« 速報!名古屋遠征壮行会 ~手羽先と味噌カツに心は躍る~ | トップページ | いざ、名古屋出陣! »

祝!退院!! 僕たちのそばにいつも桑田佳祐がいた♪

1978年、僕は小学校6年生だった。

ピンクレディが全盛で、8割方の女子が夢中だったと思う。

男子のアイドルは誰だったのだろう・・・?

沢田研二?ちょっと違うなぁ~、西城秀樹?それも違う。

吉田拓郎や井上陽水は、兄貴たちの世代のものだったし、

矢沢永吉が率いるキャロルの存在はまったく知らなかった。

そんなとき、突如として登場したのが、サザンオールスターズだった。

Photo_2

♪~ラララ~ララ~ラ~ 今何時?そうねだいたいね~♪

「勝手にシンドバッド」という曲を初めて聞いたのは

マチャアキが司会をつとめる「紅白歌のベストテン」だったような気がする。

とにかく、度肝を抜かれた・・・、これまでの歌謡曲の枠を超えていた。

12歳のアホガキに、ロックもポップスも存在しない。

あるのは、「この曲、かっこいい~」という、動物的な感覚だけだ。

翌日から、ほとんどの男子は「♪~ラララ~♪」を歌い始めた。

この曲は歌詞が、とてもシンプルで繰り返しが多かった。

12歳の脳みそにはジャストフィットする曲だったのだ。

そのうち、学校中でこの曲を口ずさむ声が聞こえてきた。

休み時間、給食時間、放課後の部活、家への帰り道。

当時のサザンオールスターズの位置づけは、歌手と言うよりも芸人に近かった。

ドリフターズに続く、若手コミックバンドといった扱いを受けていた。

しかし、僕たちは気づいていた。「こいつらイケてる~!」

理由は何もない。とにかくアホかっこいい~と思ったのだ。

カトちゃんも志村も、アホおもしろいけど、アホかっこよくはなかった。

サザンの桑田佳祐は、僕たちの価値観の中に、

初めて「おもろい=かっこいい」の図式を作ったのだった。

ほどなく、「勝手にシンドバッド」は、教育関係者からバッシングを受けた。

意味のないめちゃくちゃな歌詞をまくしたてる歌は、

青少年に悪影響を与えると言うのだ・・・?

アホかっ!そこがかっこいいんじゃねぇ~か!

僕たちは、ますますサザンが大好きになった。

小学校を卒業して、中学生になった。僕たちは思春期を迎えていた。

女子のおっぱいばかり気になっていた。

頭の中の50%が野球で、残り全部はおっぱいだった。

そんな矢先、中学2年生の春だった。

桑田佳祐が渾身のバラードを歌った。「いとしのエリー」という曲だ。

「♪~泣かしたこともある~冷たくしてもなお~♪

僕たちは、この曲を待っていた。そして誰もがこの曲に酔った。

♪~エリ~マイラブ~ソ~スイート~♪

桑田佳祐が、絞り出すような声でサビを歌うとき、僕たちは夢を見た。

「失恋って、悲しかっこいいなぁ~」

誰ともつきあったことがないのに、失恋に憧れてしまっていた・・・。

そっからさきの人生、高校生になったとき、上京したとき、

本当の失恋を経験したとき、結婚して子供が生まれたとき、

おっさんになって、スナックでカラオケを歌うとき。

僕のそばには、いつも桑田佳祐がいた。

10歳年上の桑田さんは、僕たちの兄貴だった。

めっちゃエッチな話を教えてくれる、おもろかっこいい兄貴だったのだ。

だから、桑田さんが、ガンに倒れたというニュースはショックだった。

桑田佳祐に、病気は似合わない。

特にガンは絶対ない。あるとしたら、ある種の性病的なものしかないだろう。

でも、桑田佳祐も生身の人間である。しかも50代半ばの。

先日、桑田佳祐退院のニュースが流れた。

ガンの転移は見つからなかったそうだ。本当に良かった。

桑田佳祐には、まだ歌ってほしい。もっともっと歌ってほしい。

小学校6年生の頃から、ずっとずっと、あなたの曲を聞いていたんだ。

あなたがいなくなったら、僕たちは今後、何を口ずさんでいけばいいんだ?

Photo

昨日、8月25日、桑田佳祐のシングル曲が発売された。

「本当は怖い愛とロマンス」というタイトル。

曲の内容はまだ知らんけど、間違いなくいい曲だろう。

初回限定版の記念グッズが気にいった。

「タマ金バッジ」という、大きめサイズのバッジらしい・・・

やっぱり、あなたは、僕たちの兄貴です。

退院、おめでとうございます!!

|

« 速報!名古屋遠征壮行会 ~手羽先と味噌カツに心は躍る~ | トップページ | いざ、名古屋出陣! »

コメント

腹立つ事を違った角度で見る=不運な事を笑いに転化する

=おもしろい=かっこいい

=かっこつけない=アホでいる=裸でいる=素直

=生きてるだけで、なかなか楽しい♪

とかって図式で自分は解釈してます。

桑田兄さんを始め、自分のまわりにはギラギラの兄さん姉さん方ばかりなんで、

いつも負けずに背中追っかけたくなるばかりです!!

投稿: ロケットげんた | 2010年8月28日 (土) 06時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!退院!! 僕たちのそばにいつも桑田佳祐がいた♪:

« 速報!名古屋遠征壮行会 ~手羽先と味噌カツに心は躍る~ | トップページ | いざ、名古屋出陣! »