« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

盛況御礼!メンタルダイエット講座 ~鏡よ鏡よ鏡さ~ん~

昨日、第一回メンタルダイエット講座を行いました。

みなさんのご協力もあって、ほぼ定員の盛況に終わりました。

受講されたみなさん、ならびに動員にご尽力いただいたみなさん、

本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

Blg_006

さて、セミナー当初は「メンタル~って何?」という空気が満満でしたが、

具体的なメンタルコーチングのワークに入っていくと、

受講者の緊張も溶け、徐々に活発になってきました。

Blg_016

A4の白紙を鏡に見立てたワーク「鏡よ鏡よ鏡さ~ん」では、

みなさんの素晴らしい描写力に感激しました!

現在と未来の姿を、何度も見比べるシーンは爆笑でしたね!

Blg_031

素晴らしい想像力と夢があふれる瞬間!最高に楽しかったです!

そして、「誰が何と言ってくれているか?」の問いかけには

まさに十人十色のメッセージがあって、興味深かったですね~

Blg_027

ダイエットによって、自信を取り戻したい!そして、自分の人生を輝かせたい!

そんな、熱い言葉が、会場のあちこちから聞こえてきました。

Blg_044

最後の「本気宣言」では、みなさんの真剣さが伝わってきました。

メンタルコーチとして、本気で関わっていきたい!そう思いました。

Blg_036

今日から3カ月、自分だけのダイエット・プログラムが始まります。

大切なのは行動です。小さなことでいいから、まず始めましょう。

Blg_051

大丈夫です!あなたなら出来ます!

絶対、あなたの理想のプロポーションを手に入れましょう!

そして、大切なあの人に言ってもらうのです。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!」

Blg_052

メンタルコーチつむちゃんが、いつでもあなたのそばにいます!

行動だけが、あなたの運命を変えます。

次回の「メンタルダイエット講座」で、またお会いしましょうね~!




| | コメント (1) | トラックバック (0)

平成の龍馬になりたい人へ!

私が学んでいるコーチング・スクールで面白いセミナーが開催されます。

セミナータイトルは、「平成の龍馬になりたい人へ!」 

キャッチコピーは、「企業や社会にイノベーションを起こすコーチング」です。

そして、その案内文となるメールマガジンに、なんと、私が登場しちゃいました~。

Photo


★下記は7月26日の「プロコーチ通信」に掲載された内容です。

「さてさて、僕が龍馬といわれて思いだすのが、

プロコーチ養成スクール7期の仲間、

津村コーチ(つむちゃん)、龍馬が大好きなんです!

スクールがあるときは、青森から東京へ駆けつけてくれます。

クラス内では、龍馬の名言が書かれた服を着て

一緒にコーチングを学び、僕はその名言を読んでは

「なるほど~」と唸り続けているのでした(笑)

幅広い世代から支持される龍馬。

それには、今の平成の時代に求められている大切なことが隠されている!!

そう思っている方は、少なからず、いらっしゃることでしょう。

特に、3月11日の震災以降、そう感じている方も如実に増えたと思います。

平成の世に、龍馬がいたとしたら・・・???

平成の世に、コーチングがどのようにして

企業や社会にイノベーションを起こしていけるのか?

さて、青森のつむちゃんの話に戻りたいと思います。

そもそも、つむちゃんがプロコーチ養成スクールに参加しようと思ったきっかけ。

「夢しか実現しない!!」という名言でおなじみの福島正伸先生。

福島先生が主催するドリームプランプレゼンテーションという

夢をプレゼンするイベントに参加したことでした。

そのイベントの中で、ゲストスピーカーとして参加していた

弊社代表の平本あきおが、自己紹介プレゼンをしたんです。

実はそのプレゼンが、つむちゃんの中で物凄いインパクトがあったそうなんです。

「何だこの人は?」

ホームページを調べてみて、初めてコーチングという言葉を知りました。

メルマガやブログで、プロコーチ養成スクールの仲間が

人や社会、そして日本に対して、たくさんの良い影響を出しているのを読んで

「コーチングって凄いんだな!!!」そう思ったそうです。

とはいえ、「青森から東京へ学びに行くのは大変・・・」そう思っていました。

そんなつむちゃんを変えたのは、2011年3月11日東日本大震災。

復興のため、ボランティア活動をしている中で、

被災された方を見て思ったそうです。

「本当に復興するんだろうか?」「みんな落ち込んでいる・・・元気ない・・・」

そして、つむちゃんの心の中で、熱い思いが芽生えてきます。

「今、コーチングの勉強をやらないでいつやる?」

そんな想いで、プロコーチ養成スクールのコーチ仲間と一緒に

復興支援チームを組んで、「東北を元気にするんだ!」という気持ちで

毎日のようにコーチングしています。

企業や社会に対して、もっと何かできるのではないか?」

「自分には、もっと何かできる可能性があるのではないか?」

「龍馬のように、もっと自分の可能性と日本の未来を信じたい・・・」

きっと多くの方が、そんな風に思ったことでしょう。

そんなとき、龍馬の名言が私たちの胸に突き刺さります。

「世に生を得るは事を成すにあり」

世の中に、大輪の花を咲かせたい!何かをこの世に遺してみたい!

自分の手でいったい何ができるのか試してみたい!

そんな心意気で生きるからこそ、想像以上の未来が待ち受けているのでしょう。

平成と言う時代はきっと、私たちが思っているよりも

ずっと素晴らしい時代になる!!!僕はそう信じています。

だから、この時代を自分らしく楽しく!仲間と一緒に歩んで行きたいですね。

●8月4日19時~「未来ファクトリー」

平成の龍馬になりたい人へ ~企業や社会にイノベーションを起こすコーチング~」

という訳で、8月4日は東京青山で、日本中の龍馬に会ってきます。

世は平成幕末。今宵集いし日本中の志士たち。あ~最高!!

★ちなみに、コーチングスクールを運営している

チームフローという会社が、このたび、赤坂に引っ越します。

なんと、その赤坂の、その場所は、勝海舟の屋敷跡なのだそうです。

なんちゅう~ことぜよ~、勝先生のゆかりの地で学べるなんて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢を語る者と、その夢を応援する者。 ~7.25 笑売繁盛会議より~

昨夜の会議、参加人数は少なかったのですが、

その分、めっちゃ濃厚でエキサイティングな夜でした。

夢を語る者、その夢を応援する者。

私たちは本当に素晴らしい仲間たちに恵まれました。

批評や評論や、安っぽいアドバイスはいらない。

語りあうのは、その夢が実現したら、どんなに素敵な未来が起こるのか。

そんな未来を、仲間たち全員が共有する瞬間。

深い絆と温かい共感が生まれます。

農風KITCHEN YUI の美味しい料理と、一生懸命なスタッフさんたち。

店内には、優しい空気と力強くポジティブな空気が混在していました。

夢は素晴らしい!仲間は素晴らしい!未来は素晴らしい!

そんな、笑売繁盛会議の様子を写真で振り返ってみましょう。

Photo

こんな感じでテーブルを囲んでワイワイやりました~

Photo_2

大いなる夢を語る大三村氏に、ツッキーの半笑い炸裂!

Photo_3

大嶋啓介&中村文昭講演会の感想を熱く語る、ゲンタくん

Photo_6

中村健司、ついに決起する!がんばれ!健司~

Photo_9


ドリプラ青森で躍進中のヒデ工藤、ワインを飲み干す千枝子姉やん

Photo_10

ニヤニヤ全開の絶好調!ツッキー!!

Photo_11

わんのホープ松館くんです。なかなかのイケメン~

Photo_14

根市シェフとしおりちゃん&いっくん、そして平野くんの満面笑顔!

Photo_17

一次会から登場の箭内さん、シノワのスタッフも成長しましたね~

Photo_26

ウッチーから、YUIへのエール!応援しています!!

Photo_18

根市兄です!農業とレストランの仕事を掛け持ちするタフガイ!

Photo_25

つむつむから、YUIへメッセージ。「挑戦者に拍手を送ろう!」

Photo_24

伝わってきますね~!!この楽しそうな笑顔~♪

★時は平成幕末、今宵集いし東北の志士たち。

ありがとう!!最高の仲間たちよ~!!

Photo_29

とはいえ、中年の志士もいるのさ・・・

Photo_30

今、目覚めた志士もいるのさ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は夢の話をしようじゃないか!  

昨日、ドリプラ青森2011の支援会に参加しました。

プレゼンターひとり一人の夢を聞いていると、

テンションが上がってきて、最高にハッピーな気持ちになりました。

なぜ、その夢を実現させたいのか?

なぜ、あなたでなくてはいけないのか?

その夢が叶えば、どんな未来が待っているのか?

その夢を叶えるため、絶対あきらめない理由は何か?

その夢を実現させるため、今出来ることは何か?

具体的に、明日から取り組むことは何か?

これらの問いかけに、プレゼンターは本気で答えます。

本気の本気が出るまで、支援者は何度も問いかけを続けます。

プレゼンターは、次第に自己開示を始めます。

いわゆる、ぶっちゃけるってやつです。

ぶっちゃけて、本音を語り始めると、そこに共感が生まれます。

「なるほど、だから、あなたは、この夢を叶えたいんだね!」

その瞬間、プレゼンターと支援者に「絆」が出来ます。

本気で応援する気持ちが体中に満ち溢れる感じです。

例えば、私の場合、体に電流が流れるみたいに痺れてきます。

その痺れる感覚が最高なのです。

なにものにも代えがたい至福の時。

私は夢が大好きです。三度の飯より大好きです。

夢をテーマにしたコーチングをしているときは、思わず感涙してしまいます。

みなさん、夢を語りましょう。

そして、夢を幻に終わらせないように、一歩踏み出しましょう。

という訳で、今夜の笑売繁盛会議のテーマは「夢」です。

真夏の夜の夢・・・。大いに語ろうじゃありませんか!

Photo


●笑売繁盛会議 

7月25日(月)19時~ 

農風KITCHEN YUI  *会費 3,500円

テーマ「夢」

★出席者

竹中裕章 ごっつりラーメン

三村和良 鳳凰シノワ

津村柾広 サードプロデュース

工藤秀之

箭内一三 鳳凰シノワ

林源太 わん

松館  わん 

内山祥之 サッポロビール

月舘宣文 ツッキーフードサービス

中村健司 澤口商店

平野直樹

我喜屋千枝子

大南久美子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森ドリプラ支援会

青森ドリプラ支援会
今日は三沢市で青森ドリプラの支援会に参加しています♪ムハマド工藤も頑張っています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽に生きることと、楽しく生きることは違う。

コーチングをしていると、ときどき、こんな願望に出会う事があります。

「将来は何にもしないで、楽に生きたい・・・」

楽に生きたい?つまり、苦労や面倒なこともなく、気楽に生きたい、ということ。

あなたにととって、楽なことって?と問いかけをすると、

旅行に行ったり、遊びに行ったり、ゴロゴロしたり、という答えが返ってきます。

旅行のどこがいい?どこに遊びに行きたい?ゴロゴロしてるときの気分は?

さらに、深く問いかけをすると、行ったことのない国へ行って、

ドキドキワクワクを味わいたい、子供たちと思いっきり遊びたい、

何も考えずに、頭の中を空っぽにしたい・・・など違う願望が出てきます。

人は、決して楽に生きたいわけではない、本当は楽しく生きたいのです。

そして、楽しい=充実感と置き換えることができます。

Photo

てっぺんの熱海合宿で、福島正伸先生から

「人間の二大欲求」について教えをいただきました。

人間の欲求には2つある。①安楽の欲求 ②充実の欲求

人は無意識でいると、安楽の欲求に流されてしまいます。

●安楽の欲求から生まれる考え方

「楽に生きていきたい」→「責任を負いたくない」→「誰かに責任転嫁」

「面倒を避けたい」→「トラブル処理が遅れる」→「信用が落ちる」

「新しいことに挑戦しない」→「能力が向上しない」

★結果「楽に生きていけない」

一方、自分を活かして充実して生きていきたい人は

●充実の欲求から生まれる考え方

「責任を持って取り組む」→「自分が責任をとる」→「信用が増す」

「面倒から逃げない」→「トラブル処理が早い」→「信用が増す」

「新しいことに挑戦する」→「能力が向上する」

★結果「充実した生活が送れる」

毎日、充実して生きている人は、疲れません。

疲れていない人を、私たちは「輝いている」と表現します。

輝いている人は、実に楽しそうです。

困難も、試練も、逆境も、スイスイ乗り越えます。しかも笑顔で。

楽しく生きるためのキーワードは「責任」「挑戦」「問題解決」です。

最後まで、自分でやり抜くこと。

今までやったことのないことにチャレンジすること。

問題を歓迎して、解決に集中すること。

さぁ、みなさん、今日も楽しく生きましょうね!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ビッグ・ピクチャーを描こう!」by大谷真樹

先日、起業塾の大谷真樹さんにお会いしました。

大谷先生のミッションは、「10年で100人の起業家」を養成することです。

既に、十数人の起業家が船出しているそうです。

私が掲げる「夢1000人プロジェクト」とも相通じるものがあり、

常日頃から、ぜひとも、お会いしたいと思っていました。

そんな念願が叶い、待望の面談となったわけです。

大谷先生は、マーケティングやビジネスモデルの専門家ですが、

私が取り組んでいるコーチングにも理解をしめしていただきました。

「東北の人は、セルフイメージが低い。

起業するなんて、大それたことをやってはいけないと思っている。

熟考しすぎて行動に移さない傾向があり、結果が出ない。

起業するためには、メンタル面の強化が必要だろう。

コーチングで、心のブレーキを外してほしい・・・」

このようなコメントをいただき、協力を要請されました。

もちろん、二つ返事でお応えしました。喜んで協力します!

コーチングのスキルで、一人でも多くの起業家創出に貢献したい!

夢いっぱいの起業家の卵たちに会うのが、今から楽しみです!!

Photo

大谷先生のお話の中で、特に感銘を受けたのが

「ビッグ・ピクチャーを描こう!」というものでした。

「ビッグ・ピクチャー」=大きなビジョン=大志。

大きなビジョンを描くことが、起業のスタート。

ビジョンが大きければ大きいほど、多くのサポーターが現れ、

本気の投資家や本気の仲間たちを引き寄せる。

逆に「スモール・ピクチャー」=私利私欲のビジョンの場合は、

小利口で小さな儲け話に目がない輩が集まってくるそうです。

だから、「ビッグ・ピクチャー」が大切なのです。

世のため、人のため、社会に貢献し、多くの人を幸せにする

そんな大きなビジョンを描いた人だけが、真の起業家になれる。

もし、ビッグ・ピクチャーな起業家100人を創出できれば、

青森県は確実に変わります。間違いなく変わります。

青森が変われば、東北が変わる。東北が変われば、日本が変わる。

日本史上、第二の幕末は東北から起こります。

私たちが立ち上がり、行動し、挑戦することが、日本の未来を変えます!

平成幕末の世、東北の志士たちよ立ち上がれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野辺地の大番

野辺地の大番
今日は野辺地の大番に来ています♪居酒屋甲子園で東北ナンバー1に輝いた人気店です!!随所にこだわりがあって素晴らしい!!感動です!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

言い訳を捨てろ!そして、今できることをやろう! ~中村文昭&大嶋啓介講演会より~

昨夜の「中村文昭×大嶋啓介講演会」最高でしたね~!

人の可能性をとことん信じきる大嶋さんの情熱。

「人のために」「何のために」を追求してきた文昭さんの人間力。

そして、八工大一高テニス部のてっぺん式の朝礼。

元気と勇気と、やる気と本気と・・・魂が洗われたような気がします。

Photo

特に、文昭さんの師匠直伝「4つの鉄板ルール」の話は秀逸でした。

一つ、返事は0.2秒!

一つ、頼まれ事は試され事!

一つ、できない理由を言わない!

一つ、そのうちと言わず今できることをやる!

●「返事は0.2秒」は、師匠に対する弟子の基本姿勢です。

師匠が言うことは全てイエス!

できるかできないかではなく、まずはやってみること。

●「頼まれ事は試され事」は、人を感動させるコツです。

相手の予想を上回れば、人の心を震わすことができます。

雑用こそチャンス!些細な日常に感動の種があります。

●「できない理由を言わない」は、まさに成功のカギです。

「でもさぁ~・・・」が多い人は、自分の可能性を無駄にしています。

本当は「できない」のではく、「やっていない」だけなのです。

●「今できることをやる」は、実はコーチングの神髄です。

行動だけが運命を変える力があります。

「そのうちやる」は永遠にやらないと言っているのに等しいのです。

やるなら、「今」です。やった人だけが、結果を出します。

コーチングで言う、「ベイビーステップ」(小さな一歩)。

この小さな一歩を繰り返すことが、夢をつかむ最大のコツです。

★100人コーチングは、50人を超えました。

私は50あまりの人と、ベイビーステップを約束したことになります。

みなさん口を揃えて言います。「明日、これをやってみます」

そんなとき、意気揚々としたあなたの背中を、私は誇らしげに見つめています。

「小さな一歩を踏み出せば、必ず、あなたの人生に奇跡が起こる」

私は本当に信じているのです。

昨夜の、文昭さんと大嶋さんの話を聞いて、ますます確信しました。

「動けば変わる!!」

諸君、言い訳を捨てて、まず、今できることに集中してみましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「左手に使命。右手に遊び心」byひすいこたろう

てっぺんの熱海合宿で、作家のひすいこたろうさんにお会いしました。

「ココロの教科書」や「名言セラピー」、「シアワセの取説」など、

ひすいさんの本は、本当に面白くて、リラックスできるので大好きなのです。

しかも、ひすいさんは、大の龍馬ファン!

龍馬マニアを自認する私とは、まさしく運命の出会い!

そんな風に勝手に想像して、直接お話しするのを楽しみにしていました。

懇親会の二次会で、チャンスが訪れました。

なんと、ひすいさんが私の目の前に座ったのです!

すかさず仕事用の名刺を取り出して、自己紹介。

さらに、龍馬さんマークが入っている、笑売繁盛会議の名刺を出すと、

ひすいさんのスイッチが入り、幕末話と龍馬話に花が咲きました。

Photo

ひすいさん曰く、革命期には本当に困ったことが続発する。

2011年は革命の始まり。これから10年は第二の幕末。

そして、今回の維新の中心は、間違いなく東北になる。

この時代に生まれてきた私たちの使命は、

この10年間で新しい日本を作ることなのだ・・・と。

「本当はこうありたい。本当はこんな人生を歩みたい。」

そんな本当の自分の気持ちを、リアルに実行に移す時代。

これからの10年間は、そんな時代への革命期になる・・・とのこと。

さらに、ひすいさんは穏やかな口調で語り続けました。

「侍とは、何のために、この命を使うか?」を問い続けた人たちである。

あなたは、何のために、その命を使いますか?

生きることは幸せなこと。だからこそ、この命をどう使うのか。

人の幸せとは何でしょうか?

ひすいさんは、こう答えてくれました。

「何かに挑戦している時、懸命に行動し、走っている時。

その時間が、最高に幸せな時間なのです」

とはいえ、ガチガチに力みかえることはありません。

たかが人生。たかが100年にも満たない短い一生です。

人生を楽しみましょう。挑戦する人生を楽しもうじゃないですか。

★「左手に使命。右手に遊び心」

ひすいこたろうさんの名言に、勇気が凛々と湧き出る私なのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勝負は試合前に決まっていた・・・  ~高校野球観戦記~

昨日、夏の高校野球青森県大会を観てきました。

近所の子がスタメンで出場する八戸市営球場の第三試合。

地元の伝統校の試合とあって、スタンドは満員に近い状態です。

灼熱の太陽と紺碧の空。

女子高生の黄色い声援と控え部員の野太い声が交錯する球場。

これぞ、高校野球。バックネット裏の捕手の真後ろに陣取った私。

試合前のシートノックを見た限りでは、両軍の実力は伯仲。

これは、かなりの好ゲームになるだろうと思っていました。

Photo

試合開始直前にそれは起こりました。

グラウンド整備中、対戦チームの選手たちがベンチ前に登場。

選手全員が輪になってある儀式を始めました。

なんと、てっぺんの朝礼でやる「№1宣言」でした。

「○○№1でいきます!よろしく!」といったコミットを

控え選手から順番にスタートし、ベンチ入り20人が全員やりました。

もちろん、大きな声で、球場全体に聞こえるトーンです。

一人の宣言が終わると、全員がリアクションして、その選手をもみくちゃにします。

そのたびに、選手たちの表情は満面の笑顔に変わります。

私が贔屓にしている地元の高校の選手たちは、

バットスイングをしながら、その様子を眺めていました。

「まずい・・・」私の口から思わず言葉がもれました。

その時点で、球場の空気をコントロールしているのは、明らかに対戦チームです。

Photo_2

その勢いのまま、試合が始まりました。

№1宣言をした相手高校は、初回から弩濤の攻撃!

実力伯仲の好試合のはずが、一方的な展開になってしまいました。

地元の高校は、ピンチでマウンドに集まることすらできません。

ベンチも伝令を出すこともなく、茫然自失の状態・・・。

自分がもし、このチームのメンタルコーチなら、何ができるだろう?

私は自問自答を繰り返しながら、この試合を見つめました。

このような試合展開では、どんな問いかけが勇気づけになるのか?

選手たちは立派でした。

決して、あきらめることなく渾身のプレーをしました。

その点では、大いに拍手を贈りたいと思います。

それにしても、高校野球は解らない・・・。

心の持ちようが、そのまま結果に現れるような気がします。

試合前に制空権を取られたのが全てだったのでしょう。

高校野球はメンタルスポーツ。

勝負はメンタルで決まる。そんな気づきをもらった試合でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

つよし君ちのサクランボ

河門前つよし君は美容師です。

でも、美容師なのにサクランボも作っています。

彼の実家は果樹園を営む農家なので、繁忙期は家業を手伝います。

毎年、6月末から7月は、サクランボの収穫時期。

今年は、好天続きで、例年以上の豊作なのだそうです。

実は、河門前つよし君ちのサクランボは有名なんです。

毎年、品評会でトップをとるほど、品質が高く、味も抜群です。

私などは、昨年の冬から、ずぅっと、この季節がくるのを待っていました。

冬に食べた、つよし君ちのリンゴが美味しかったので、絶賛したところ、

「サクランボはもっと自信がありますよ」という答えが返ってきました。

ここまで言われては、食べないわけにいきませんよね~

そんな訳で、念願叶い、先日、つよし君ちのサクランボを頂きました。

Photo

見てください!この色つや!なんと美しいサクランボでしょう~

味は、酸味と甘味のバランスが絶妙でめっちゃ美味かったです!

家族全員、感動でした!!人生最高のサクランボと言っても過言ではありません。

河門前農場の最高傑作ともいえる逸品。

美を職業とするつよし君ならではの、可憐で美しいサクランボ。

機会があったら、ぜひ、ご賞味ください!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夢の十カ条

一、夢は、自分がどのような状況にあっても、自由に描くことができる

二、すごいことだけが夢ではない。

身近で些細なことでも、すばらしい夢がたくさんある

三、夢を描くときは、できるかできないかを考えないこと

四、夢は、雰囲気を感じるほどまで、明確にすること

五、まわりの人や社会に役立つ夢を持つ

六、夢は、同時にいくつでも持つことができる

七、常に、今日目指している夢を、一つ以上は持っていること

八、その夢を考えると、ワクワクすること

九、夢とは、どんな困難を乗り越えても、達成したいものであること

十、行動してこそ夢。行動の伴わないものは、幻である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ぶれない人は遠くを見ている」 by福島正伸

てっぺんの熱海合宿「新・究極のリーダー合宿」で

いちばん盛り上がったのは、やっぱり懇親会でした。

初日、福島先生の講義をたっぷり受けたあと、

熱海の温泉につかり、迎えた懇親会。

乾杯の音頭はもちろん、大嶋啓介さん!

「それでは本気の乾杯、いきます!」の大号令に

合宿に集まった全国の同志たちがハイテンションで答える!

異様と言えば異様な世界。なんか・・・完全にいっちゃってるオレたち。

贅を尽くした料理とおいしいお酒、そして、夢を語り合う面々。

いつのまにか、宴会は二次会の会場へ移動していました。

二次会のテーマは、福島先生とひすいこたろうさんへの質問大会。

福島先生は、いつもにも増してハイテンションでノリノリです。

そんな中、こんな質問が飛び出しました。

「自分は日々の問題に振り回されている。

ときどき、夢や目標がぶれてしまうことがある・・・」

ニッコリと微笑んだ福島先生の答え。

「多くの成功者を見てきました。彼らには一つの特徴があります。

ぶれない人は、遠くを見ている・・・ということです」

遠くを見ている。つまり、ビジョンを見ているということ。

目の前の問題に振り回されると、

「どうしよう・・・どうしよう・・・」と人はぶれぶれになります。

ところが、自分が向かうべき方向を持っている人は、

問題に振りまわされず、落ち着いて問題解決にフォーカスできる。

人の運命を決めるのは、その人がどんなビジョンを持っているか?

「本当のところ、あなたはどうなりたいですか?」

人の一生には必ず終わりがきます。

どんな大金持ちだろうが、天才だろうが、必ず終わりがきます。

さて、この有限な人生を、あなたはどのように生きたいですか?

あなたの目線の先には、何が見えますか?

周りには誰がいますか?どんな音が聞こえますか?

どんな姿の自分が見えますか?

Photo


★あなたの人生を決めるのは、あなたのビジョンです。

ビジョンは磁石です。強く思えば思うほど、磁力は強くなります。

ビジョンを持てば、知らず知らずに引き寄せられます。

みなさん、ビジョンを持ちましょう。

制約を外して、なりたい自分を強くイメージしましょう。

やった人だけが、そのビジョンに辿りつきます。

あなたは、遠くを見ていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンターとは・・・by福島正伸

誉めても、叱りつけても

どのように接したとしても

人はそれに応じた育ち方をする
子を見れば親がわかり

部下を見れば上司がわかり

社員を見れば社長がわかる

人が勝手に一人で育つことはない

人は育てたように育っている

自分のまわりにいる人は自分の鏡である

相手がそうしているのは

自分がそうしてきたから

相手が本気にならないのは

自分が本気になっていないから

怒らないとやらないのは

怒ってやらせてきたから

まわりが助けてくれないのは

自分がまわりを助けてこなかったから

部下が上司を信頼しないのは

上司が部下を信頼してこなかったから

収入が少ないのは価値を与えていないから

つまり得るものを変えるためには

まず与えるものを変えればいい

他人を変えたければ、自分を変えれば良い

人を育てたければ、自分が育つ姿を見せることである

(福島先生の言葉)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

快晴の熱海

快晴の熱海
今朝のジョギングは熱海の海岸♪めっちゃ気持ち良かったー!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第二部スタート♪

第二部スタート♪
ベストセラー作家ひすいこたろうさん登場!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島先生登場

福島先生登場
いよいよ始まりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー踊り子号

スーパー踊り子号
熱海行きの特急踊り子号に乗り込みました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようございます♪

おはようございます♪
東京は快晴です。めっちゃ暑いッス!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成の志士たちが集結! 究極のリーダー合宿に行ってくるゼョ!!

てっぺんの大嶋啓介さんが主催する「究極のリーダー合宿」に行ってきます。

7月11日~12日、熱海のホテルに泊まり込みで行います。

メイン講師は、福島正伸先生。

福島先生のセミナーを2日間たっぷり聞けるなんて最高です!

さらに、スペシャルゲストとして作家のひすいこたろうさんも来ます。

「名言セラピー」や「ココロの教科書」など、ベストセラーを連発する憧れの人です。

主催者の大嶋啓介さんは、懇親会を盛り上げる宴会部長に徹するそうです。

とにかく、凄いメンバーが揃った超ワクワクの合宿セミナーなのです。

Photo

「日本を変える志士たち!今ここに平成の革命家が集結!」

このキャッチコピーを読むだけで、血が騒ぎます。

全国から集まる50人の志士に会えると思うと、興奮が止まりません。

梅雨明けした熱海の青い空と海、そして高い高い志。

最高の2日間になるのは間違いありません。

★究極のリーダーのための、究極の6原則

①問題をプラス受信する

②自分自身に真の原因があると考える

③状況の変化や相手に期待せず、自らの可能性に期待をする

④他に提案、依頼する前に、今できることから全力で取り組む

⑤手法は変えても、目的はあきらめない

⑥相手を全面的に認め、信頼し支援する

セミナーの様子は、随時、ブログにアップしますので、ご期待ください!

それでは、行ってきます~!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

この夏、自分らしい絶対挫折しない方法でダイエット!

7月29日(金)、はちえきキャンバス八日町で開催する

「メンタル・ダイエット講座」のポスターができました!

Ccf20110709_00000

ターゲットは、ズバリ、過去にダイエットで挫折した経験がある人。

挫折経験がある人たちに、「始める→クセになる→ずっと続く」

ダイエットのコツをコーチングしたいと思います。

既に、東京のチームフローとは何度かミーティングを重ねています。

チームフローからは、こんなキーワードをもらいました。

●ダイエット 4つのルール

①ちゃんとやらない

②最後までやらない

③効果を気にしない

④わざわざ時間をとらない

いかがですか?そんなんで、ダイエットができんの?って思いますよね~

ところが、この4つのルールにこそ、コーチングの神髄が隠されているのです。

続きは、当日のセミナー会場でお話します!!

きっと、面白いセッションになるはずですから、ぜひ体験してみてください!

また、私自身にとっても、プロコーチとしての初セミナーです。

みなさんの協力で、ぜひとも盛り上げてくださいね!

よろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凄いぞ!鳳凰シノワ  ~居酒屋甲子園2次予選進出~

第6回居酒屋甲子園の1次予選が終わりました。

震災の影響で覆面調査は2カ月遅れで実施されましたが、

6月末で無事完了したようです。

全国の錚々たる飲食店がエントリーするイザコーです。

ファイナルステージに進む云々より、参加することに大きな意味があります。

1次予選では、2度に渡る覆面調査が行われます。

この調査結果のレポートがとても重要なのです。

今現在の自店の状態を把握し、明日からどんな行動に変えていくのか・・・。

経営者にとっては、店舗運営の指針となる有用な情報が満載されています。

仮に得点が悪くても、それを踏み台にして改善を図ればいいのです。

イザコーのレポートは、お店の方向を探る地図のようなもの。

地図があれば、迷わず進むことができますよね。

Photo

さて、居酒屋甲子園1次予選の結果、

大三村グループの「鳳凰シノワ」がやってくれました。

東北地区の上位10%に食い込む「第5位」にランキング!

見事に、2次予選に進出することになりました。

ちなみに、東北地区の第1位は青森県野辺地町の「炭火焼肉大番」です。

大番の店主の平野さんは、笑売繁盛会議にも参加したことがあります。

東北地区1位はホントに素晴らしい!平野さん最高ですっ!

東北地区から2次予選に進出したお店は6店舗。

そのうちの2店舗が青森県から。しかも会議メンバーのお店です。

なんだか、ちょっと誇らしい気分です。ドヤ顔になっちゃいますね~

Photo_2

鳳凰シノワは、いくつかのユニークな取り組みをしています。

①テンションアップの朝礼

②全員発言するミーティング

③お客様の声は宝物 アンケート調査

④めっちゃ盛り上がる 誕生日イベント

⑤3カ月1回 新メニュー&新企画発表

⑥元気な挨拶&大きなリアクション

これだけのことをルーティンワークとして実施するには、

スタッフさんの相当な頑張りが必要です。

「忙しくて、やってられない・・・」そう言いたくなることもあるでしょう。

でも、鳳凰シノワのスタッフは、やっています。

やれば出来ちゃうんです。そして、やった人だけに結果が出ます。

「朝礼もやったほうがいいよね・・・」

「ミーティングも大事だよね・・・」

「アンケートもできたらいいね・・・」

「誕生日イベント、素晴らしいね・・・」

「新メニューもやりたいね・・・」

「挨拶もリアクションもやってるつもりなんだけど・・・」

いいと解っていても、やっていないのは、なぜでしょうか?

★「行動だけが人生を変えます」

知ってる。できる。よりも、「やっている」です。

さぁ、みなさん、今日からできることは何ですか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宮古市 赤前小学校からの手紙

宮古市の赤前小学校から手紙が届きました。

6月12日の運動会で行った「けっぱれ!とうほく応援隊」の炊き出しボランティアと

つがる市在住の書家・相馬呑気さんが用意してくれた祭り札へのお礼です。

とても、素晴らしい手紙だったので、みなさんにもシェアしたいと思います。

Photo

「三月十一日想像を絶する大津波に襲われ、

当地区は甚大なる被害に見舞われました。

あの日は、400名を超える被害者が体育館に避難し、

健常な者はずぶ濡れで運ばれてくる人やケガ人を毛布でくるみ

体をさすり励まし、懸命に看護に当たりました。

また、ある者は夜を徹して水汲みに走り、また、ある者は地区民から

寄せられた食材をもとに、余震と暗闇の中、おにぎりを握り続けました。

ライフラインが途絶えた三日間は誰もが無我夢中でした。

その後、日本中いや、世界中からご支援とご協力を賜りました。

人のつながりや絆を感じ、胸を熱くいたしました。

二カ月に及んだ避難所での暮らしも、5月17日全員仮設住宅へ移転し、

体育館は翌日から子供たちの歓声が沸く本来の姿に戻りました。

まだまだ、険しい道のりとは思いますが、みなさまの温情に

お応えできますよう一人ひとり前に向かって参ります。

ここに、ご支援賜りましたみなさまに心から感謝を申し上げ

御礼のご挨拶といたします。

平成23年6月20日

赤前地区避難所一同

赤前小学校校長及川総逸郎

追伸

6月12日の炊き出しは、たくさんの種類の食べ物や

子供たちが楽しめるものがたくさんあり、住民・子供たちが大喜びでした。

本当にありがとうございました。」

Photo_2

うんどうかいたのしかったです またやりたいです(1年 ふうか)

Photo_3

おいしいらあめんをつくってくれてありがとう(1年 なつき)

Photo_4

八戸のラーメン屋さんへ

こんにちは!運動会の日はありがとうございました。

運動会の日はラーメンだけでなく、からあげや肉だんご、

カキ氷ややきそば、くじなどもあって、とてもおもしろかったです。

ぬりえやトランプなどもらえて、とてもうれしかったです。

運動会で走ったりした後なので、おなかがすいていました。

なので、ラーメン屋さんのラーメンを食べたとき、とてもおいしかったです。

カキ氷もつめたくておいしかったです。

トランプもとても楽しく使っています。本当にとても楽しかったです。

運動会の日に来てくださってラーメンなど、ごちそうしてくれて

本当にありがとうございました!すごく思い出にのこりました!

(4年 愛莉)

Photo_5

八戸のラーメン屋さんへ

6月12日日曜日は八戸からわざわざ赤前に来てくれて

どうもありがとうございました。

ラーメン、からあげ、ドーナツ、おかし、カキ氷、おもちゃなどを

持ってきてくれて、とても楽しかったし、うれしかったです。

おかし、ラーメン、からあげ、ドーナツ、カキ氷は

とてもおいしかったし、おもちゃはとても楽しかったです。

思い出にのこった運動会になりました。

うれしかったです。どうもありがとうございます。

(4年 渓祐)

★私は、これまでの人生の中で、これほど感謝されたことはありません。

そして、こんなに嬉しい気持ちを味わったことはありません。

何だろう?この気持ち・・・誰かの役に立つって、こういうことなのかな?

「けっぱれ!とうほく応援隊」の諸君、喜んでいただいて良かったね~

これからも、東北が立ち上がるその日まで、行動していきましょう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

根市兄弟の挑戦! ~農風キッチン結 もうすぐオープン~

根市大樹くんと拓実くん兄弟のお店

「農風キッチン結(ゆい)」が、もうすぐオープンします!

自家農場で栽培された野菜や果物をふんだんに使った、

めっちゃ美味しい欧風料理のレストランです。

007

お兄ちゃんの大樹くんが農場を運営し、

弟の拓実くんがレストランのオーナーシェフを務めます。

お店をやろうとしたきっかけは、二人が大好きだった

おじいちゃんが遺した農場を何とかしたい・・・という思いからでした。

当時、大樹くんは新聞社に勤めるサラリーマン、

拓実くんは、北海道のレストランで店長をやっていました。

「オレが、じいちゃんの農場を復活させて、野菜を作るから、

お前が、その野菜を使って美味しい料理を作ったらどうか?」

そんな兄の言葉に、弟の心が震えました。

もし、レストランが出来たなら、天国のじいちゃんがどれだけ喜ぶだろう!

二人の気持ちが一つになった瞬間でした。

Blg_017

大樹くんは会社を辞めて、海外の農業先進国を視察しました。

野菜ソムリエの資格を取得し、農業のプロを志しました。

拓実くんは故郷に帰ってきて、地元のニーズやマーケットを掌握しました。

拓実くんが、笑売繁盛会議に参加したのは、その頃でした。

Blg_013

朴訥とした語り口の好人物である拓実くんは、

すぐに会議メンバーに愛される存在になりました。

いつも、真剣で、一生懸命で、素朴で、みんな彼のことが好きになりました。

お店に行くと、コックコートを着た凛々しい姿の拓実くんに会えます。

いつもの、カントリーボーイ的な風貌とは違う、

プロフェッショナルな彼の姿は、とっても眩しくて素敵ですよ~

私は心から思います。

彼らのような青年を、全身全霊をかけて応援したい!

夢をつかもうと一歩踏み出した、その勇気に拍手を贈りたい!

そして、絶対、彼らを成功に導きたい!

八戸にこんな店があって良かったって、たくさんの人に喜んでもらいたい!

それが私のミッションです。私はそのために生まれてきたのです。

「夢1000人プロジェクト」の一人は、根市拓実くんです。

みなさん、根市兄弟の夢を、熱烈に応援しましょうね!!

■農風キッチン 結(ゆい)

八戸市番町25グレイス番町1F(カネイリ向かい)

電話 0178-44-3035

http://r.goope.jp/kitchen-yui

営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00

*日曜日定休

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アンソニー・ロビンスの10日間メンタルチャレンジ

コーチングの師匠である平本あきお氏の師匠はアンソニー・ロビンスです。

私にとっては師匠の師匠なので、大師匠にあたります。

アンソニー・ロビンスは、世界最高のコーチと言われています。

彼のクライアントには、元大統領や経済人、俳優やスポーツ選手など

超VIPクラスが大勢います。彼自身もアメリカを代表するセレブの一人です。

アンソニーのことをもっと知りたくて、ネットで調べてみると、

何冊かの本に行きつきました。彼が出した本はそれほど多くありません。

さっそく、読んでみようと思い、アマゾンで注文しようとしたら、

何だか、その本の装丁に記憶があります。

書棚を調べてみると、あらら・・・アンソニーの本が3冊もあるじゃないですか!

出版年月日を見てみると、3~4年前に買って読んだようです。

そんな訳で、アンソニー・ロビンスの本をもう一度、読みなおすことにしました。

Photo

アンソニー・ロビンスの「人生を変えた贈り物」。

素晴らしい1冊です。本当に人生が変わります。

あの頃、何となく読んでいた本、私は重要な部分を見逃していたようです。

あの時は普通の活字に見えていたのに、今はゴールデンに輝いています。

特に、アンソニーが唱える「10日間メンタル・チャレンジ」は凄い!

彼自身が、このワークを行った結果、人生が180度変わったといいます。

★10日間メンタルチャレンジ

1.これから10日間、マイナスの考えを持たない。

2.もしネガティブになったら、「この問題の素晴らしい点は何だろう?」と

自分に問いかける。

3.朝、目が覚めたら、次の問いかけをする

「今の人生で幸福なことはなんだろう?」

「今の人生でワクワクすることはなんだろう?」

「今の人生で誇れるものはなんだろう?」

「今の人生で感謝できることはなんだろう?」

「今の人生で楽しいことはなんだろう?」

「今の人生で打ちこめるものはなんだろう?」

「私は誰を愛しているだろう?

そして、夜、寝る前に、次の問いかけをする

「今日は何を与えただろう?」

「今日は何を学んだだろう?」

「今日はどんな点で人生の価値を高めただろう?

4.これからの10日間、問題ではなく解決策にだけ集中する

5.ネガティブになっても自分を責めないで、すぐに気分を変える。

この10日間メンタル・チャレンジの効果は驚異的です。

やり遂げれば、いいことが連続して起こり、それは止まりません。

さぁ、今日からチャレンジしてみましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンタルで痩せる! メンタル・ダイエット講座開催決定!

現代人にとって、ダイエットは永遠のテーマかもしれません。

私たちの遺伝子の中には、何万年もの間、

過酷な環境で生き延びてきた、生存への欲求が刷り込まれています。

生きるために、食料が必要だったのです。

とにかく、食べられるときに食べておかなければ、生きてこれなかった・・・。

だから、私たちは、気がつくと何かを食べたくなります。

そういう意味で、ダイエットは、本能との戦いでもあるわけです。

コーチングでは、自分らしい挫折しない方法で、ダイエットへ導きます。

ダイエットしたときの素敵な姿を、ありありと想像することで

本能を超えるほどの強い願望を引き出します。

ダイエットしたら、どんな洋服を着たい?どこに行きたい?誰と会いたい?

どんな色の服を着て、あなたはどこにいる?誰と一緒にいる?

何が見える?どんな音が聞こえる?どんな香りがする?

本当になりたい姿になって、本当にやりたいことをする・・・。

2

そんなことを話したり、書いたりしていたら、

「メンタル・ダイエット・コーチング講座」をすることになりました。

●7月29日(金)19時~20時30分

会場:はちえきキャンバスin八日町

定員:25名  参加費:2,100円

私が目指すのは、最高のチーム作りをするビジネスコーチングと

スポーツ選手の夢を叶えるアスリートコーチングです。

しかし、ダイエットは多くの人が抱えている悩みの種でもあります。

メンタルコーチングで、その悩みを解消することができたなら、

人々が健やかで活動的な生活を実現できます。

アクティブな生き方から、夢や目標が生まれてきます。

自分のミッションである「夢1000人プロジェクト」の環境を整えるために、

ダイエットコーチングは、チャレンジする価値があると思います。

★ダイエットに興味がある方は、ぜひ、参加してください!

7月29日、あなたらしい挫折しないダイエット方法を一緒に見つけましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »