度のことなのかもしれません。
若者と私の関係性が薄ければ、「気をつけるんだよ」とたしなめる程度の話。
しかし、私は、若者の夢を応援するコーチとして関わっていました。
未成年者のルール違反を容認することはできません。
社会ルールを無視した土壌には、美しい花は咲かないから。
私は、若者が行動を改めなければ、夢を応援することはできないと伝えました。
若者は、正しいことをしていると頑に信じていました。
私の正義と、若者の正義は対立し、互いに葛藤する時間が過ぎていきました。
もし、相手が成人している大人だったならば、そのままスルーしていたでしょう。
本人がコントロールできるなら、必要悪として認めていたかもしれません。
残念ながら、若者はまだ未成年で、自分が行っている問題行動に気がついていません。
結局、若者は、行為を改めることを約束してくれませんでした。
そして、私も決意しました。若者の夢の応援を中断しようと。
本音はめっちゃ応援したい!でも、社会的ルールを無視することはできない。
正義はどこにあるのでしょうか?何をしてあげたら良かったのでしょうか?
私ができることは、一つしかありません。
それは、自らが、本気の夢を持ち。本気で夢を語って、本気で行動すること。
その姿を見せ続けることしかありません。
いつか、若者が、また私の前に現れることを確信しています。
その日を信じて、私は生きていこうと思います。
若者の未来が、キラキラと輝きますように、心から祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年下の師匠・宮越大樹さんとの3日間

私には10歳以上も年下の師匠がいます。

その師匠は宮越大樹さん、私にコーチングを教えてくれた人です。
チームフローという東京赤坂の勝海舟屋敷跡地にあるコーチングスクール。
大樹さんは、そこで800人以上のコーチを育ててきました。
私も、そこの門下生の一人なんです。
さて、その師匠・宮越大樹さんが、私のホームタウン八戸に来ちゃったわけです。
ご自身がチャレンジしているコーチング全国巡業の一貫なのでしょうが、
わざわざ八戸を選んで来てくれたわけです。しかも3日間も居てくれるって!
めっちゃ嬉しい!一方で、しっかりお迎えできるか、ちょっとプレッシャー・・・。
そんな感じで初日を迎えました。
折しもこの日は、私が主催するコーチング勉強会の日。
これはチャンスなのか?ピンチなのか?
師匠の前で、コーチングセミナーをやるってのは、かなりのチャレンジですよね。
Photo
冷や汗をたっぷりかきながら、なんとか2時間やりきったときは、ホッとしました・・・。
充実感より安堵感。師匠に恥じをかかせないぐらいはできたかな?
ちょうど良く、高校生アスリート二名が監督さんと一緒に参加してくれたので
場の雰囲気も良く、熱く楽しくやれたのかもしれません。三人にありがとうです。
Photo_2
勉強会のあとは、日本酒でおつかれちゃん!
地元の仲間も合流して、美味しい地酒をグビグビいっちゃいました。
二日目は、大樹さんのミニセミナーを開催!
地元の仲間とやっている異業種勉強会(飲み会)「笑売繁盛会議」の
スペシャルゲストとして、90分のセミナーと大飲み会にも参加していただきました。
その前に、青森を満喫してもらうために、観光ドライブ。
掟破りの「てんこ盛りマグロ丼」と、混浴1000人風呂で有名な酸ヶ湯温泉へ。
車中では、チームフローがコーチングスクールを始めた経緯や
今後のビジョンをたっぷり聴かせてもらえたのも、嬉しかったなぁ〜
Photo_3
肝心のセミナーも大盛況で、参加者みなさん、めっちゃ喜んでくれました。
お座敷でやったので、まるで幕末の寺子屋のようでした。
参加者の中には、あきらめかけていたことに、再びチャレンジしようと
立ち上がった人もいます。全員が大きな勇気をもらった90分でした。
その後の、大飲み会も楽しかったです!!
港町八戸の本領を発揮する魚介料理ととっておきの地酒に酔いましたね〜
Photo_4
私の一番の誇りは地元の仲間たちです。
その大好きな仲間たちが、尊敬する師匠と笑顔で交流する様子を見ていると
心の底から幸せな気持ちになりました〜。
こうやって、また新しい繋がりや絆が生まれるんだなぁ〜って。
みんな、自分の思いや、葛藤や、夢を、大樹さんに語れて良かったね!
その一言、一言を、一点の曇りもなく、心から耳を傾ける大樹さんの姿も凄い。
スキルを超えた、本物の凄味。まさにコーチ魂を感じました。
ちなみに、この夜も、日本酒をたっぷりと飲み倒しました。
Photo_5
最終日は、ランチ会を開催しました。
お昼しか時間が取れない人のために企画したのですが、かなり盛り上がりました。
おいしいごはんをいただきながら、ゆるゆると歓談をしていたところ、
それぞれのリアルな問題を開示するようになっちゃって・・・。
さながら、コーチングLIVEのような雰囲気で、次々と解決する大樹さん。
全員が号泣するランチなんて、なかなか体験できるもんじゃありません。
素直に自己開示できた仲間の純粋さも素晴らしかった。
そして、ここでも、ずぅ〜と勇気を送り続ける大樹さんの姿に感動!!
やっぱり、うちの師匠は凄ぇ〜や!!!
一期一会なんだって言ってました。この出会いに全力を尽くすんだって。
頭で考えていたって、こうはならないはずです。
良く「コーチング筋」を鍛えるんだって教えてくれたけれど、
本当にそうなんだって!頭で理解するレベルじゃまだまだなんだね。
コーチングをカラダ中に染み渡らせるためには反復トレーニングしかない。
だから、コーチングを学ぶのは筋トレと一緒なんです。
毎日使うこと、鍛えること、コーチングをカラダの一部にすること。
それが、師匠・宮越大樹さんとの3日間で学んだことです。
そして、まだまだ成長できる自分を発見できて良かった〜!
大樹さん、また、八戸来てね〜!マグロ丼はミニにするから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »