« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

言いまつがい (新潮文庫)

買ったきっかけ:
ほぼ日刊イトイ新聞のファンだから

感想:
抱腹絶倒!言ったほうは恥ずかしいけど、聞いた方は、一日中ハッピーになれます

おすすめポイント:
何度、読み返しても笑います
一家に一冊常備してほしい本です

言いまつがい (新潮文庫)

著者:糸井 重里,ほぼ日刊イトイ新聞

言いまつがい (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~、かんつがい

昨日の「すべらない話」、オモロかったですな~

特に、ほっしゃんの「ガス代」は、最高でしたね!

ほっしゃんが、夜中に酔っ払って書いたメモ「ガス代、忘れない」が

翌朝、嫁はんに見られて、「ガスヨって、どこの女よ~!」って!

「ガスヨ」って、どこの国の女やねん!

皆さん、気をつけましょうね~、ガス代はちゃんと払いましょうね~

私にも、こんな言い間違い、聞き間違い、勘違いの経験があります。

当時、私は広告会社の営業マンでした。

その頃、取り組んでいた仕事に、某スーパーマーケットの

「アメリカンフードフェア」というイベントがありました。

アメリカ大使館が窓口になり、全米各地の農産物協会が参加するものでした。

そんな経緯から、連日、様々な団体から電話がきました。

例えば、「全米牛肉協会」や「フロリダ柑橘類普及協会」などなど、

普段の業務では、耳慣れない社名のオンパレードでした。

そんなある日、デスクをやっていた女性が言いました。

「津村さん、『じゃがいもジャパン』から電話です!」

「ええッ!『じゃがいもジャパン』って?」

「ええ、『じゃがいもジャパン』の○○さんです」

さすが、アメリカは凄い!『じゃがいもジャパン』って、センスが違う!

私は、おそるおそる電話を取りました。

「もしもし、『ジャンナム・ジャパン』の○○です」

『ジャンナム・ジャパン」っかぁ~!!!

*ジャンナム・ジャパンは、テレビ番組やコマーシャルを製作する、業界では有名な会社です

デスクの女性は、真っ赤になって下を向いていました。

天下の「ジャンナム・ジャパン」の株を一気に急降下させる大技です。

『じゃがいもジャパン』って!!

どんな「じゃがいも」の日本代表やねん!強さより「うまさ」を優先したチームか!

Photo

もう一つあります。

私の母親の名前は「さえ」と言いました。

「さえ」です。まぁ、一般的な名前ですよね。

ところが、母親が生まれた時に、役所に出生届けをしにいった祖父さん。

字もろくに書けない人でしたから、口伝えで役所の職員に言いました。

「おらほの娘の名前だんども、『サイ』で決めだすけ!」

「はぁ~、『サイ』ちゃんが、ちょっと変わってらけど、めんごい名前だなぁ~」

待てぇ~!役所の職員さん、そこは待とうやぁ~!

祖父さん、訛ってます。100%訛ってますから!

しかし、それ以来、戸籍にはしっかり『サイ』と記されています。

だから、私は『サイ』の子供です。

アフリカや東南アジアに生息するはずの『サイ』が、日本にもいたんですよ~

いやぁ~、小学生のとき、自分の母親の名前を言うのが嫌だったなぁ・・・

「お前の母さん、サイか?」って!

そうじゃい!俺は「サイ」の子供じゃい!

お母さん、生んでくれてありがとう!

★皆さんの、言い間違い・聞き間違い・勘違いの話を募集します!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

少年時代

「放送室」という深夜のラジオ番組をご存知でしょうか?

ダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖の

同級生二人が爆笑トークを繰り広げる番組です。

その番組が、今年の4月で打ち切りなってしまいました。

毎週土曜深夜2時のFMラジオを、まるで中学生のように

楽しみにしていた私にとっては、とても残念な話でした。

某おいらせ町のラーメンHの店主は、毎回この放送を録音し

コレクションするという熱の入れようでした・・・彼の落胆も大きかったでしょう。

Photo

2001年の10月から放送を開始し、2009年3月まで続いた「放送室」ですが、

第1回から第100回までの放送はCD化されました。

今聴いても、お笑い鮮度は高く、爆笑の連続です。

特に、松本と高須の少年時代の話は秀逸なものが多いですね~

彼らは兵庫県尼崎市の小学校からの同級生です。

知ってると思いますが、ダウンタウンの浜田雅功も同級生です。

この三人に加えて、当時の松本とお笑いコンビを組んでいた伊東くん。

番長格の和田君(わんちゃん)、電気屋の藤井君と、

超貧乏な森岡君と、物凄いキャラが揃っていました。

松ちゃんは当時を振り返って、あの小中学校時代のお笑いレベルは

全国ナンバー1だったと言っています。そのぐらいオモロかったんですね。

この当時の話は、時々「すべらない話」のネタとしても登場しますね。

少年時代の松ちゃんは、今の天才ぶりを予感させるセンスを発揮します。

伊東君、森岡君と組んだお笑いトリオ「コマ第三支部」は

小学生とは思えない笑いの完成度を持っていました。

高須君も当時から、構成作家的な裏方を務めていました。

浜ちゃん?浜ちゃんは酷いですよ~

当時から完全に「ドS」で、森岡君などを徹底的にイジめていたようです。

常に「火」を武器として持ち歩くような小学生って!怖いですよ~

「放送室」のCDを100枚買うと、特典DVDがもらえます。

そのDVDの中には、松本&高須の同級生を武道館に集めた

スペシャルイベントの模様が収録されています。

もちろん、浜ちゃんも登場します。

*ちなみに100枚買ったのは、え~え~そうです。おいらせ町のDMらさんです。

しかしながら、少年時代の仲間というのは良いものですね~

純粋に笑って、純粋にケンカして、同じ思い出を共有して・・・

私も40歳を過ぎてから、悪友どもに会う機会が増えました。

私たちの中にも、浜田みたいのがいて、高須みたいのがいて、

藤井や和田や森岡みたいのがいましたね~。松本はちょっといないけどね。

私の少年時代は、やっぱり浜田派ですね~

火は持ち歩いてなかったですけど、傍若無人で怖いもの知らずでしたから。

それから、イベントを企画するのが好きでしたね~

ちょっとしたアトラクション(コントのような劇のようなもの)の

台本も書いたりしてましたね。

結局、今も似たようなことをやっていますから、

人は基本的に変わらないものなのかもしれませんね・・・

皆さんはどうでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

おっさんの挫折

このブログでも何度か紹介してきた、40歳のメジャーリーガー

ニューヨークメッツの高橋建投手がマイナーに降格しました。

成績はすべてリリーフで15試合に登板し、防御率3.00。

防御率3.00は立派な成績ですよ。

建さんは、決して打たれてマイナーに落ちたわけじゃないんです。

同じようにメジャーリーグ登録から外れた松坂大輔投手は

1勝5敗、防御率8.23と散々な成績でしたから、建さんの大健闘は光ります。

先日行われた、ヤンキースとのニューヨーク対決では

松井秀喜選手を三振に取るなど、いいピッチングを見せてくれました。

しかも、建さんはマイナー降格をプラス思考でとらえています。

「マイナーに行けば、先発をやれるかもしれないし、たくさん投げられる。」

マイナーで活躍して、再びメジャーに帰ってきたい。

そして、日本人最年長のメジャー1勝を成し遂げたい。

それが、建さんの新たな目標です。

がんばれ!おっさんメジャーリーガー高橋建投手!

Photo_2

挫折とは何でしょうか?

挫折とは「志の高さ」の裏返しではないでしょうか。

志(目標)が低ければ、そもそも挫折なんてないですよね~

大きな夢や目標があるから、挫折が訪れてくるのです。

もし、高橋建投手がメジャーリーグに挑戦しなければ、

マイナーに落っこちるという挫折を味わう必要はなかったでしょう。

40歳という年齢で、若いマイナーリーガーと同じグランドに立つって、

キツイでしょうね~、バカバカしく思うかもしれませんよね・・・

でも、建さんはその境遇を「楽しみ」に変えています。

●「苦楽力」。西田文郎先生が作った造語です。

「逆境や苦しい環境に置かれても、その苦しみを苦しみと考えず、

むしろそれをワクワク楽しんでしまいエネルギーに変える能力」

それが「苦楽力」です。

●「夢をもって生きる人は、必ず逆境に出会う」(喜多川泰さんの言葉)

「苦」と「楽」。人生には、「苦」のほうがちょっとだけ多く入っているそうです。

だからこそ、プラス思考で「苦」を「楽しむ」ことが大切なんですね~

もし今、挫折感を感じている人がいるのなら、

「苦楽力」という言葉をかみしてめてみてください。

大丈夫!苦しみのあとには楽しみが待っていますから!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最後のヒット

負けました。3対0の完敗でした。

相手チームは走行守に鍛えられた良いチームでした。

うちのチームは1年生のスーパールーキーが先発。

強力打線を3点に抑えたのだから、立派なものです。

うちの息子は、この日も不調。

初回ワンアウト2、3塁のチャンスで、またもや三振!!

応援席の親としては、いたたまれない気持ちでいっぱいでした。

Photo

最終回、最後の打席が回ってきました。

ここで出ましたよ!執念のセンター前ヒット!!

先頭バッターとして、反撃ののろしをあげる良いヒットでした。

このヒットは、誰かが打たせてくれた気がします。

ご先祖様なのか・・・?守護霊なのか・・・?

私は、仲間たちの声援が打たせてくれたと思うのです。

みんなの気持ちがバットにのりうつって、ヒットが出たんだと思います。

Photo_2

試合終了後、円陣を組んで最後のミーティングをしていました。

監督やコーチの言葉に、号泣する選手たち。

遠巻きに見ていた私たちには、話の内容は聞こえませんでしたが、

きっと、そのときの言葉は一生忘れられないものになるでしょう。

同じ目標に向かって、みんな一緒に全力を尽くすという経験。

ときには敗北し、悔し涙を流すという経験。

すべてが人生の糧になるはずです。

Photo_3

●「敗北を乗り越えて、男は強くなる。」

野球人・星野仙一さんの言葉です。

15歳は、人生の助走段階です。

大きく飛び立つために、もっともっと全力で走ってほしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大金星!

やれば出来るってホントですね!

一つの目標にチームが一丸となれば不可能はないんです!

勝ちましたよ!3対1で、うちのチームが勝ちましたよ!

大会№1投手を破って、2回戦進出です。

たった1本のヒットしか打てませんでした・・・

ところが、そのヒットがツーアウト満塁で飛び出しました。

打ったのは守備的な子で、ちょっと地味めな3年生です。

でも、いつも一生懸命に全力プレーをしていました。

神様が見ていてくれたんでしょう。彼が今日のヒーローです。

011

うちの子?

4番で出場しましたが・・・3打席連続三振です!

負けていたら、地元に帰れなかったですよ、マジで。

2、3日前から、極度なスランプに陥って、

どんなアドバイスをしても効果がありませんでした。

そこで方向を変えてみました。

今朝、出発前の父から子への一言です。

「自分が打つとか、自分が活躍するとか、そんなことは考えるな。

チームために、勝利のために、全力でプレーしてこい!」

フォア・ザ・チームでプレーすること。それだけを約束しました。

だから、今日はまったく活躍できなかったけどOKなんです。

明日も同じ気持ちで、チームのために全力でプレーしてほしいです。

明日も勝ちますように。

004

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8000人の入場行進

本日、八戸市中学生体育大会が開幕しました。

8000人の中学生が集まった入場行進は壮観でしたよ。

これから、野球の試合が始まります。

応援に行ってきます!

結果は後ほどブログで!!

Photo

Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

考え・書き・話す3つの魔法

買ったきっかけ:
3という数字が好きだから

感想:
3つにすると分かりやすい。何でも3つで考えたいと思います。

おすすめポイント:
頭を整理整頓したい人にはおすすめです!

考え・書き・話す3つの魔法

著者:野口 吉昭

考え・書き・話す3つの魔法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3番

私はサードプロデュースという屋号で商売をしています。

名刺交換などすると、良く尋ねられる質問があります。

「なんでサードなの?1番じゃなくていいの?」

なるほど、一般的にビジネスでは「1番」が好まれますよね~

「ファースト○○」とか「第一○○」など、そういう社名は確かに多いですね。

私の答えは、「野球をやっていて、ポジションがサードだったもので・・・」

なんてお茶を濁していますが、実は「3」という数字に魅かれる理由があるのです。

●「第三世代」(サードジェネレーション):新しい時代(リーダー)

●「第三の波」(サードウエーブ):新しい潮流(トレンド)

●「第三世界」(サードワールド):新しい世界(発展中の国)

「3」がつく言葉は、新しい時代の到来を意味するものが多いように思います。

なぜか「2」ではなく「3」なんです。

「2」は「1」の継承で、「3」になって飛躍する。「3」で跳ねるんです、きっと。

Photo

3番好きの私にとって、ちょっと見逃せない本を見つけました。

コンサルタントの「野口吉昭」さんが著わした

「考え・書き・話す3つの魔法」というビジネス本です。

ビジネスのあらゆるシーンで「3」という魔法を使えばうまくいく、という話です。

例えば、アメリカのオバマ大統領の「YES,WE CAN」

3つの言葉で出来ているフレーズは、シンプルでわかりやすく

思いを明確に伝えることができるそうです。

牛丼の吉野家の「うまい!早い!安い!」も、同じ構成です。

ビジネスマナーの大原則は、「報告・連絡・相談」です。

ものごとの成長過程は、「ホップ!ステップ!ジャンプ!」。

飲食店のメニューでも、「松竹梅」はとても選びやすいですよね。

「松」と「梅」だけだと、選ぶのに苦労します。

レストランの格付けで有名なミシュランも「料理・内装・サービス」で評価しています。

軍隊の緊急連絡は「結論→理由→経過」の順で報告されるそうです。

何でも「3つ」に分けると、頭が整理されるんですね~

文章では「起承転結」の4段階で構成すると言われますが、

ビジネス文書では、3段論法がもっとも適してします。

「結論」から書き、次にその「根拠(理由)」を表し、最後に根拠の元となる

事実関係を提示すると、簡潔で分かりやすい文章になります。

スピーチやプレゼンテーションが苦手な人は、

内容が抽象的で、話が長く、結論が見えないという傾向があります。

そんな人は、特に「3」という魔法を使ってみるといいと思います。

問題点を3つにしぼる。

3つの問題点に解決策を3つ提案。

さらに、それぞれ3つの事例がつけば完璧な企画書になります。

★問題が山積みで、頭が混乱しているあなた!

ぜひ、「3」(サード)のパワーを活用してください!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本を救う!! 当たり前基準

買ったきっかけ:
遠藤さんの講演会に参加して感銘を受けたから

感想:
当たり前基準をしっかりやって、今後は生きていきたいです

おすすめポイント:
当たり前基準十カ条は、ぜひ子供たちに教えてほしいです

日本を救う!! 当たり前基準

日本を救う!! 当たり前基準

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気スイッチ

「やる気を出せ!」は禁句ですよ。

昨日行われた「遠藤友彦」さんの講演会での一言です。

「やる気」は、人から言われて出るものではありません。

「やる気」は、自分の心の中から、勝手に湧き出るものだそうです。

私は自分の子供に、週3回以上言ってますよ。「やる気を出せ!」って。

言って出るもんじゃないんだろうけど、言っちゃいますね・・・。

部活動の最後の大会も間近に迫り、「悔いを残すな!やる気を出せ!」

一向に上がらない成績に、「勉強しろ!やる気を出せ!」

週3回以上、叱咤激励しても効果なしです。

「やる気のスイッチ」は、「やる気を出せ!」という言葉と関係ないんですね~。

遠藤さん曰く、「やる気スイッチ」は、目標と目的の設定にあるとのこと。

●いつ、どこまでいきたいのか?(どうなりたいのか?)

●それは、何のためにやるのか?

この2つの質問に、はっきり答えられればOK!

「やる気」は無尽蔵に湧き出てきます。

「やる気」が出れば、実現させるためのアイデアが閃きます。

アイデアが出たら、行動あるのみです。

自分を信じて、「出来ると思ってやる」だけです。

そうすれば、結果はおのずとついてくるのです。

遠藤さんは、こうやって多くの人の心に火を灯してきたそうです。

先日、メジャーリーグからドラフト指名された駒大苫小牧高校出身の

「鷲谷修也」選手も、遠藤さんの指導を受けながら、

メジャーリーガーになるという夢の階段を登り始めました。

「やる気」というのは無限大のパワーを持っているんですね~。

同じ技量を持っていたとしても、やる気があるヤツとないヤツでは、

何年後かに大きな差が開くでしょう。

また、弱者が強者に勝つためには、

技術ではなくメンタル面のパワーを活用するしかありません。

うちの息子の最後の大会。1回戦の相手は大会№1投手がいるチームです。

技術では比べ物にならない・・・。

いかに、勝てると信じてプレーできるか。メンタル面で勝負するしかありません。

今日からでも遅くはないので、「やる気」のスイッチを入れてみようと思います。

Photo

★遠藤友彦さんの「当り前基準 十カ条」

1.自分から挨拶してますか?

2.「ありがとう」って言えますか?

3.素直に「ごめんなさい」って言えますか?

4.時間を守れますか?

5.人の話を聞けますか?

6.人を褒めてあげれますか?

7.思いやりをもって人と接していますか?

8.目の前のゴミを拾えますか?

9.整理整頓出来ていますか?

10.あなたは夢を持っていますか?

以上の10項目をしっかり出来れば、あなたの心は安定し、

目標に向かって行動する準備が整うそうです。

毎日、チェックして行動すれば、

数年後にミラクルが待っているかもしれませんよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すべてのレスラーに愛をこめて

プロレスラー三沢光晴が死んだ!

試合中に頭を強打して、意識不明に陥り、そのまま帰らぬ人となったらしい。

信じられない・・・ウソだろ!三沢は強ぇ~んだぞ!!

天龍源一郎のグーパンチや、小橋健太の逆水平をまともに受けても

絶対倒れない男、それが三沢光晴だ。

三沢選手は、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田の流れをくむ王道プロレスを継承。

プロレスリング「ノア」という新団体を設立し、以後、安定した人気を定着させ、

同団体の社長も務める格闘技界の重鎮だった。

その屈指の強さを誇った三沢選手が46歳の若さであっけなく逝った。

バックドロップという、後頭部から投げられる大技をまともに受けたそうだ。

リング上で失神し、心肺蘇生を受けたが、意識が戻らず。

病院へ運ばれたあと、死亡が確認された・・・。

三沢光晴はリング上で死んだ。それはレスラーの本懐なのかもしれない。

Photo

私は小学校低学年からの、筋金入りのプロレスファンだ。

裏番組だったドリフターズの「8時だよ全員集合」の誘惑を断ち切り、

プロレスに人生を捧げてきた。カトちゃんより馬場さんを選んだ男だ。

「プロレスって、ホントは痛くねぇ~んだべ?」

「なしてロープに投げられて返ってくるの?」

「猪木が勝つって決まってんだべ~?」

私は43年間の人生において、このような意地悪な質問にさらされ続けてきた。

今、もう一度、その質問に答えよう。

プロレスの技は、本当に痛い!

その技に耐えうるために、レスラーは凄まじいトレーニングを積む。

ロープに投げられて返ってくる?当たり前だ、お前が投げられてみろ!

猪木が勝つ。馬場も勝つ。鶴田が吠える。そうだそれがプロレスだ。

鍛え抜いた男たちが、大怪我と隣り合わせの中で、

格闘技をドラマチックに魅せる技術がプロレスの真髄なのだ。

男性のDNAの中には、古来から受け継がれた「闘い」の遺伝子が入っている。

それは、弱き者(女性と子供)を外敵から守るために与えられた能力だ。

そして、「闘い」の遺伝子は、最強を求める。

どの男が一番強いんだ?これが男という種族の不変のテーマだ。

だから、男達は格闘家を本気でリスペクトできる。

彼らを敬い、愛し、そして自らの人生を投影させ、夢を馳せる。

三沢光晴は、本当に強いレスラーだった。

三沢のエルボーは、金属バットで殴った威力に匹敵した。

もう、あのふてぶてしいほどの強さは見れない。

残念だ・・・。

闘う男の宿命なのだろう。精一杯闘い、力尽き、最後は倒れる。

すべてのレスラーと、闘い生きる男どもにエールを贈ろう!

男として生まれた以上、逃げられないことがある。

俺達は最後まで闘う義務がある。

もし、敗れることがあったとしても、それは不名誉なことではない。

倒れるまで、闘うこと。それが男だよね、三沢さん。

★三沢光晴選手のご冥福をお祈りします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本調子II プロは逆境でこそ笑う 成功への糸口が見つかる思考法

買ったきっかけ:
5人の著者の本に感動したから

感想:
逆境を楽しむ。生きる極意ですね〜

おすすめポイント:
こんな時代だから、逆境の生き方を学ぶチャンスです

本調子II プロは逆境でこそ笑う 成功への糸口が見つかる思考法

著者:清水 克衛,西田 文郎,喜多川 泰,出路 雅明,植松 努

本調子II プロは逆境でこそ笑う 成功への糸口が見つかる思考法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆境上等!

「ほとんどすべての人は、もうこれ以上アイデアを考えるのは

不可能だという所まで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。

いよいよこれからだというのに。」 トーマス・エジソンの言葉です。

人間力は、逆境のときこそ真価を発揮し、

本当に強い人は、逆境のときに頭角を現すものです。

さて、そんな逆境に立ち向かう術を授けてくれる、凄い本が出ました。

5人のメンタル・マイスターの共著による「プロは逆境でこそ笑う」という本です。

「読書のすすめ」という書店を経営し、ベストセラー作家でもある「清水克衛」さん。

メンタルトレーナーのカリスマ、大嶋啓介さんの師匠でもある「西田文郎」先生。

笑顔と優しさ、挑戦する勇気を育てる塾「聡明舎」の若き創業者「喜多川泰」さん。

「ちょっとアホ理論」の著者。年商50億円の古着ショップ経営者「出路雅明」さん。

北海道でロケット開発に取り組み成功したカムイ式ロケットの「植松努」さん。

それぞれが、その道のプロであり、オピニオンリーダーです。

「逆境」という一つのテーマに、この5人の知恵者のエキスが注がれています。

●生きるって壁があって当たり前。逆境のときこそ「楽しむ」べきだ。(清水)

●99%の人がダメだと思っているのに、1%の人だけが出来ると思っている。

1%の人が「アホ脳」の持ち主。アホ脳=逆境を楽しむ脳=成功脳。(西田)

●本気ですれば大抵のことができる。本気ですれば何でも面白い。

本気でしていると誰かが助けてくれる。本気で働いている人は幸せだ。(西田)

●成功したいなら、誰よりもたくさん挑戦を続けること。(喜多川)

●思うようにいかない出来事は、自分の人生をより感動的にする道具。(喜多川)

●夢を持って生きる人は必ず逆境に出会う。夢がない人に逆境はない。(喜多川)

●「どれだけやりきったか?」

開き直ってスッキリすると、逆境に立ち向かう強さが得られる。(出路)

●人に対しても、逆境に対しても、「すべて自分から」という姿勢で取り組む(出路)

●不景気はチャンス。学ぶためには時間が必要。

その時間を与えてくれるのが不景気です。(植松)

●人から必要とされるためには「個性」と「能力」が必要です。

「個性と能力」はやったことがないことをやったときに身につくんです。(植松)

●正直泣きたい日もあります。「それでも笑っていよう」と言い聞かせて過ごす。

強さと優しさを身に付けた人生のプロは、逆境でこそ笑うのです。(清水)

Photo

*写真は渋谷てっぺんの壁面です。スタッフの「夢」寄せ書きです。

★笑売繁盛会議の諸君!

喧嘩上等ならぬ、逆境上等の精神で、今日もフルスロットルで行こうじゃないか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅姿三人男

昨年秋以来、久々の東京出張でした。

梅雨入り前の快晴を期待していましたが、あいにくの曇り空。

八戸とそれほど変わらない気温でしたね~。

さて、今回の出張は、オモローなメンバーと一緒に行ってきました。

一人目は、箭内さんです。

箭内さんは、東京近辺の関係各位への、閉店あいさつ回りをかねながら、

新しいスタートを切るための情報収集が主目的です。

二人目は、大三村さん。

大三村さんの場合は、大した目的もなく、ただ単に遊びに行った感じです。

というのは冗談で、満5年目を迎えた「ラーメン鳳凰」のさらなる飛躍と

新たな事業展開のため、繁盛店リサーチを目的とした東京出張です。

そして私の場合は、大嶋啓介講演会の前に、渋谷「てっぺん」へ仁義を切りに。

「来月、おたくの大将に東北の片田舎まで来てもらいますけん~

まずは、あいさつっちゅうことで、そこんとこ、よろしくお願いしますけんの~」

*なんでエセ広島弁やねん!

まぁ、それぞれの主目的は違っても、活きのいい商売ネタを探すという

大テーマは変わらない訳で、とても充実した2日間を過ごせました。

特に、箭内さんの人脈で、繁盛店のオーナーさんから直接話を聞いたり、

大三村さんの話芸を活かして、様々な人たちと仲良くなったり・・・と。

それにしても、「青森がら来ましたぁ~」(南部弁で)はマジックフレーズです。

どこへ行っても、この一言で周りの人が優しくしてくれます。

南青山の素敵な琉球ダイニングでは、きれいな女性スタッフから

「うわぁ~私も青森出身です~」と大歓迎を受けました。

「今度、サバとイガば、送るすけ~」と言っておきました。

さらに、渋谷てっぺんの男道場・四代目総長(店長)の

西村寛幸さんは、八戸工業大学出身でした。

「今度、大嶋啓介さんば、八戸さ呼ぶんでぇ~」と自慢したら

「マジっすか!!自分も行きたいです!!大将に相談してみます!!」とのこと。

てっぺん女道場の結衣ちゃんからは、てっぺんDVDのダイジェスト版を

いただきました。本当にありがとう!スーパーハッピーです!

Photo

*渋谷であろうと白眼で通す!(大三村) 右から二人目がカリスマ店長の西村君。

★2日間で周った繁盛店が約10店舗。

それぞれのお店から、たくさんの気づきとインスパイアをいただきました。

この経験と感動を活かして、次なるビジネスと新たな夢へ挑戦しまっせ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか~

買ったきっかけ:
地域ビジネスに興味があるから

感想:
超神ネイガーの成功の裏に隠された
ストーリーに感銘を受けた

おすすめポイント:
地域ブランドの確立を目指す人は必読

奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか~

著者:海老名 保

奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣ぐ子はいねぇがぁ~

泣ぐ子はいねぇがぁ~?で有名な秋田のナマハゲはご存知でしょう。

では、「伝統超神ネイガー」は知っていますか?

「超神ネイガーは」、米農家を営む心優しい青年「アキタ・ケン」が

ナマハゲの力を借りて変身。秋田をダメにしようとする悪の組織

「だじゃく組合」と戦う正義の地産地消ヒーローなのです。

武器は、秋田名物きりたんぽ型をした剣「キリタンソード」と

秋田の県魚ハタハタの形をした銃「ブリコガン」。

必殺技は、鳥海山のエネルギーが込められた「鳥海キック」と

キリタンソードを使った「比内鶏クラッシュ」など。

仲間には、ネイガーの弟分「ネイガー・ジオン」(ジオン:おんじ:弟)と

米屋の看板娘「ネイガー・マイ」、漁協の狂犬と呼ばれる「アラゲ丸」がいます。

ネイガーの敵は、「明日の秋田をダメにする」を合言葉にしている「だじゃく組合」。

戦闘員ホジーネをはじめ、カメムシ怪人「ハン・カクサイ」や

コクゾウムシ怪人「エフリコギ」などがいます。

Photo

この話は、秋田県で絶大な人気を誇っている、

奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」の、マジメな実話なのです。

秋田県内だけで行われる「ネイガーショー」は、実に年間200回を越え、

キャラクターグッズは100種類以上。

キーホルダーとストラップは30万個以上売り上げます。

テレビCMの契約は7社。テレビのレギュラー番組もあるそうです。

ネイガーの主題歌は、ヒーローものの大家「水木一郎」さんが歌っています。

このアホなことをマジでやった男は、1969年秋田県生まれの海老名保さん。

プロレスラーを志し上京するが、ケガで挫折。

その後、二流のアクションスターを続けながら、逆転の一発を放ちました。

海老名さんは、なかなかの大日本人ですよ~!

「超神ネイガー」。たかがご当地ヒーローだろうと甘く見たらダメです。

そのクオリティは、本家の仮面ライダーシリーズをも凌ぐものがあります。

コスチュームはすべて自前で製作。

海老名さんの子供のころからの趣味だったマスク製作が、

大人になってから花開いた訳です。

ストーリーも、なかなか凝っています。秋田県にこだわったキャラクターと

バックストーリーがしっかりしているので、大人も納得させちゃいます。

決して、子供だましじゃないんです。

前回のブログで取り上げた木村秋則さんに続き、

秋田の海老名保さんも、東北が誇るアホアホスターですね。

ぜひお会いしたいなぁ~。大嶋啓介さんの次は彼を呼びましょう。

きっと、笑売繁盛会議に素晴らしいインスパイアを与えてくれると思います。

詳しく知りたい方は、「超神ネイガーを作った男」という本が出ていますので、

ぜひ、チェックしてみてください。

★今日から2日間、東京方面へ出張してきます。

夜は渋谷の「てっぺん」に行こうと思っています。

渋谷「てっぺん」の話などは、後日ブログでお知らせしますね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)

買ったきっかけ:
奇跡のリンゴに感動したから

感想:
奇跡のリンゴ、その後。
無農薬栽培が世界中に広がり始めている事実にまた感動しました

おすすめポイント:
一業一貫。夢をあきらめないこと。自分を信じること。勇気が出る言葉が満載です。

リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)

著者:木村 秋則

リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごの木村さん

昨年末、このブログでご紹介した「奇跡のリンゴ」の

木村秋則さんが新しい本を出しました。

タイトルは、「リンゴが教えてくれたこと」。

「奇跡のりんご」のその後を綴った続編のような話になっています。

木村さんは、やっぱり凄い人です!尊敬します!大日本人です!!

そういえば、今年の私の年賀状は、木村さんのりんごをモチーフにしたものでした・・・。

「自然には何一つ無駄なものはない。

私は自然が喜ぶようにお世話をしているだけです」

このコメントからも分かるように、木村さんの根底にある思想は、

「愛と感謝」なんだなぁ~と思います。

自然への感謝と人間への愛情が、「奇跡のリンゴ」を作ったんですね。

Photo

それから、もう一つ。

木村さんは、非常に科学的な人なんです。

愛と感謝という心の上には、何事をも見逃さないクールな視点があります。

木村さんの農業は、「すべて観察からはじまる」のです。

何年にも渡って、実験的な農業を繰り返した結果、

木村さんの脳には、膨大な「生きたデータ」が蓄積されています。

雑草の役割、虫の生態系、土中の窒素の量、土の温度・・・

数え上げたらキリがないほど、綿密なデータを持っています。

NHK「プロフェッショナル」という番組で知り合った茂木健一郎さんに、

「茂木さんが脳科学者なら、私は農家学者ですな。アハハ!」と言い放ちました。

どんな時でも、誰が相手でも、気さくに対応する木村さんらしい言葉です。

今、世界中の農家の皆さんが、木村さんの思想に感銘を受け、

韓国やケニアなどの国で、無農薬栽培を導入し始めています。

自然栽培を普及させるための学校(伝習館)をつくる準備もしているそうです。

農薬を使わない農業は、自然と共生する農業です。

自然と歩調を合わせることは、「ゆっくり少しづつ」進むということ。

「早く大量に栽培する農業」とは対極になります。

ゆっくりと大切に育てられた農作物を、一粒一粒感謝しながら味わう生活。

それが本来の姿なのかもしれませんね~。

●「かまどけし 呼ばれても 明日の農業 道開く」

兵庫県の歌人が、木村さんのために詠んだ句です。

●「アホちゃうか 呼ばれても 明日の笑売 道開く」

八戸の歌人が、本人のために詠んだ句です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【速報 笑う会議】男達の挽歌編

昨夜、居酒屋がんこおやじの2階には、男臭が漂っていた。

鼻にツンとくる刺激臭は、懐かしき体育会系の部室に似て、

青春の熱き血潮と、ぶつかり合う男気の結晶に違いない。

揃いも揃った、17人の男ども。

いにしえのツワモノのごとく酒をくらい、獣のような咆哮が轟く。

「本気の朝礼」ならぬ、「本気の開会宣言」で口火が切られ、

狂気の酒宴「笑売繁盛会議 男祭り」は幕を開けた。

003

第一部「裸の舞」の前に、ルール説明を行うタイガー高野

006

そこに遅れて登場して慌てて脱ぎだす 2秒の清水

007

本気の乾杯じゃ~!やれんのか~清水~!大三村総統

010

まずはワシから脱がさせてもらうでぇ~! ドヤ顔つむつむ

011

私は宗教上、これ以上、肌の露出はできません!

012

ぼくの方が、肌白いっス! そうだね、ゲンタ君の方が白いよね~

020

じゃあ、僕が先に2回脱ぐから、次お願いね~

021

寝てないよ~寝てないよ~テレビ見てたんだよ~(お父さん、もういいから・・・)

022

むつ湊名物「いさばのとっちゃ」 今日はドンコしか獲れながったおん~

024

やっぱり、巣鴨御三家につきるね~!いや先輩、五反田駅裏の・・・

026

何を撮ってんねん!踊り子さんの楽屋裏見たらあかんで~ボン!

028

百石高校のテキサスブロンコ テリー&ドリー組 *左はアラブの怪人シーク

027

迎え打つ 八戸北高のルーテーズ&カールゴッチ組

029

第二部「昇天太鼓」に招かれた、本日の初女子「なおっぺファイアー」

030

全米を震撼させた男、ヒーローズ出演中 (感動のあまり昇天するなおっぺ)

032

昇天太鼓の大トリはこの人!博多中洲の3p乱れ打ちじゃ~

★という訳で、「7.14大嶋啓介講演会」の本気の打ち合わせは無事終了!

スーパーハッピー!!スーパーハッピー!!

お前は最高!!俺たち最高!!7.14絶対最高にするぞ~!! 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ガツン!とダイエット

皆さんはアイスクリームが好きですか?

私にはマイブームになっているアイスがあります。

それは、赤城乳業から絶賛発売中の「ガツンとマンゴー」です。

赤城乳業は、「ガリガリくんアイス」で有名なアイス業界のヒットメーカーです。

「ガツンとマンゴー」は、「ガツンとシリーズ」の中でも

秀逸な出来栄えとなっています。

初代「ガツンとみかん」から、二代目「ガツンとぶどう」(巨峰?)

そして「ガツンとパイン」でアイスファンを魅了した「ガツンとシリーズ」。

途中、「ガツンとグレープフルーツ」では、ちょっと外したかな・・・と思ったのですが、

「ガツンとマンゴー」で、見事に軌道修正しました。

それにしても、「ガツンとシリーズ」の人気は凄いですよ!

発売すると、即売り切れ。コンビニ以外では売っていないので探すのが大変です。

ソフトクリーム系のアイスが好きな人には理解できないでしょうが、

シャキシャキ系のアイスキャンディをこよなく愛する我々にとっては、

まさに垂涎のスイーツなのです。

フルーティなマンゴーキャンディーの中に果肉がたっぷり入って、

爽やかな甘味と南国の風情をたっぷり楽しめます。

スポーツ後や、風呂上りに食すと、幸せな気分に包まれます。

この夏、絶対のお奨めの一品「ガツンとマンゴー」情報でした。

Photo

●さて、月初めですので、ダイエット報告をしなければなりませんね~

5月は、単月「マイナス1kg」でした。累計で「マイナス10.8kg」です。

ゴールデンウイーク後に、体重が少し増えて、その後、長いこう着状態に入りました。

結果マイナス1kgですから、目標のマイナス2~3kgを達成できませんでした。

原因は何でしょう?3、4月と同じように体重管理したはずですが・・・

もしや、世に言う「ダイエット停滞期」?

いやいや、5月は、眼には見えない内臓脂肪が落ちたのかも?

あ~そうか!あいつの仕業か!やっぱり「ガツンアイス」君だな~

ガツン君、キミは爽やかに近寄って、甘い言葉をささやき、

ぼくの心を虜にしていたんだね~

ガツン君、6月は、その手には乗らないからな!!

必ずリベンジしてみせます~!

★只今、新情報が入りました

「ガツンとシリーズ」に「ガツンとピーチ」がラインナップされた模様です。

6月は絶対絶命のピンチになりそうです・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »