« 津軽の書家は、子供たちの笑顔に囲まれて・・・  | トップページ | 偉大なる№2が組織を支える »

白いリンゴの物語

「白いリンゴ」をご存知ですか?

赤いリンゴや、緑のリンゴ、黄色のリンゴじゃなくて、白いリンゴ・・・。

先日、その「白いリンゴ」の話を聞くために、

南部町の名久井農業高校の先生とお会いしました。

白いリンゴの開発は、名久井農業の女生徒12人で行ったそうです。

一般的なリンゴ栽培では、リンゴに袋をかぶせて育てますよね。

そして、収穫直前になって、袋を外します。

袋を外す際は、リンゴに太陽の光がまんべんなく当たるように

周辺の葉を摘み取ったり、木の下に反射板を置いたり、

農家の人は、リンゴが綺麗な赤になるように手間暇をかけるわけです。

リンゴは見た目がポイント。真っ赤なリンゴほど需要があります。

ところが、名久井農業の女生徒たちは、

「もし、袋を外さないまま栽培したら、どうなるのか?」

という、素朴な疑問を持ったそうなんです。

陽光に当たっていないリンゴは無色です。つまり白いんです。

もしかしたら、真っ白なリンゴが出来ちゃうかもしれない・・・。

そんなふうに想像を膨らませたことでしょう。

ワクワク、ドキドキしながら、秋の収穫時期がきました。

袋の中で育ったリンゴは、袋を外したものと変わらないほど

すくすくとたわわに実っています。

恐る恐る袋を外してみると、なんと、美しい純白のリンゴが顔を出しました。

Photo

問題は味です。

おいしくなければ、リンゴじゃない。ただの樹の実です。

収穫後、実が熟すのを待って、試食会を開催しました。

一口食べると、「やわらか~い!!」二口目には「甘~い!!」

白いリンゴの特徴は、皮がとても薄いことだそうです。

皮が薄いから、皮を剥く必要がありません。

ガブッとかじると、やわらかくて甘い味が口いっぱいに広がります。

また、袋を外さないため、周辺の葉を摘み取りません。

したがって、残された葉っぱは、一生懸命に光合成を行い、

糖分を作り、果実へ送り込むわけです。

リンゴの醍醐味である丸かじりで、ジューシーな甘味を楽しめるんですね~。

白いリンゴは「サイレントホワイト」と名付けられました。

白はリンゴの花の色。白は雪の色。白はピュアな心の色。

とても、美しいネーミングです。なんだか物語が始まりそうです。

サイレントホワイトは、赤いリンゴと2個セットで商品化を狙います。

想いを届けるリンゴ「メッセージ・アップル」というコンセプトで

ギフトマーケットにデビューさせよう、という計画なのです。

まだ実験段階なので、量産はできないそうですが、

近い将来、南部町の新しいブランドとして、世に出ることでしょう。

担当の先生のお話を聞いただけで、めちゃくちゃワクワクしてきて、

とにかく、名久井農業の「白いリンゴ」を応援したくなっちゃいました!

リンゴは赤い、という常識を打ち破った。

いわゆる非常識な発想に、とっても刺激を受けました。

面白いよね~「白いりんご」!

色白の南部美人「サイレントホワイト」・・・、惚れてまうわ~!

|

« 津軽の書家は、子供たちの笑顔に囲まれて・・・  | トップページ | 偉大なる№2が組織を支える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いリンゴの物語:

« 津軽の書家は、子供たちの笑顔に囲まれて・・・  | トップページ | 偉大なる№2が組織を支える »