« 朝練ダイエット | トップページ | »

馬場俊英

今から5年前のことです。

真冬の日曜日、私は家族を乗せて車を運転していました。

外は氷点下に近く、粉雪が舞う日でした。

そんなとき、カーラジオから、初めて聞く歌声が飛び込んできました。

売れないシンガーソングライターが最後の勝負を賭けた曲でした。

その曲「BOYS ON THE RUN」は、私の心を一瞬で奪いました。

涙がこぼれてきました。家族に気づかれないよう静かに泣きました。

当時、独立開業して少し経った頃でした。

今のように、笑売繁盛会議メンバーとの親交も深くなく、

孤独感と不安の中で、もがいていたのかもしれません。

そのラジオ番組の中で、もう1曲紹介されました。

「人生という名の列車」という曲でした。10分以上にも及ぶ長い曲です。

歌詞の内容から、そのミュージシャンが同世代だということが解りました。

ミュージシャンは知らない名前でした。

ただ、コブクロがその曲をカバーしていると言っていました。

数日後、TSUTAYAでコブクロのCDを探しました。

見つけました。馬場俊英というミュージシャンでした。

何度聴いても、いい曲でした。聴くたびに目頭が熱くなりました。

2年後、「スタートライン」という曲で、馬場俊英が大ブレイクしました。

♪~もうだめさ~、これ以上は前に進めない

そんな日が、誰にだってある~♪で、お馴染みのあの曲です。

缶コーヒーのCMソングになって、暮れの紅白歌合戦にまで出場しました。

平成大不況のさなか、リストラ世代の応援歌として、

時代の気分にマッチし、最高のタイミングで出た、馬場俊英渾身の一曲でした。

彼自身がレコード会社からリストラされ、自主レーベルで頑張った人です。

紅白の出場が決まったとき、インタビューに答えて

「もう、これで母親から「就職しろ」と言われなくなるかも・・・」と笑わせました。

「BOYS ON THE RUN」の中で、曲の主人公が、

自分とギターを信じて歌い続け、最後に逆転ホームランを打ちます。

まさしく、馬場俊英の人生を投影させるものでした。

Photo_2

★7月1日、馬場くんのニューアルバムが発売されました。

全然知らなくて、埼玉に住んでいる同級生に教えてもらいました。

私の同級生には、馬場俊英ファンが多いんです。

アルバムタイトルは「延長戦を続ける大人たちへ」です。

そうです!まだ試合は終わっていない!延長戦なんですよね!

40代50代は、人生の延長戦かもしれません。

粘って粘って、夢は絶対あきらめないぞ~!!

★★馬場くんの曲は、優しさにあふれています。

そして、人を勇気づけます。ぜひお薦めするミュージシャンです。

 

|

« 朝練ダイエット | トップページ | »

コメント

心に響く曲ですか。

私は、その気分によって聴く曲があります。


目覚まし曲
「君が代」
日本国歌

胸に手を当てて起きますよ〜。


大三村、大メインテーマ曲
「さすらい」
奥田民生

大三村、ドライブシーン
「桜の花、舞い上がる道を」
エレファントカシマシ

大三村、休日の朝のテーマ
「少年」
mr.children

大三村、二日酔いのテーマ
「ガストロンジャー」
エレファントカシマシ

大三村、休日昼食シーン
「すばらしい日々」
ユニコーン

大三村、デートシーン
「サムライソウル」
ウルフルズ

大三村、夜の街へ
「ツイスト&シャウト」
ビートルズ

大三村、男になる
「夜霧よ今夜もありがとう」
石原裕次郎


響きますよ〜。

あっそういえば、昨晩「Dンファン」に「響」入れましたよ〜えぇ〜えぇ〜。

投稿: 直三村 | 2009年7月 9日 (木) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128066/30385658

この記事へのトラックバック一覧です: 馬場俊英:

« 朝練ダイエット | トップページ | »