« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

速報!8.29笑売繁盛会議 ~自分の仕事の本質とは・・・を語り合った夜~

昨夜の笑売繁盛会議は、居酒屋甲子園理事の坂口一二三さんと

ルーキー4人(うち2人は20代女性)が参加するというフレッシュな会議になりました。

いつもより、ちょっと真剣に語りあい、いつもより、かなり楽しい夜でした。

みなさんのスピーチを聴いていると、一人一人の成長を実感します。

笑売繁盛会議のメンバーは本当に素晴らしいです!!

「青森から日本を元気にする」というミッションは一歩一歩進んでいますね。

そんな熱くて楽しい昨夜の様子を写真で振り返ってみましょう!!

Blg_829_031

スピーチ中は、みんな真剣に傾聴しています

今月のテーマは「あなたの仕事の本質は何?」(できるだけ短く)

Blg_829_001

ツッキーの仕事の本質は「ニコニコ笑顔を伝えること」

Blg_829_003

ヒールのゆかりちゃんは、「お客様に信頼され、先生に信頼されること」

Blg_829_002_5

がんこの日向くんは、「家族と一緒に地元に愛される店をつくること」

Blg_829_004_3

ゲンタくんは、「ダメなやつなんていない!を証明すること」

Blg_829_006_2

大津さんは、「地域の健康に貢献すること」

Blg_829_011

柿崎くんは、「会社を日本一にすること」

Blg_829_014

恵ちゃんは、「主婦に癒しの時間を提供すること」

Blg_829_018

つよしくんは、「キレイで前向きな人をつくること」

Blg_829_019

良子ちゃんは、「地域のみなさんに、生きがいを与えること」

Blg_829_024

ヒデ工藤は、「シェアハウスで夢をみつけてもらうこと」

Blg_829_029_2


長根くんは、「技術を磨いて、人を美しくすること」

Blg_829_032

下芋坪さんは、「三陸の海の幸の素晴らしさを世界へ伝えること」

Blg_829_037

がんこ岡沼くんは、「元気になれる店日本一になること」

Blg_829_040

箭内シェフは、「美味しい料理で笑顔と口福をつくること」

Blg_829_053


タケちゃんは、「ラーメン一杯で、ささやかな幸せを提供すること」

Blg_829_054

大三村くんは、「生誕の地おいらせ町を活性化して、地域に喜んでもらうこと」

Blg_829_058

一二三さんは、「もちろん、居酒屋から日本を元気にすること」

Blg_829_060

つむちゃんは、「非エリートの雑草軍団をめっちゃ輝かせること」

Blg_829_064

そんなこんなで、1、2、3、ダァ~!!!

Blg_829_048

来月もよろしく!!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

8.29 笑売繁盛会議 概要

めっきり涼しくなったと思ったら、今日は真夏を思わせる天気でしたね~

まだまだ熱いこの季節、明日の笑売繁盛会議も熱く盛り上がりましょうね!!

さて、明日の会議概要です。会議テーマは「あなたの仕事の本質は何?」

例えば、私の仕事の本質は・・・、

デザイン→「クライアントの想像を超えるアイデアを出すこと」

コーチング→「クライアントに勇気を与え、行動するモチベーションをつくること」

などなど、自分の仕事の本質をできるだけ短い言葉で語ってみましょう。

それぞれの仕事を見つめ直す良い機会になると思います。

明日の会議が楽しみですね~!!

Photo

●笑売繁盛会議 概要

日時:8月29日(月)19時~

会場:鳳凰シノワ  会費:3,500円

テーマ「あなたの仕事の本質は何?」(できるだけ短く言ってみよう)

★参加者

竹中裕彰 ごっつりラーメン

三村和良 鳳凰シノワ

箭内一三 鳳凰シノワ

津村柾広 サードプロデュース

岡沼宏和 がんこおやじ

日向晃太郎 がんこおやじ

工藤秀之

林源太 くいもの屋わん

長根達 ヒール

河門前強 ヒール

木下ゆかり ヒール *ルーキー

月舘宣文 ツッキーフードサービス

大津正寿 青森ヤクルト

早川恵 大地の恵み

一二三  居酒屋甲子園理事

下芋坪之典 ひろの屋 *ルーキー

石橋良子 はちえきキャンバス *ルーキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あえて、光星学院の飲酒問題について考えてみよう

夏の甲子園、光星学院の戦いぶりは立派だった。

全国の高校球児の憧れの地で、最後の2校まで残ったのだから。

彼らが成し遂げたことは素晴らしい。まずはそのことを認めよう。

甲子園から八戸へ凱旋した最高の晴れ舞台。

まさに青天のへきれきだったろう。凱旋2時間後に事件は露見した。

甲子園大会のベンチ入りした選手3名の飲酒問題・・・。

12月、それぞれの故郷に帰省した際、つい羽目を外したのだろう。

彼らの気持ちは良く分かる。毎日毎日続く厳しい練習。

見知らぬ地での寮生活。ストレスがたまらない人はいないだろう。

年に一度の帰省、旧友たちと、思いっきり遊びたくなるだろう。

高校生の飲酒は法律で禁じられている。ましてや甲子園を目指す高校球児。

過去に何度も、全国の強豪校が、不祥事で大会参加を辞退してきた。

光星の選手だって、そんなことは百も承知だったはずだ。

Photo


飲酒よりも、ブログで公開したことを問題視するむきもある。

「高校生になりゃ、酒ぐらい飲む。問題はブログに書いたというガードの甘さ・・・」

一見、現実的な見解のように感じられる。

言語道断である。やはり、問題は違法行為をしたことにあるのだ。

そして、その根本にあるのは、過度のストレスかもしれない。

自制心を失うほど、羽目を外したくなる心の状態にこそ問題がある。

アチーブメントの青木仁志先生は、人間には5つの欲求があると言っている。

①生存の欲求:健康や身の安全に関する願望

②愛と所属の欲求:家族や友人などから、愛し愛されたいという願望

③力の欲求:何かを成し遂げ、社会に認められたいという願望

④自由の欲求:束縛から離れ自立したいという願望

⑤楽しみの欲求:主体的に何かを行いたいという願望

この5つの欲求がバランスよく満たされている状態が幸福なのだ。

察するに、光星の選手たちは、5つのバランスが崩れていたのかもしれない。

彼らは、甲子園のために何かを犠牲にする。

事を成し遂げるためには、何かを犠牲にしなければならない。

人生の3年間、がむしゃらに野球をすることで、なにかをつかむ。

それは正しいことなのだろう・・・。ホントに?

3年間、野球に打ち込んだ卒業後、「もう野球はやりたくない」という若者がいる。

野球は素晴らしいスポーツだ。なのに、もうやりたくない。

何かがおかしい。どこかに無理がある。いびつに曲がっているのだ。

極端に過ぎると、原理原則から外れる。

原理原則から外れたものは、いずれ破たんするものだ。

野球の技術を向上させる練習は、もちろん重要だろう。

しかし、それと同様に、健全な心の状態を保つメンタルヘルスも大切なことだ。

多感な高校生だからこそ、心の状態への配慮が必要なのだ。

3人の選手たちには延長戦が残されている。

延長戦から、多くのことを学んでほしい。そして立派な社会人になってほしい。

5つのバランスがとれた、幸福な人生をおくってほしい。

過去はもう完了した。これからの自分が未来をつくっていくのだ。

もう自分を責めるのはやめて、これから何ができるのかを考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非エリートの逆襲!! ~成果報酬型コーチングの可能性~

前回のブログで、カネなし、コネなし、学歴なし、だけど夢がある人の

コーチングしたい!と呼びかけたところ、さっそくリアクションがありました。

自分がやりたい事のエッジを研いで、ターゲットを絞り込むことで

コーチとしてのビジョンがハッキリした結果なのでしょう。

まさしく、マーケティングとは絞り込むこと。先人の教えは伊達じゃないですね~

Photo


さて、具体的にどんなコーチングをするのか?

疑問に思う人も多いでしょうから、要点をまとめてみます。

●コーチング対象者

カネなし、コネなし、学歴なし、だけど、でっかい夢がある人

劣等生、元悪ガキ、元ヤン大歓迎!だけど、真剣に生きてる人

非エリートで雑草軍団、だけど、いつかは人生に花を咲かせたい人

●コーチングのテーマ

起業したい、お店を持ちたい、仕事で成功したい、日本一になりたい、

優勝したい、スポーツで結果を出したい、などの具体的な夢がある人

●コーチングができること

①あなたの「絶対ブレない自分軸」を見つけられる

②自分らしい「挫折しないやり方」を引き出せる

③一歩踏み出す勇気と「心のブレーキ」を外せる

●コーチング・プラン

①初回セッション無料(60分 対面またはskype、電話)

↓(双方の合意に基づき)

②継続コーチング (月2~3回 対面またはskype、電話)

●コーチング料金

成果報酬型プラン(目標と期間を設定し、達成した時点で成果報酬)

*例えば、6カ月で目標達成した場合

月額:10,000円(通常の半額以下の料金) プラス 成果報酬:100,000円 

*月額料金、成果報酬は、案件によって適正な金額を双方で設定します。

★雑草軍団のしぶとさ、元悪ガキのガッツ、劣等生の大逆転、

非エリートだから出来る逆襲のドラマ。

今は輝いていないかもしれない、でも、絶対、あなたは輝ける!

私はそう信じてコーチングをします。

今こそ、自分の未来へ投資するときです。

一緒に夢のサクセスストーリーをつくりましょう!!

*まずは無料お試しコーチング!

連絡先 tsumura.masahiro@cream.plala.or.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カネなし!コネなし!学歴なし!だけど夢はある!! 私はそんなあなたのコーチングがしたい!!

ついに、日本一のプロコーチ平本あきおさんにコーチングしてもらいました。

お題は、「私の夢は、『1000人の夢を叶える』ことだけど、

ちょっと壮大すぎて具体性にかけるような気がする・・・どうしたらいいでしょうか?」

平本さんは、「じゃあ、ちょっとセッションしてみましょう」とニッコリ笑顔。

最初の質問は「なぜ、『1000人の夢を叶える』って思いついたのでしょう?

そのきっかけは何だったのでしょうか?」

私の答えは「う~ん、きっかけは昨年のドリプラ2010だと思います・・・」

「ドリプラのプレゼンターで、印象に残った人はいますか?3人か5人・・・」

「3人います。職人大学、おやじ塾、アイパッチ・・・ですね」

「それぞれの良かった点は?プレゼンのどこに感動したのでしょうか?」

「職人大学のプレゼンターは、自分に似ていました。悪ガキな感じとか、

商売で失敗したところとか、存在そのものに親近感を持ちました」

「おやじ塾のプレゼンでは、子供目線からおやじを尊敬するシーンが良かった。

おやじの最高のご褒美は、子供に褒められることかもしれない・・・」

「アイパッチは、最後に読んだ母親宛ての手紙が良かった。

目の障害を母親の責任にしてきた自分を戒め、最後には親への感謝に変わった。

『お母さん、ありがとう』という言葉に、号泣してしまった。

自分も、亡くなった母に『ありがとう』と言いたいのかもしれない。

そして、自分の夢を成し遂げたら、得意げに報告したいのかもしれない・・・」

Photo


「ところで、つむちゃんが、一番応援したと思ったプレゼンターは?」

「え~と~・・・、一番応援したいと思ったのは職人大学かもしれません・・・」

「どうして、そう思ったのでしょう?」

「自分と似てるからです。悪ガキの劣等生、学歴のない非エリートが

一生懸命、夢に挑戦している姿に共感できるんです」

「あなたは、そんな人を応援したいんですね?そんな人が好きなんですね?」

「実際、100人コーチングの中で、そういう人に会うことがあります。

そんなとき、心から思うんです。こいつを絶対に成功させたいって!」

「頼まれなくても、勝手にやりたくなるでしょう?

コーチングしたくて、応援したくて、たまらなくなるでしょう?」

「はい、めっちゃなります!こいつらを応援するために生まれてきたと思います」

「『1000人の夢』のスタートが見えましたね」

「そうか!悪ガキの劣等生、カネなし、コネなし、学歴なし。

だけど、夢はある!そんな人たちの夢を叶えることなんですね!!」

「みなさん、拍手しましょう!!」

Photo_2


そんな訳で、私のプロコーチとしてのビジョンがはっきりしました。

私は、「カネなし、コネなし、学歴なし、だけど夢がある人。

非エリートの雑草軍団、悪ガキ、元ヤン大歓迎!

だけど、でっかい夢がある!そんなあなたを応援するコーチ」なのです。

もし、あなたが、カネなし、コネなし、学歴なし、元悪ガキ、元ヤン、

非エリートの雑草軍団・・・だけど、でっかい夢がある!!

そんなあなたなら、私と一緒に夢を成し遂げましょう!

つむちゃんコーチが、全総力をあげて応援します。

今すぐ、メールをください!→ tsumura.masahiro@cream.plala.or.jp

もし、あなたの身の回りに、そんな彼や彼女がいたら

今すぐ、メールするように言ってください! → tsumura.masahiro@cream.plala.or.jp

★私は「雑草から花を咲かせるプロコーチ」

小さな花でかまわない、名もなき花でもかまわない、

あなたの夢を咲かせましょう!!私が本気で応援します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝海舟の屋敷跡

勝海舟の屋敷跡
チームフローの新事務所、赤坂の勝海舟屋敷跡です!!竜馬が来たゼヨ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠とツーショット

師匠とツーショット
今日は念願だった師匠の平本さんにコーチングしてもらいました♪めっちゃすごい自分を引き出されました!!誰のためにどんなコーチングをしたいのか?本当に求めていることを気づかされてすっきりしました!!最高ですわー!!ありがとうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北の悲願へあと1勝! 青森代表の光星学院が決勝進出!!

光星学院がやってくれました!

なんと、1969年の三沢高校以来の、夏の甲子園決勝進出です!

準決勝は、栃木代表の作新学院を相手に完璧な勝利。

光星学院の実力は本物です。マジで優勝を狙えます。

優勝すれば、東北の悲願達成です。

あのダルビッシュや菊池遊星くんでさえ成し遂げられなかった偉業です。

Photo


1969年、私は4歳でした。野球はやきゅうで、なんのことか解りませんでした。

でも、うっすらと覚えてるんです。セピア色のブラウン管の中のこと。

その日、父ちゃんは家にいました。母ちゃんも兄ちゃんもいました。

っていうか、青森県民全員が家で野球を観ていたんです。

甲子園球場は夕焼けで真っ赤に染まっていました。

選手たちのユニフォームは泥と汗で真っ黒になっていました。

父ちゃんは興奮していました。母ちゃんは時々泣いていました。

私は、何のことか解らないながらも、一緒に応援していたと思います。

Photo_2

三沢高校は延長18回引き分け再試合の末、翌日敗れました。

でも、高度経済成長の勃興期、まだまだ貧しかった青森県を元気にしました。

東北の端っこからでも、全国相手に堂々と闘えるんだって、

青森の父ちゃんや母ちゃんたちは、大きな勇気をもらったはずです。

東日本大震災から5か月。被災地八戸から、東北を元気にするために。

明日の決勝戦は、青森の総力をあげて応援しましょう!

優勝旗は東北の夢。選手たちのプレーは東北の希望。

今こそ、東北の底力を見せようじゃありませんか!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きは成功の大原則 ~アチーブメントセミナーで学んだこと2~

あなたは何時に起きていますか?6時?7時?

アチーブメントの青木仁志さんは、再三再四早起きを奨励していました。

お奨めの起床時間は5時55分です。GO!GO!GO!ですね~

成功者の絶対条件の中で、一番大切なのは「早起き」なのだそうです。

では、なぜ、早起きが大切なのでしょうか?

それは、早朝の静かな時間は、自分の内面と対峙するうってつけの時間だからです。

青木先生は、この時間を「孤高の時間」と呼んでいました。

Photo


早朝の孤高の時間を使って、いくつかの問いかけをしてみます。

1.私は何を求めているのか?

  私にとって一番大切なものは何か?

  私が本当に求めているのものは?

2.そのために「今」何をしているのか?

3.その行動は私の求めているものを手に入れるのに効果的か?

4.もっと良い方法を考え出し、実行してみよう

この4つの問いかけを、誰にも邪魔されない朝、繰り返し唱えます。

繰り返し繰り返し自問自答すると、行動に変化が現れるでしょう。

昨日とは違う新しい自分に出会えるはずです。

私は毎朝6時前に起きて、ジョギングします。

朝の新鮮な空気を味わいながら、自然のうつろいを眺め

好きな曲を聴きながら、ゆっくりゆっくり走ります。

そして、青木先生から教わった問いかけを自らに投げかけます。

自分が本当に求めているものは何か?

そのために、どんな行動をしているのか?

もっと効果的な方法はないのか?

その中で、今日から実践できるものは何か?

良い問いかけには、良い答えが出るものです。

今日一日、何のために、誰のために、何をするのか?

自分の求めていること以外の、無駄な行動は一切省かれていきます。

スッキリします。今日の優先行動に集中できます。

とてもシンプルでパワフルな一日が始まります。

目の前の事象に一喜一憂することがなくなります。

さて、みなさん、早起きに挑戦してみませんか?

夜型の仕事をしている人もいるでしょう。

その人は、いつもより1時間早く起きて、孤高の時間を作ってみましょう。

行動が習慣をつくり、良い習慣が良い未来をつくります。

まずは、早起きから。人生を変える扉は朝開きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロからイチを生み出せ! ~9.3 植松努講演会in八戸~

私が今チャレンジしていること、それはゼロからイチを生み出すことです。

これまでは、誰かが開拓した市場のおこぼれを頂戴していたようなもの。

いわゆる、二番煎じの生き方をしてきました。

ゼロからイチを生み出すには、フロンティア精神が必要です。

「どうせムリだろ・・・」という、巷の声と真っ向から闘う姿勢が求められます。

ゼロからイチには、前例がありませんから、パクりようがありません。

すべては自らの信念を頼りに、手探りで這うように進むしかないのです。

コーチングからライフデザインへ。そして、パーソナルプロデュース。

私は、広告屋とか企画屋と呼ばれた業種から脱却し、新しい領域に挑戦します。

これから、「夢1000人プロジェクト」に本気で取り組みます!!

Photo

さて、そんな私に、最大級の勇気を与えてくれる人がいます。

北海道の町工場から、宇宙ロケットを飛ばした人。植松努さんです。

植松努さんは、1966年の北海道生まれ。

子供の頃から宇宙に憧れ、航空機設計を手掛ける会社に入社。

その後、実家の植松電機にもどり、家業に専念しますが、

宇宙への夢をあきらめられず、北大の永田教授と共に

カムイ式ロケット開発に着手し、打ち上げ実験で高度3500mを達成しました。

すべて自腹で、ロケット開発を成し遂げ、人工衛星の打ち上げにも成功!

植松努さんのミッションは、「どうせ無理・・・廃絶宣言」です。

いいですね~!この日本から「どうせ無理」がなくなったら最高ですよね!

●その、植松努さんが八戸にやってきます!!

植松努講演会 「夢は僕らのロケットエンジン」

9月3日(土)15時~17時30分。ユートリー1階大ホール

前売り券 大人:1,500円(当日券2,000円) 学生:500円

イベントプロデューサーは会議メンバーの平野直樹くんです。

「植松努さんの講演会を聞くと、勇気が出ます。元気が出ます。

感動で心が熱くなります。明日への希望が湧きます。

ぜひ、大切な人とご一緒に、植松努さんの熱い思いに出会ってください」

青森県から「どうせ無理」がなくなったら、どんなに素晴らしい未来が来るでしょう。

今、日本で一番人を元気にすると言われてる男。

植松努講演会、みなさん、ぜひ、9月3日は行きましょうね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アチーブメントの三日間セミナーで確信を得たこと

アチーブメントの三日間セミナー「頂点への道」を受講しました。

青木仁志さんのアチーブメントが主張するのは「選択理論」です。

まず、理論の土台には「人生理念」があります。

人生理念とは、その人の価値観、一番大切にしている信条です。

その理念の土台の上に「ビジョン」があります。

どうなりたいのか?どんな人生をおくりたいのか?何を成し遂げたいのか?

そして、ビジョンの次に「目標」があります。

起業、出店、業績、年収など、具体的な数値目標が設定されます。

間違っていけないのは、この目標が最初ではないということです。

「人生理念」→「ビジョン」→「目標」の順番で行います。

目標が定まったら、「計画」。そして「日々の実践」に落しこみます。

Photo


セミナーの中で、私の考え方を大きく変える問いかけがありました。

「あなたが成功したとき、心から喜んでくれるのは誰ですか?」

「あなたのことを一番応援してくれているのは誰ですか?」

私は目をつぶって、自問自答を繰り返してみました。

私を心から応援しているのは誰か・・・?答えが見つかりました。

それは、家族と両親でした。

仲間たちのために、青森のために、東北のために・・・。

私の大志を支えてくれるのは、家族と両親だったのです。

中村文昭さんは、ベクトルを他人へ向けろ、と教えてくれました。

他人を喜ばすこと。他人に尽くすこと。他人に貢献すること。

ベクトルの矢印の先は、他者へ、社会へ、と向かっています。

ここまでは理解していたつもりでした。

しかし、私はこのベクトルの中心部分を見落としていたのです。

他者へ向かう矢印の中心には、自分がいます。

そして、自分のすぐ傍らに、家族と両親がいます。

自分から放たれた矢は、家族と両親の力を借りて他者へ向かうのです。

もし、この矢が、自己中心的なものなら、社会から支持されない。

いかに大志を掲げようとも、家族・両親を幸せにしないものは成就しないのです。

矢を放つ土台になるのが、「人生理念」。

そして、その矢は、自分の「ビジョン」に向かって放たれます。

矢が外的障害で軌道がそれないようにするために

短期、中期、長期の目標があり、日々の実践がある訳です。

その矢にパワーを与えるのが、家族と両親の応援です。

成功を心から願う、肉親の愛情が矢に力を与えます。

★ビジョンを成し遂げたいなら、身近な人から幸せにしましょう。

家族、両親、仲間、支援者、顧客、業者・・・・。

そして、その愛のパワーに応援してもらって、矢を放つのです。

大志に向けて、ビジョンに向けて、夢に向けて、矢を放つのです。

まず、あなたの大切な人から、初めてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省ラッシュ

帰省ラッシュ
アチーブメントのセミナーがすべて終了しました!!学びが多い素晴らしいセミナーでした。自分が本当に求めているのは何だろう?という問いかけは、これまでの概念を壊すものになりました。詳しくは次回の笑売繁盛会議でお話ししましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いぜ五反田!!

暑いぜ五反田!!
セミナー2日目もいよいよ佳境です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京蝉時雨

東京蝉時雨
おはようございます♪東京は猛暑!!すごい蝉時雨です!!アチーブメントのセミナー2日目頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この夏、被災地の子供たちが甲子園で輝く!

今年の夏の甲子園、東北の被災地の子供たちが輝いています。

一昨日の花巻東の絶対あきらめないプレーに大感動!

そして、昨日の古川工の一生懸命な全力疾走に涙が出ちゃいました。

岩手県代表の花巻東には、大槌町出身の選手が二人いました。

二人の祖父母は津波で流されて、いまだ行方不明なのだそうです。

彼らの帽子のつばには、それぞれこう書かれています。

「大槌魂」と「おじいちゃんの分まで日本一になる」。

対戦相手は全国制覇を狙う、東京代表の帝京高校。

何度も引き離されながら、食らいつく東北人の粘り腰は最高でした。

Photo

宮城県の古川工は、全力疾走とヘッドスライディングが素晴らしかった~

地元出身の子供たちだけのチームらしく、応援団の熱気も凄かった。

「4点取れたのは声援のおかげ、なんとか勝ちをプレゼントしたかった・・・」

「一生懸命やって、勇気を与えるプレーができたと思う」

選手たちのコメントには、地元への想いが込められていました。

Photo_2


両校とも初戦で敗れはしたけれど、

彼らのプレーは、被災地の希望の光になったはずです。

夢に向かっている一生懸命な姿って、人を勇気づけるんですね~

これこそが、本来の震災復興かもしれません。

私たちも夢に挑戦して、東北に元気と勇気を与えましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り50試合で74本。イチローはフロー状態に入れるか?

イチローが苦戦しています。

10年連続200本安打を記録した天才に黄色信号がともっています。

不調は5月から始まっていました。

外から見ている限りでは不調の原因は解りません。

いつものイチローとしか、言いようがないのです。

肉体的な故障があるのでしょうか?

マスコミ報道で、そのような記事が出たことはありません。

ではなぜ、イチローの打率は.270前後をうろうろしているのでしょう。

メジャーリーグ通のうちの息子は、こう分析しています。

今年のイチローはツキがない。

バットの芯でとらえた打球が野手の正面をつく・・・。

抜けたと思った打球が、ファインプレーでアウトになる・・・。

とにかく、アンラッキーな結果が、今年のイチローには多いのです。

Photo

さて、8月になり、メジャーリーグも後半に差しかかりました。

残り試合数は50。イチローの安打数は今日現在126本。

イチローは残り50試合で、74本のヒットを打たなければなりません。

毎試合1.5本のヒットが必要です。普通のバッターなら不可能でしょう。

でも、彼はイチローです。不可能を可能にしてきた天才バッターです。

私は、出来る!と思っています。イチローなら出来ます。

イチローなら、残り50試合で74本のヒットを打てます。

そのため、絶対条件となるのが、「フロー状態」に入ることです。

フローとは別名ZONEと言われ、完全に集中し、のめり込んだ状態を言います。

いわゆる絶好調の状態で、神がかり的なパフォーマンスを発揮できます。

コーチングでは、このフロー状態を意図的に引き出すスキルがあります。

イチローにメンタルコーチがいたなら、

おそらく、このフローを引き出すセッションを繰り返しているに違いありません。

「最高の状態ってどんなとき?」

「そのときは、どんな動きをしている?」

「残り50試合で、どんなプレーを見せる?」

「シーズンが終わった時、誰に何と言ってもらいたい?」

そして、極め付きの問いかけです。

「残り50試合で74本。この問題のいい点は何だろう?」

この逆境はピンチではなくチャンス!

この難問のいいところはなんでしょうか?

イチローなら、その答えがあるはずです。

だから、絶対、イチローはやる!私はそう信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思考は現実化する。いやそれよりも、行動が現実化するのだ。

「思考は現実化する」はナポレオン・ヒルの金言として有名です。

要するに、「夢を願えば叶う」ってことですよね。

ところが、近頃の私は、「思考するだけじゃ現実化しない」と思っています。

夢は願うだけじゃ叶わない・・・そう思っているのです。

「ホントはこうなりたいなぁ・・・」「出来れば、こうなれればいいなぁ・・・」

そんな風に思っているだけでは、現実は何も変わりません。

現実を変えるのは、行動することです。

「動けば変わる!」。運命を変えるのは行動だけです。

コーチングでは、夢や目標やビジョンを見つけて、

小さな一歩を踏み出すことから始めます。

最初の一歩は、ちょっと大変だけれど、二歩目、三歩目は加速します。

夢やビジョンが明確であればあるほど、その磁力が強くなります。

一歩近づくたびに、その強い磁力に引き寄せられます。

つまり、踏み出さなければ何も起こらないのです。

思っているだけじゃダメ。願っているだけじゃ夢は叶わないんです。

Photo


和田秀樹さんの「動こう!動けば必ず結果が出る」では、

「こころを変えるより、行動を変える方が簡単だ」と言っています。

つまり、楽しいから笑うんじゃなくて、笑っているうちに楽しくなっちゃう。

コーチングの師匠の平本さんは、うつの人を一瞬で元気にします。

あれこれアドバイスするよりも、姿勢を変えることで脳が変わる・・・。

胸を張って、上を向いて歩くだけで、晴れやかな気分になる。

思考ではなく、行動のほうに、脳は影響を受けやすいのですね。

和田先生は、行動出来ない人の特徴を3つあげています。

①自分は脇役でいいと考えている

②目立たないから評価されない

③八方美人的な振る舞いをする

行動的な人は、自分が動いたことの中に「プラスの要素」を見つける人です。

行動の結果に失敗はありません。あるのは学びだけです。

そして、すべての人に理解してもらう必要はありません。

必ず、あなたのことを解ってくれる人がいます。

あなたの人生の主役はあなた自身です。

さぁ、今日からできることは何ですか?

小さな一歩を踏み出しましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチは東京ラーメンストリート♪

ランチは東京ラーメンストリート♪
猛暑の中、東京駅地下のラーメンストリートで熱々のラーメンを喰らう!!蟹だしのけいすけ。さすがの味わい。汗だくの私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿駅ベルグ

新宿駅ベルグ
朝から汗だく!!だからベルグで朝生♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜馬の朝

竜馬の朝
おはようございます♪東京は雨上がりの青空です!!昨夜の平成の竜馬になりたい人へ。最高に楽しく出来ました!!スピーチも上出来でした。普段、笑売繁盛会議で鍛えた成果がでましたね!!みんなにありがとうです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうか、オレは龍馬になりたかったんだ・・・

明日、プロコーチスクールが主催するイベント

「平成の龍馬になりたい人へ」に参加します。

「龍馬・・・」と言われて、黙っているわけにはいかない。

そんな男気がムクムクと立ちあがってしまったのです。

しかも、当日のオープンニングでスピーチを仰せつかってしまいました。

行くだけでも大変なのに、スピーチってか?

でもね、逆に言うと、どうせ大枚をはたいて行くなら、

スピーチぐらいさせろって、そんな考え方もありな訳です。

コーチングスクールのブログに書いてあったフレーズ

「龍馬は最高のコーチだった・・・」に、私はとても共感しました。

薩摩長州の新勢力と江戸幕府の旧勢力の共有ゾーンを見つけ出し

win-win の関係を作ろうとした龍馬は、やっぱり最高のコーチなのです。

やっぱり、龍馬さんは素晴らしい!ホントに凄い男です。

Photo

さて、そんなこんなでスピーチ原稿を作ってみました。

笑売繁盛会議の読者のみなさんには、いち早くシェアしたいと思います。

以下スピーチ原稿の抜粋です。

「私は坂本龍馬が大好きです。十数年前に「竜馬が行く!」を読んでいらい

ずっと、龍馬さんみたいになりたいと思って生きてきました。

今年の2月、土佐の桂浜の龍馬像に会いにいきました。

朝6時に起きて、はりまや橋のホテルから走って行きました。

朝の桂浜は静かで、太平洋から登る朝陽がとてもキレイでした。

龍馬像は朝陽を燦々と浴びて海を見つめていました。

私は誓いました。「竜馬さん、私もあなたのように、命の炎を燃やして生きたい。

志を立て、世のため、人のために生きたい・・・」

1ヵ月後、3月11日、東日本大震災が起こりました。

私の故郷・八戸市も大きな被害を受けました。

家や会社を流された仲間たちもたくさんいます。

ある日、テレビのニュースで、おばぁさんが「助けてください!」と泣いていました。

おばぁさんが使う言葉は、私と同じ方言でした。

おばぁさんと亡くなった母親が重なりました。

私にスイッチが入りました。

東北の人たちを救いたい!心からそう思いました。

でも、何から始めていいのか・・方法が見つかりませんでした。

数日間、悶々として過ごしました。

ある日、雷のようなヒラメキが訪れました。

そうだ!コーチングだ!コーチングなら、青森や東北の人たちを元気にできる!

4月、震災から1カ月後、私はプロコーチ養成スクールで学んでいました。

その頃、インフラがまだ復旧していなくて、通うだけでも大変でした。

でも心の声が叫んでいました。「今、やらないで、いつやるんだ!」

あれから4カ月、今、私はプロコーチです。

毎日、コーチングして、誰かを元気にしたり、勇気づけたりしています。

私のミッションは「1000人の夢を叶える」ことです。

1000人の夢を叶えて、青森から東北を元気にしたい!

そして、夢に挑戦する子供たちに勇気を与えたい!

それが新しい日本を作る原動力になるって、そう信じています。

1000人の夢を叶えたら、もう一度、桂浜に行きたいと思います。

その時、龍馬さんに尋ねます。

「龍馬さん、私は命の炎を燃やすことができたでしょうか?」

みなさん、私たちと一緒に日本を元気にしませんか!

コーチングで日本を元気にしましょう!!」

最近の私の座右の銘は「行動、行動、また行動」です。

動けば変わる。行動には、運命を変える力があります。

まさに、龍馬の生き方は、行動、行動、また行動でした。

私は龍馬になります。龍馬さんみたいに思いっきり行動します。

「世の人は 我を何とも言わば言え 我成すことは 我のみぞ知る」

龍馬さんが詠んだこの一句が、心に響く今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このゆる~い感じがいいのです  ~開幕 八戸三社大祭~

8月になりましたね~青森の8月と言えば、やっぱりお祭りです!

昨日、地元八戸の三社大祭が開幕し、今日から青森ねぶたが始まります。

弘前ねぷた、五所川原のたちねぶた、と県内はどこへ行ってもお祭り騒ぎ

青森県民がおもいっきり弾ける季節の到来です。

Photo

飛んだり跳ねたりの、ラテン系の青森ねぶたと違って、

八戸三社大祭って、はんなりと雅やかなお祭りです。

若い頃は、青森ねぶたが羨ましくって、三社はいまいち~と思っていましたが、

近頃は、このゆるゆるな感じが、何ともいえず味わい深く思えます。

Photo_2

十代そこそこの若い女の子の、白塗り日本髪のいでたちなんて

めっちゃ風情ありますよね~おっとりした南部の気質が感じられます。

そんな山車組の間で、ピリリとアクセントになっているのが、

湊町などの虎舞組です。小粋な湊衆の切れ味ある舞は見ものです。

会議メンバーの岡沼さんの凛々しい姿も良かったですよ~

Photo_3

また、山車組のしんがりを務めた、姉さん衆の美しい舞も最高でした。

京都の祇園祭を彷彿させる艶やかな姿は色っぽくて良かったです!

もしかして、三社大祭の原型って、こんな感じだったのかな?

そう言えば、おいらせ町なんかでは、人形ではなく人が山車に乗ってるもんね~

わっしょい!わっしょい!と言った情熱的なお祭りじゃないけど、

やれ~やれ~やれやれ~のかけ声が心地いいんだよね~

たおやかで、ゆったりした、三社大祭のゆる~い感じが大好き!

やっぱり、私は南部の男なんだろうね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »