« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

青森空港到着!

青森空港到着!
炎天下の名古屋から秋雨の青森へ。無事到着しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイバイ名古屋

バイバイ名古屋
只今、名古屋上空です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイテンション!

ハイテンション!
世界一のピッツァを前にハイテンションつむつむ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼飯は世界一のピザ

昼飯は世界一のピザ
世界一のピッツァ職人牧島さんのお店で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋城にて

名古屋城にて
名古屋城は気温37℃無風なり 激暑!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどん
朝食は山本屋総本店の味噌煮込みうどん。黙々と食べる南部藩の浪士たち。めっちゃ旨っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日いべんと!

誕生日いべんと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どらエモン

どらエモン
厨房かっこいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三部スタート

第三部スタート
どらエモン納屋橋店で〜す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懇親会にて

懇親会にて
4人揃って懇親会!撮影は大三村くん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっこいいの美学

かっこいいの美学
際コーポレーションの中島さんと一風堂の河原さんの、かっこいい美学の話は感動でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二部スタート

第二部スタート
ゼットン稲本さん、際コーポレーションの中島さん、てっぺん大嶋さん他豪華メンバーによるディスカッションです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋サミット

居酒屋サミット
東北から笑売繁盛会議!たくさんの拍手をいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋国際会議場

名古屋国際会議場
サミット会場に入りました!全国のサムライが続々集まってきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝食は小倉トースト

朝食は小倉トースト
朝食はモーニング喫茶の名店リヨンで。もちろん小倉トーストセット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涼む大三村

涼む大三村
情緒ある居酒屋前にて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜキャバクラ!

なぜキャバクラ!
エリちゃんで〜す!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

名古屋コーチン

名古屋コーチン
つむつむ名古屋コーチンに感涙す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大三村、手羽先を食らう

大三村、手羽先を食らう
ディナーは世界の山ちゃんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋はお祭り

名古屋はお祭り
今夜、名古屋はお祭りです!テレビ塔前にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼飯は名古屋名物きしめん

昼飯は名古屋名物きしめん
本日のランチは、山本屋総本店のきしめんです!1時間待ちでようやく乾杯!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋空港到着

名古屋空港到着
名古屋殴り込みじゃ!大三村上陸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ、名古屋出陣!

みなさん、おはようございます!

これから、名古屋遠征に出発します!!

本日、名古屋の最高気温は33℃・・・。

今年は八戸も暑かったので全然平気ですよ~

それよりも、全国の暑い奴らに会うのが楽しみです!

名古屋で暴れてきますので、ご期待ください!

名古屋遠征中は携帯電話でブログを更新します。

ツイッターのようなノリでつぶやいていきますので

時々、ブログをチェックしてくださいね~

それでは、いってまいります!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

祝!退院!! 僕たちのそばにいつも桑田佳祐がいた♪

1978年、僕は小学校6年生だった。

ピンクレディが全盛で、8割方の女子が夢中だったと思う。

男子のアイドルは誰だったのだろう・・・?

沢田研二?ちょっと違うなぁ~、西城秀樹?それも違う。

吉田拓郎や井上陽水は、兄貴たちの世代のものだったし、

矢沢永吉が率いるキャロルの存在はまったく知らなかった。

そんなとき、突如として登場したのが、サザンオールスターズだった。

Photo_2

♪~ラララ~ララ~ラ~ 今何時?そうねだいたいね~♪

「勝手にシンドバッド」という曲を初めて聞いたのは

マチャアキが司会をつとめる「紅白歌のベストテン」だったような気がする。

とにかく、度肝を抜かれた・・・、これまでの歌謡曲の枠を超えていた。

12歳のアホガキに、ロックもポップスも存在しない。

あるのは、「この曲、かっこいい~」という、動物的な感覚だけだ。

翌日から、ほとんどの男子は「♪~ラララ~♪」を歌い始めた。

この曲は歌詞が、とてもシンプルで繰り返しが多かった。

12歳の脳みそにはジャストフィットする曲だったのだ。

そのうち、学校中でこの曲を口ずさむ声が聞こえてきた。

休み時間、給食時間、放課後の部活、家への帰り道。

当時のサザンオールスターズの位置づけは、歌手と言うよりも芸人に近かった。

ドリフターズに続く、若手コミックバンドといった扱いを受けていた。

しかし、僕たちは気づいていた。「こいつらイケてる~!」

理由は何もない。とにかくアホかっこいい~と思ったのだ。

カトちゃんも志村も、アホおもしろいけど、アホかっこよくはなかった。

サザンの桑田佳祐は、僕たちの価値観の中に、

初めて「おもろい=かっこいい」の図式を作ったのだった。

ほどなく、「勝手にシンドバッド」は、教育関係者からバッシングを受けた。

意味のないめちゃくちゃな歌詞をまくしたてる歌は、

青少年に悪影響を与えると言うのだ・・・?

アホかっ!そこがかっこいいんじゃねぇ~か!

僕たちは、ますますサザンが大好きになった。

小学校を卒業して、中学生になった。僕たちは思春期を迎えていた。

女子のおっぱいばかり気になっていた。

頭の中の50%が野球で、残り全部はおっぱいだった。

そんな矢先、中学2年生の春だった。

桑田佳祐が渾身のバラードを歌った。「いとしのエリー」という曲だ。

「♪~泣かしたこともある~冷たくしてもなお~♪

僕たちは、この曲を待っていた。そして誰もがこの曲に酔った。

♪~エリ~マイラブ~ソ~スイート~♪

桑田佳祐が、絞り出すような声でサビを歌うとき、僕たちは夢を見た。

「失恋って、悲しかっこいいなぁ~」

誰ともつきあったことがないのに、失恋に憧れてしまっていた・・・。

そっからさきの人生、高校生になったとき、上京したとき、

本当の失恋を経験したとき、結婚して子供が生まれたとき、

おっさんになって、スナックでカラオケを歌うとき。

僕のそばには、いつも桑田佳祐がいた。

10歳年上の桑田さんは、僕たちの兄貴だった。

めっちゃエッチな話を教えてくれる、おもろかっこいい兄貴だったのだ。

だから、桑田さんが、ガンに倒れたというニュースはショックだった。

桑田佳祐に、病気は似合わない。

特にガンは絶対ない。あるとしたら、ある種の性病的なものしかないだろう。

でも、桑田佳祐も生身の人間である。しかも50代半ばの。

先日、桑田佳祐退院のニュースが流れた。

ガンの転移は見つからなかったそうだ。本当に良かった。

桑田佳祐には、まだ歌ってほしい。もっともっと歌ってほしい。

小学校6年生の頃から、ずっとずっと、あなたの曲を聞いていたんだ。

あなたがいなくなったら、僕たちは今後、何を口ずさんでいけばいいんだ?

Photo

昨日、8月25日、桑田佳祐のシングル曲が発売された。

「本当は怖い愛とロマンス」というタイトル。

曲の内容はまだ知らんけど、間違いなくいい曲だろう。

初回限定版の記念グッズが気にいった。

「タマ金バッジ」という、大きめサイズのバッジらしい・・・

やっぱり、あなたは、僕たちの兄貴です。

退院、おめでとうございます!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

速報!名古屋遠征壮行会 ~手羽先と味噌カツに心は躍る~

昨夜の笑売繁盛会議は、お盆明けの急な招集にも関わらず

20名のツワモノどもが集いました。みなさん、お疲れ様でした!

しかも、悪代官による執拗な年貢の取り立てにも嫌な顔ひとつせず、

快く年会費をお納めいただきました。誠にありがとうございます。

会議メンバー諸君の、汗と涙が滲んだ大切なお金を預かった以上、

生き銭として、有効に活用せねばならぬと、気を引き締めている次第です。

まずは、メンバー全員分のネームカードを作成いたします。

次回の会議では、みなさんにお渡しできると思います。お楽しみに!

さて、今回のスピーチテーマは「笑売繁盛会議に期待すること」でした。

自らが自らに期待するというのも、可笑しな話ですが、

そもそも笑売繁盛会議の存在じたいが、可笑しなものですからお許し願いたい。

ともかく、夢を実現するためには、夢を語り合う仲間の存在が必要です。

夢を語り、共感し、応援してくれる仲間たち。それが笑売繁盛会議です。

みなさんが、そこにいるだけで、私の勇気になっているのです。

ありがとう。昨夜を振り返って、また、心からありがとう。

001_2

強くん「たくさん元気をもらいたい!そして互いに成長したい!」

達くん「継続は力なり。一歩一歩前進しましょう!」

003

靖子ちゃん「みんなの応援団になっていきましょう!」

恵ちゃん「同じ目線で話し合える場所であってほしい!」

雅美ちゃん「おいしいお酒をたくさん飲みましょう!」

ありさちゃん「いつも笑顔でがんばっていきたいです!」

004

黒清水「黒清水伝説を作りたい!」

健司くん「八戸を元気にしたい!」

宮崎くん「アドバイスをたくさんもらって、成長したい!」

005

源太くん「プラス思考の人と、もっと出会っていきたい!」

貴志くん「笑顔で一番になりたい!」

007

テル「笑顔で成長し、想いをカタチに変えていきたい!」

ルーキー根市くん「みんなから元気をもらって、夢をかなえたい!」

023

章一くん「つむらさんに名前を覚えてもらいたい!」

024

東山くん「BIGになって、全国に出ましょう!」

029

ツッキー「変なことも含めて、いろいろ学んでいきたい!」

030_2

岡沼さん「ご縁をいかして、笑顔があふれる会にしたい!」

033

大三村「なすがままに~行けと言われれば、どこまで行ってやります!」

035_2

たけちゃん「ここに来ると元気が出る!そんな場所にしたい」

038

つむ「前向きな人生を送るには、前向きな仲間も持つこと。

前向きな仲間をドンドン増やして、日本中に広めたい!」

039

箭内さん「元気をもらい、元気を与え、一人一人が笑顔になれる会にしましょう!」

042

という訳で、最後は恒例の五本締めでお開き。

その後の酒池肉林の様子は、とてもお見せできません。あしからず。

★次回は名古屋遠征の大報告会を開催します!!

手羽先と味噌カツのうみゃ~話もお楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8.23 笑売繁盛会議 概要 ~名古屋遠征 壮行会~

Photo_2

夏の甲子園大会は、沖縄・興南高校の春夏連覇で幕を閉じました。

キャプテンの我如古くんの優勝インタビューが最高でした!

「この優勝旗は興南だけじゃなく、県民が勝ちとったものです」

なんて素晴らしい!なんて健気な!そして、なんて愛らしい言葉でしょう。

18歳の青年にこんなことを言われて、沖縄県民は号泣してるんじゃないでしょうか。

嬉しいよね~!かわいいよね~!涙が出ちゃうよね~!

プロ予備軍のような東海大相模の選手に比べて、

小柄で見るからに普通の高校生といった興南の選手たち。

全国の、特に地方の、高校球児たちに大きな勇気を与えたと思います。

大都市圏じゃなくてもやれるんだ!時代はローカルだよね!

と言う訳で、本州の最北端の青森県も、全国へ打って出なくてはなりません!

笑売繁盛会議はその先駆けとなって、ビュン!ビュン!と飛ばしていきましょう!

●8.23 笑売繁盛会議 「名古屋遠征壮行会」概要

会場:鳳凰シノワ

日時:8月23日(月)19時~

会費:3,500円 (*年会費10,000円は別途徴収)

★スピーチテーマ 「笑売繁盛会議に期待すること」(会発足を迎えて)

★名古屋遠征への意気込み発表(遠征メンバー5名より)

★会議出席者(19名)

竹中裕章

津村柾広

松本光由

岡沼宏和

林源太

小山田祐之

清水聡

河門前強

長根達

中村健司

横手章一

佐々木清津子(代理)

目代靖子

月舘宣文

早川恵

東山一路

宮崎善幸

種市真澄

市村貴志

★三村和良、箭内一三、岩間奈々(ホスト参加)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザインは人生に変化をもたらすもの ~プレゼンテーションZEN デザインより~

デザインの教科書とも言うべき本に出会いました。

「プレゼンテーションZEN」の続編として書かれた「デザイン」という本です。

著者は、ガー・レイノルズ氏。プレゼンテーション・デザインの第一人者です。

レイノルズ氏は日本人の女性と結婚し、現在は関西外大の准教授を務めています。

ちなみに、「プレゼンテーションZEN」の「ZEN」は「禅」のゼン。

レイノルズ氏のデザイン理論は、日本文化からインスパイヤされたものなのです。

五感・五味・五色を駆使した「和食の美学」。

天然素材を使い、熟練の職人により作りだされる「和傘」のシンプルな美。

墨一色の濃淡だけで表現された「墨絵」。その抑制が効いた引き算の美学。

空間という「間」をデザインした「生け花」の想像力。

部分が全体をつくる「床の間」の緊張感。空間の中につくる焦点の美学。

レイノルズ氏は、こういった日本の美学から、プレゼンテーションに活用できる

デザイン原則を学ぶことができると言っています。

この本は元々、プレゼン・ツールのデザイン教本として書かれたものす。

しかし、そのデザインに対する考え方は、様々な人の役に立つでしょう。

デザイナーはもちろん、料理、建築、服飾、教師、美容師などの専門職の方、

コミュニケーションの機会が多い、リーダーや経営者まで、

話したり、作ったり、見せたり、説明したりする、すべての人におすすめです。

Photo

中でも、「デザイナー思考のための14カ条」は、

自分のバイブルとして、ずぅっと身近に置いておきたい金言です。

①制約を受け入れる

完全な自由は仕事を散漫にする。制約こそ創造力を引き延ばしてくれる。

②抑制を心がける

何かを加えることは誰でもできる。デザインの神髄は、省いた要素の中にある。

③限度をわきまえる

どれだけの量を盛り込むべきか?詰め込みたくなる気持ちを抑えよう。

④初心者の心で取り組む

初心者には無限の世界が広がっている。新しい発見は先入観を捨てることから。

⑤エゴを抑える

大切なのは自分ではない。他人にとって一番ためになる形で問題を解決すること。

⑥デザインがもたらす「体験」を重視する

生身の人間があなたのデザインと、どのように触れ合っているかが鍵である。

⑦優れたストーリーテラーになる

重要なのはデザインだけではない。人々の心に残るのは物語なのである。

⑧デコレーションではなく、コミュニケーションについて考える

不要なデコレーションは全てノイズである。

デザインとは、できるだけ無駄なくシンプルに物事を明らかにすること。

⑨ツールではなく、アイデアにこだわる

パワーポイントなどツールは、一過性のものでしかない。

最高のデザインは常に紙と鉛筆から生まれる。

⑩意図を明確にする

デザインに欠かせないのは選択と意図である。

デザインは偶然生まれたものではない。

⑪洞察力や好奇心を高め、身の回りの教訓から学ぶ

物事を観察し、何かに気づく。自分を取り巻く世界にデザインの教訓がある。

⑫できるだけシンプルにいく(ただし単純すぎてもいけない)

シンプルさとは、自明なものを差し引き、意味のあるものを加えることである。

⑬余白を生かす

デザインの良さを際立たせるのは余白である。

それは見る人の視線を誘導し、デザイン上の優先順位をはっきりさせる。

⑭あらゆる法則から学び、いつ、なぜ、その法則を破るべきかを知る

デザインの基本原則は重要であり、それを知ることは有益である。

しかし、デザインの法則は時には破ることが許されている。

いかがでしょうか?

デザインを生業のひとつとしている私にとって、

14カ条の一語一語が、心にズンズン響いてきます。

特に⑧、⑨、⑫、⑬は、アマチュアが陥りやすい戒めだと思います。

飾りすぎないこと。ツールに頼りすぎないこと。

情報を加えすぎないこと、何を引き、何を残すかが重要であること。

そして、余白もデザインの一つの要素であること。

まずは、身の回りから、デザインしてみましょう。

デザインは、あなたの人生に素敵な変化をもたらすはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白いストーリーを持っている会社は強い! ~ストーリーとしての競争戦略より~

お盆休みも終わりましたね。

今日から仕事を再開する人も多いのではないでしょうか?

さて、お盆休み中、ちょっと面白い本を読みました。

楠木建さんの「ストーリーとしての競争戦略」という本です。

楠木さんは、一橋大学の教授で、国際企業戦略研究を専門にしています。

本の内容も充実していて、500ページにも渡る、なかなかの大作でした。

Photo

「戦略の神髄は、思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある。」

というキャッチフレーズのとおり、成功した会社は面白い物語を持っています。

教授の言葉を借りると、「イケてる戦略は面白く、もっと聞いてみたくなります。

知的興奮を覚えるだけでなく、他人事であるにもかかわらず

「その線でやってみようじゃないの!」という気にさせられます。

一方で、イケてない戦略は、からっきし面白くありません。」

確かにそのとおりです。

成功している会社の社長さんの話は、おしなべて面白い!

成功までの紆余曲折の秘話には、「なるほど!」とか「マジッすか?」とか

目から鱗の話や、意外性たっぷりの逆転劇などが盛り込まれています。

物語として成立していて、とても興味深い話になっています。

特に、本の中に登場した「キラーパス」という視点は勉強になりました。

「キラーパス」は、物語における起承転結の「転」に当たります。

キラーパスとは、一見非合理なものです。

業界の常識では、絶対に手を出さない「一手」を選択する戦略です。

例えば、スターバックスコーヒーは食事を出さない。

なぜ、コーヒーを売っているのに、軽食はサービスしないのか?

例えば、サウスウエスト航空は、ニューヨークやシカゴなどの

大きなハブ空港を使用しない。なぜ、乗客が多い空港を使わないのか?

*答えは、本を読んで、自分で納得してください。

優れた戦略ストーリーに共通するのは、「バカな」と思わせる非合理な

要素がありながらも、成功してみると「なるほど」とうなずいてしまうことです。

これを「バカなる理論」と呼ぶそうです。

企業戦略を一口でいうと、「他社と違った良いことをやる」ということです。

ちょっと賢い経営者であれば「良いこと」を見つけるのは簡単です。

また、変わり者の経営者であれば「違ったこと」をやるのは得意技でしょう。

でも、「違っていて良いこと」をやるのは、もはや芸術の域かもしれません。

芸術だからこそ、ストーリーとして素晴らしいのです。

他社のモノマネばかりしている人は、キラーパスを蹴れません。

本人は蹴っているつもりでも、本物からますます離れるだけです。

キラーパスを蹴る秘訣は「なぜ」を突き詰めることだそうです。

「コストが合わない・・・」とか、「技術的に無理・・・」とか、

その理由をもう一度深く考えてみましょう。

ほとんどの場合、あなたの常識が邪魔しているはずです。

「非常識」な視点を持つ!

文昭兄さんに教えられた「非常識」という考え方が、また登場しましたね~

あなたは、「キラーパス」を蹴れますか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンキーモンキーベイビーズの歌声に感涙・・・ ~八工大一の大健闘に拍手~

今年の夏の甲子園大会、テレビ朝日のテーマ曲は、

ファンキーモンキーベイビーズの「あとひとつ」という曲です。

テレビ中継中はCMに切り替わるタイミングで

ジングルとして何度も流れる曲なので、サビだけ、すっかり覚えてちゃいました。

♪~あと一粒の涙で~ ひとことの勇気で~

願いがかなう そのときが来るって~

僕は信じてるから~君もあきらめないでいて~

何度でもこの両手を~あの空へ~♪

Photo

めっちゃ、いい歌詞でしょ。甲子園にピッタリとハマってますよね~。

この曲が流れる度に、八工大一高の大健闘が甦ってきて

なんだか目頭が熱くなっちゃうんですよ・・・

本当に頑張ったよなぁ~工大一高!!

最後までワクワクする野球を見せてくれて、ありがとう!

点差が開いても、全然、気持ちは切れてなかった。

そういう姿勢が、応援している人たち全員に伝わってくるんだよね。

テレビ解説をやっていた、野球名門校の監督さんが言ってました。

「八戸工大一高は、チームとして好感が持てますね~」

プロにいくような凄い選手はいないかもしれないけど、

チームとして、全員が同じ方向を見つめている・・・真っ直ぐな視線がいいよね。

胸を張って帰ってきてほしいです。

キミたちは、決して敗者ではない。

キミたちは、私に勇気を与えてくれた。青森県を元気にしてくれた。

高校野球って、ホントにいいねぇ~!!

●ファンキーモンキーベイビーズ「あとひとつ」から

♪~あと一粒の涙が~ひとことの勇気が~

明日を変える~その時を見たんだ~

なくしかけた光~君が思い出させてくれた

あの日の景色~忘れない~♪

Photo_2

★楽天イーグルスの田中まーくん出演のPVも感涙間違いなしです

http://www.youtube.com/watch?v=Hcyf_ls9BiY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉を変えれば人生が変わる ~言葉のマエストロ 福島正伸に学ぶ~

大嶋啓介さんのメルマガで、「言葉を変えて人生が変わった」という一節がありました。

物事をポジティブにとらえ、マイナスの言葉を使わない。

いわゆる「ピンチはチャンス」的な発想で、言葉を発するということでしょう。

私も若い頃、トラブルやクレームが起こる度に、

大師匠から、「良かったな~ピンチはチャンスだからな!」と言われたものです。

でも、その当時の私には理解できませんでしたね。

「なんでやねん!ピンチはピンチじゃないすか・・・」ってね。

ピンチから、逃げずに立ち向かえば、成長のチャンスになる。

今なら、実感として分かるんですけどねぇ~

まっすぐ立ち向かえば、協力者や理解者が出てきて、

トラブルの震源地も、徐々に収まるものです。

ピンチをチャンスに変えるコツは、逃げないこと、人のせいにしないこと。

困難を乗り越えれば、経験値がつき、度胸がつき、自信が生まれます。

Photo

しかし、困難の渦中にいるときは、自分を見失うものです。

まるで、この世の終わりのような、最悪の気分に陥ったりしますよね。

そんなときに、普段から一生懸命に頑張っているあなたには、

人生の達人から、言葉のギフトが届きます。本当ですよ!

私の場合、若い頃は大師匠から、言葉のギフトをいただきました。

独立してからは、福島正伸さんの言葉に勇気づけられています。

福島正伸さんは、「他人の成功を応援すること」を生きがいにし、

多くの企業経営者からメンターと呼ばれる「言葉のマエストロ」です。

福島正伸さんの名言を、少しだけ紹介します。

●「できるかできないかではなく、やるかやらないか」

●「うまくやるより全力でやる」

●「後悔しない人生とは、挑戦し続けた人生である」

●「常に『勝者』にはなれなくとも、

常に『勇者』でいることはできる」

●「あきらめないかぎり、人生に失敗はない」

●「育てるとは信じ続けること」

●「決意とは、いかなる困難をも受け入れること」

●「本気になるほど本物になる」

●「他人の幸せを考えるほど、自分も幸せになる」

●「出会いは奇跡」

●「まわり道は必要な道」

●「どん底からドラマがはじまる」

どうですか?やる気が出てきましたか?勇気が満ち溢れてきましたか?

今日から、あなたも、使う言葉を変えてみませんか?

愚痴や不平不満や悪口陰口はやめて、感謝の言葉を発してみましょう!

言葉を変えれば、あなたが変わる!

あなたが変われば、家族が変わる!職場が変わる!日本が変わる!

言葉が人生を作る。言葉がハッピーを作る。

★言葉を変える費用→無料

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋遠征に向けて、名刺を作ってみました!

連日の猛暑の中、三社大祭が終わったと思ったら

気がつけば、八月も三分の一が過ぎ、もうすぐお盆が来ちゃいますね。

さて今月末には、「日本居酒屋サミット」出席のため、名古屋遠征に出陣します。

笑売繁盛会議では、この遠征をきっかけに、本格的な組織化を進めました。

まずは、会則を制定し、メンバーを会員化します。

会員からは年会費を徴収し、笑売繁盛会議の様々な活動に運用します。

そして、セミナーやイベントの開催、全国の同志との交流などの活動を通じて、

「笑顔で成長し、笑顔で成功する」という主旨に共感する仲間を増やし、

元気な笑売人の育成に努めていこうと考えています。

そのためにも、私たちの志を記したツールが必要であろうと

笑売繁盛会議のオリジナル・ネームカードを作ってみました!

♯(ジャーン!!)

Photo

Photo_2

名刺(表)には、笑顔の龍馬さんと「自分維新」をシンボリックに配し、

個人名の肩書きはすべて「同志」で統一したいと思います。

各メンバーの携帯電話とメールアドレスは差し替えで記載します。

名刺(裏)は、我々のバイブルとも言える「笑売人十則」を入れます。

これは、名刺交換させていただいた方へのメッセージです。

もし、「笑売人十則」に共感してくれたなら、その人は既に同志です。

ちなみに、日本で名刺が普及したのは幕末維新の頃だそうです。

東奔西走する志士たちが、自らの想いを告げ同志を増やすために

当時では珍しい印刷された名刺を活用したと言われています。

坂本龍馬にいたっては、自分の写真をたくさん焼き増して、

名刺がわりに使っていたそうです。さすが龍馬さんですね!

笑売繁盛会議のネームカードは、メンバー全員分を作成しますので

たくさん名刺交換をして、私たちの「想いと志」を広めてください。

●笑売繁盛会議 【同志一覧】

竹中裕章  Hiroaki Takenaka

松本恵治  Keiji Matsumoto

三村和良  Kazuyoshi Mimura

津村柾広  Masahiro tsumura

川村誠   Makoto Kawamura

松本光由  Teruyoshi Matsumoto

岡沼宏和  Hirokazu Okanuma

箭内一三  Kazumi Yanai

林源太   Genta Hayashi

佐々木淳史 Atsushi Sasaki

小山田祐之 Yuji Oyamada

清水聡   Satoshi Shimizu

佐々木望  Nozomu Sasaki

工藤秀之  Hideyuki Kudou

洞内健   Ken Horanai

大津正寿  Masatoshi Ohtsu

奥瀬英俊  Hidetoshi Okuse

河門前強  Tsuyoshi Kawamonzen

長根達   Tatsuru Nagane

中村健司  Kenji Nakamura

細羽喬   Takashi Hosoba

駒井秀介  Hideyuki Komai

鈴木一生  Issei Suzuki

接待浩之  Hiroyuki Settai

月舘宣文  Nobufumi Tsukidate

佐々木清津子 Setsuko Sasaki

目代靖子  Yasuko Medai

岩間奈々  Nana Iwama

以上28名

●名古屋遠征メンバー

津村柾広

三村和良

岡沼宏和

竹中裕章

月舘宣文

★今回は正規会員にはならず、ビジター会員として

笑売繁盛会議に参加したいという人も多数いました。

もちろんOKです!あなたも大切な仲間の一人です。

これからも、一緒に「笑売繁盛会議」を盛り上げていきましょう!!

★★メンバーのみなさんは、名刺に記載する携帯電話と

メールアドレスをお知らせください。(メールアドレスは希望者のみ)

*携帯メールの方に連絡ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本一へまず1勝! てっぺん目指せ!八工大一

八工大一高が、甲子園で勝ちました!

なんと、夏の甲子園では初勝利だったんですね~!!

前回は98年の夏、現在ソフトバンクホークスのエース杉内投手が率いる

鹿児島実業にノーヒットノーランをくらっての敗戦ですから

12年間の借りを一気に清算したような快勝でした。

Photo

試合内容は本当に素晴らしいものでした。

特に走塁は全国屈指のレベルだと思いますね~

先制の1点は、セーフティバントで出塁し、すぐさま盗塁、

次打者の三振振り逃げの間に3塁を狙い、

捕手の送球が乱れる一瞬の隙をついて、本塁生還という速攻でした。

とにかく失敗を怖れない走塁は、見ていて気持ちがいい!

長谷川監督がいう、「ワクワクするような野球」はしっかり出来ています。

長谷川監督は兵庫県尼崎の出身だそうですね。

あのダウンタウンを生んだ、日本屈指のお笑い聖地で育った人なら

ベンチの中で「すべらない話」を連発して、選手たちを笑わしているのでしょう。

テレビ中継でベンチが映ると、選手たちの笑顔が目立ちますもんね~

余談ですが、長谷川監督は、我が笑売繁盛会議のメンバーである

居酒屋がんこおやじの常連さんらしいです。

また、「てっぺんの本気の朝礼」のDVDを見て、

練習内容に「№1宣言」や「スピーチ訓練」を取り入れているそうです。

昨年秋の遠征では、なんと「てっぺん 桑名店」に立ち寄り

チーム全員で「本気の朝礼」の体験をしたという、本腰の入れようです。

昨年夏、全国の高校野球ファンを釘付けにした

菊池雄星くん率いる花巻東高校も、てっぺんの朝礼を実践していたそうですが、

本当にこの朝礼は効果抜群なんですね~!!

選手ひとりひとりの「本気・元気・やる気」を引き出し、

スーパーハイテンションな状態をつくり、

「強いチームづくり」を実現する、てっぺんの本気の朝礼。

小さな居酒屋が、お客様を元気にしたい、と始めた儀式が

今では、日本中の企業や学校で実践されています。

まさに、大嶋啓介という一人の男の本気が起こしたムーブメントです。

Photo_2

八工大一高は、日本一を目指しています。

決勝は沖縄の興南高校がいいですね。

北と南の、普通の高校生たちが起こす奇跡のドラマを見たいですねぇ~

その前に、2回戦は千葉代表の成田高校です。

成田高校の中川投手は、いずれプロで投げる逸材だと思います。

相手にとって不足はありません!

相手が強ければ強いほど、八工大一高の良さがでるはずです。

失敗を怖れない、積極果敢な新しい青森の野球をやれば大丈夫!

2回戦も、みんなで応援しましょうね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙飛行士の野口さんは、私と同い年だったのか

みなさんはSF映画は好きでしょうか?

SFの中でも、地球ではなく、宇宙を舞台にしたドラマはいかがでしょうか?

絶対アカン!という人がいますよね~

時代設定や、キャラクターデザインなど、ありえないことのオンパレードですから、

どうしても、ついていけないというのは分かる気がします。

意外と私は好きなんです。宇宙もののSF映画。

何しろ、私たちの世代は、幼少期にウルトラマンの絶頂期に当たりました。

私なんか、M78星雲(ウルトラマンの故郷)の存在をずっと信じていましたから。

宇宙ものでいうと、ウルトラマンに続いて登場したのが、「宇宙戦艦ヤマト」。

1974年に始まった「宇宙戦艦ヤマト」は、巨匠・松本零士の作品です。

テレビ放送開始した途端、小学生だった私たちのハートを虜にしてしまいました。

テレビにとどまらず、劇場版は大ヒット連発!主題歌もミリオンセラーになりました。

その後、そろそろアニメを卒業する年代にさしかかった1978年。

小学校6年生だった私は、衝撃的な映像を目撃することになります。

ジョージ・ルーカス監督の超大作「スターウォーズ」です。

さっそく、クラスの情報通の連中は、公開直後に映画館へ駆けつけ、

「スターウォーズ」初体験を済ませてきました。

翌日の彼らは、休み時間の英雄となり、「スターウォーズ話」に花を咲かせました。

当時の私は「スターウォーズ?そんなに凄ぇのか?」と半信半疑でしたが、

持ち前の負けん気魂を発揮して、翌週には友人Mを誘って映画館に行きました。

ドギモを抜かれましたね!!映像のリアル感がこれまでとまったく違う!

ウルトラマンなんかの見え見えの合成画像じゃないんです。

映画のスクリーンのはじからはじまで、本物の宇宙があるんです。

その日以来、私は「スターウォーズ」の大ファンになりました。

2005年、シリーズ最終作となる「エピソード3」のときは

40歳のオッサンになっていましたが、小学生の息子を誘っていきました。

実に、20年近い時間を経て、少年時代の夢の続きを観た訳です。

Photo

私たち1965年生まれは、宇宙世代なのかもしれません。

大人になったら、普通に宇宙旅行に行けると思っていたし、

宇宙人の友だちも、最低でも2~3人はいるだろうと思っていました。

そんな世代を代表し夢を実現させた人が、宇宙飛行士の野口聡一さんです。

野口さんは、1965年の横浜生まれ。

間違いなく「ウルトラマン→宇宙戦艦ヤマト→スターウォーズ」世代です。

野口さんが書いた「オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった」という本を読むと

彼が本当に普通の人物であることが分かります。

明るく快活で、野球が大好きだった少年は、宇宙飛行士に憧れます。

ここまでなら、何十万人という少年と何も変わりません。

しかし、彼は大学受験の際に決意します。

「宇宙飛行士になるためには、どの大学へ進めばいいでしょうか?」

このセリフは、最高にかっこいいですよね!!

私なんか、高校生になった時分には、宇宙旅行や宇宙人は

休み時間の笑いネタにしかなっていませんでしたからね・・・。

その後、野口さんは大企業の就職し、技術者と大活躍します。

でも、夢はあきらめていなかった。

1996年、見事、倍率572倍という超難関を突破して、

宇宙飛行士候補者に選抜されます。

2003年には、念願の初宇宙を目前にして、スペースシャトルの

空中分解事故が起こり、打ち上げは延期になりました。

でも、野口さんは、絶対あきらめない。

とうとう2005年に、NASAのスペースシャトル「ディスカバリー号」に乗り込み、

ずっと行きたかった宇宙へ旅立ちました。

以下、初めて宇宙から地球をみたときの野口さんの言葉です。

●「そこにぼくが見たものは生きている地球。地球そのものだ。

眩いばかりに生命の光を放つ地球。瑞々しく息づいている。

地球は生きている、と直感的に感じる。そのリアリティが、ぼくを圧倒する。

地球っていうのは、見飽きることがないんだよ。キミも宇宙に行けばわかる。」

Photo_2

地球を見た人は、みんな人生観が変わるといいます。

暗黒の宇宙で、唯一、生命の息吹を放つ奇跡の星。

きっと、スターウォーズよりもリアリティがある美しい存在なんでしょうね。

ああ、いつになったら、宇宙に行けるのだろうか・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

なぜキミはアホになれないのか? ~人たらしの達人から学ぶ~

さっそくですが、文昭兄さんの「非常識力」という本を読みました。

文昭さんが言う「人間力」って、実は「非常識力」のことかもしれません。

そして、「非常識力」とは、何を隠そう「アホアホパワー」に違いありません。

本の冒頭にこのように書かれていました。

●「常識にとらわれて生きているそこのあなた!

自分の人生を自分の手元に取り戻そう。

こんなことをやったらアホに思われるんじゃないか・・・

なんて発想はやめて、アホになってみよう。

非常識力を発揮して、パワーをふりまいて歩こう。

その時きっと、世の中の見え方が変わるはず。

Photo

私たちは生まれてからず~っと、

「アホだけにはならにように!」と、願いを込めて育てられました。

お父さんも、お母さんも、先生も、監督も、社長も、

あなたのことを、「アホ」呼ばわりされないように、

一生懸命に育て、教え、導いてきたはずです。

賢くなくていいから・・・せめて「アホな子」と言われないように、

それが、子を持つ親の本当の気持ちでしょう。

しかし、その教育方針は間違っていました。

Blg_100

アホじゃない子って、どんな人でしょうか?

アホの反対語は天才ではありません。

アホの反対は「常識人」です。

そして、常識人のルールは世間体です。

とりあえず、世間体から外れていなければ良し。

だいたい、みんなと同じなら、OKという生き方を選ぶ人たちです。

そんな人たちに、何かを成し遂げることが出来るでしょうか?

坂本竜馬はアホですか?常識人ですか?

西郷隆盛はどうですか?本田宗一郎はどっちですか?

エジソンは?リンカーンは?中村文昭は?

下記は、文昭さんの親友で、日本で一番「アホかっこいい大人」と言われる

てんつくマンのことを評した言葉です。

●目の前の自分のコップに水をそそぎいれ、

あふれる水は他人のために渡せると思っていたのが自分(文昭さん)。

たった四分の一しか入っていない水も、

人のためにコップを傾けて施しているのがてんつくマン。

私は、この一節を読んだ時、クラクラきましたよ・・・。

あなたはできますか?少しの水を他人のために施せますか?

儲かって余ったお金を、寄付や募金するのが普通でしょう。

そうじゃなくて、自分じゃなくて、自分より困っている人を優先できますか・・・。

私は、まだ、本物のアホにはなっていません。

どうしても我が身がかわいい。自分が先に得をしたいと思っちゃう。

笑売繁盛会議の「笑売人十則」の七項目には、このように記されています。

●「アホになろう。こりないアホ、あきらめないアホ、失敗を怖れないアホになろう」

本物のアホになるためには、古い自分を捨てないといけません。

古い自分とは、世間体を気にする自分です。

他人の評価ばかりを気にしている自分です。

そんな、ちっちゃい自分は捨ててしまいましょう!

己の小欲を捨て、大志を立て、でっかく生きていこうじゃありませんか!

そっちのほうが、モテますよ!!絶対モテちゃいますよ~!!

異性からも、同性からも、モテモテの「アホかっこいい大人」になりましょう!!

★耕せにっぽんプロジェクト

私は「耕援隊」に登録しました!!あなたもぜひ応援してください!

http://tagayase.com/

★★ダイエット報告

単月 マイナス0.4kg

累計 マイナス23kg

東京マラソンにエントリーしました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »