« ファンキーモンキーベイビーズの歌声に感涙・・・ ~八工大一の大健闘に拍手~ | トップページ | デザインは人生に変化をもたらすもの ~プレゼンテーションZEN デザインより~ »

面白いストーリーを持っている会社は強い! ~ストーリーとしての競争戦略より~

お盆休みも終わりましたね。

今日から仕事を再開する人も多いのではないでしょうか?

さて、お盆休み中、ちょっと面白い本を読みました。

楠木建さんの「ストーリーとしての競争戦略」という本です。

楠木さんは、一橋大学の教授で、国際企業戦略研究を専門にしています。

本の内容も充実していて、500ページにも渡る、なかなかの大作でした。

Photo

「戦略の神髄は、思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある。」

というキャッチフレーズのとおり、成功した会社は面白い物語を持っています。

教授の言葉を借りると、「イケてる戦略は面白く、もっと聞いてみたくなります。

知的興奮を覚えるだけでなく、他人事であるにもかかわらず

「その線でやってみようじゃないの!」という気にさせられます。

一方で、イケてない戦略は、からっきし面白くありません。」

確かにそのとおりです。

成功している会社の社長さんの話は、おしなべて面白い!

成功までの紆余曲折の秘話には、「なるほど!」とか「マジッすか?」とか

目から鱗の話や、意外性たっぷりの逆転劇などが盛り込まれています。

物語として成立していて、とても興味深い話になっています。

特に、本の中に登場した「キラーパス」という視点は勉強になりました。

「キラーパス」は、物語における起承転結の「転」に当たります。

キラーパスとは、一見非合理なものです。

業界の常識では、絶対に手を出さない「一手」を選択する戦略です。

例えば、スターバックスコーヒーは食事を出さない。

なぜ、コーヒーを売っているのに、軽食はサービスしないのか?

例えば、サウスウエスト航空は、ニューヨークやシカゴなどの

大きなハブ空港を使用しない。なぜ、乗客が多い空港を使わないのか?

*答えは、本を読んで、自分で納得してください。

優れた戦略ストーリーに共通するのは、「バカな」と思わせる非合理な

要素がありながらも、成功してみると「なるほど」とうなずいてしまうことです。

これを「バカなる理論」と呼ぶそうです。

企業戦略を一口でいうと、「他社と違った良いことをやる」ということです。

ちょっと賢い経営者であれば「良いこと」を見つけるのは簡単です。

また、変わり者の経営者であれば「違ったこと」をやるのは得意技でしょう。

でも、「違っていて良いこと」をやるのは、もはや芸術の域かもしれません。

芸術だからこそ、ストーリーとして素晴らしいのです。

他社のモノマネばかりしている人は、キラーパスを蹴れません。

本人は蹴っているつもりでも、本物からますます離れるだけです。

キラーパスを蹴る秘訣は「なぜ」を突き詰めることだそうです。

「コストが合わない・・・」とか、「技術的に無理・・・」とか、

その理由をもう一度深く考えてみましょう。

ほとんどの場合、あなたの常識が邪魔しているはずです。

「非常識」な視点を持つ!

文昭兄さんに教えられた「非常識」という考え方が、また登場しましたね~

あなたは、「キラーパス」を蹴れますか・・・?

|

« ファンキーモンキーベイビーズの歌声に感涙・・・ ~八工大一の大健闘に拍手~ | トップページ | デザインは人生に変化をもたらすもの ~プレゼンテーションZEN デザインより~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 面白いストーリーを持っている会社は強い! ~ストーリーとしての競争戦略より~:

« ファンキーモンキーベイビーズの歌声に感涙・・・ ~八工大一の大健闘に拍手~ | トップページ | デザインは人生に変化をもたらすもの ~プレゼンテーションZEN デザインより~ »