« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

YES WE CAN!

タレントの間寛平さんが世界1周に挑戦している。

三大洋をヨットで渡り、五大陸を走りきる、驚異的な挑戦だ。

凄い!ホントに凄い!かんぺい兄やん!

そこまでして目立とうとするなんて、芸人のカガミですよね。

さて、かくいう私も、つい3、4年前までは市民ランナーだった。

八戸うみねこマラソンをはじめ、弘前アップルマラソン、岩手前沢マラソンなどなど、

様々な町の市民マラソン大会に出場した。

当時の目標は「ニューヨークシティマラソン」で走ること。

出場するだけでも名誉と言われている市民マラソンの最高峰である。

だが、しかし、最近お会いした方にはお解りだと思うが、

今走ったら間違いなく逝くだろう。

しかも保険対象外の自殺と認定される可能性大だ。

Photo

さて、私が走るようになったのは、10年前に言われた一言がきっかけだった。

33歳の健康診断のとき、健診センターの若くて綺麗な女性アドバイザーから

「あ~、津村さん、33歳ですか?信じられませんね・・・肉体は44歳ですよ」

完全にブチ切れた。

「お前に言われる筋合いないわ~!!!!」

「だったら、お前もこの仕事してみろや~!!毎晩接待やねんぞ~!!

そうやって飲んでな~仕事してな~!!家賃やら食費やらを払っとんねん~!!」

いま思えば、まったく筋違いの話である。

*あのときの女性に心から謝りたいと思っている。「ごめんね~、ごめんね~」

悔しくて悔しくて・・・、それを機に肉体改造を着手したわけです。

まず、市営のジムに週3~4回通いました。

有酸素運動を中心に徹底的に鍛えました。

すると、3年で10kg~体重が落ちました。

次に、ダイエット以外の目標を立てました。

その目標が、フルマラソン完走です。

ある日、フルマラソンを完走した人に聞いたことがあります。

「フルマラソンと、トライアスロンでは、どっちがキツいですか?」

「そりゃ君、絶対フルマラソンだよ~」

「フルマラソンは、そのために調整して鍛練したランナーでも

完走できないときがあるだろ~それぐらいキツいんだぞ~」

「足が痛いとかじゃなく、骨のシンが痛くなるよ・・・我慢できないよ・・・マジで」

そうと聞いたら、あとには引けない。

絶対、完走したる!そう決意したわけです。

手始めにうみねこマラソンなどのハーフマラソンに出場しました。

なかなか良い結果で完走しました。

「なんだか、イケそうな気がする~」だったわけです。

そして3年後、38歳で、フルマラソン初挑戦したのです。

レースは弘前アップルマラソン。天気は秋晴れの快晴。

岩木山の雄大な風景を見ながら、りんご畑を縫って走る良いコースです。

スタートして、折り返しまでは順調です。

2時間をちょっと切るくらいのタイムだったと思います。

ところが、折り返して間もなく、異変が起きました。

膝が痛いのです。武藤敬司の膝みたいに痛かったですね~。

次に太ももとふくらはぎが、硬直してきました。

たまらず歩きました。

そのうち歩くことすら、できなくなりました。

ガードレールに座ったまま、動けなくなりました。

気がつくと、「岩木山のバカ野郎~!!!」と叫んでいました。

もう絶対、無理だと思ったので、棄権しようと思いました。

ところが、棄権者用のバスが来ないんです・・・。

津軽の秋風が、次第に冷たくなってきて、しゃーないから歩いてみました。

足が痛くて、痛くて、痛くて・・・

でも、とにかく前へ進むしかないのです。

沿道にボランティアの高校生がいっぱいいました。

「がんばって!」「ファイト~!」なんて声がかかって、手をあげて応えましたが、

内心は、「うっせぇ~よ!ほっとけよ~!このガキが・・・」って思ってました。

でもでもでも、そのうち足が動きだしたんです。

無意識に右足が前へ、左足が前へと。

気がつくと走ってました。

「うっそ~ん!!」走ってるやん~。

結果的に、折り返しからの後半は、4時間近くかかりました。

たしか、5時間50分くらいの完走だったはずです。

私の後ろには、もう4、5人しかいなかったと思います。

あとはみんな棄権して、バスに乗って戻ってきてましたから。

ゴール地点では家族が心配してまっていました。

「もう少しで捜索願いを出そうと思ってた」そうです。

ゴールした時は、涙が出ましたね~

ホントに凄い経験でした。

それ以来、走ることが、人生のテーマになりました。

というのは嘘で、それ以来走ってません。

あんな目にあうなら、太ってるほうがエエやんか~!!

でも、かんぺい兄さんには、頑張ってほしいです。

きっと、かんぺいさんなら、やってくれます。

さて、あなたは何かに挑戦してますか?

YES WE CAN!

キミならできる、私と一緒に新しいことに挑戦しよう!

(マラソン以外でね)

★2月の笑売繁盛会議

2月17日(火)19時~「くいもの屋 わん」に変更です。

よろしく!  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『求めない』 加島祥造

買ったきっかけ:
友人に推薦されました

感想:
凄い言葉が散りばめられています
まさに、珠玉の言葉。

おすすめポイント:
迷ったら、求めないことさ。
求めないと、自分の好きなことができる。
深イイ〜ですよ。

『求めない』 加島祥造

著者:加島 祥造

『求めない』 加島祥造

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サービス精神

加島祥造さんをご存知でしょうか?

詩人であり、画家であり、哲学者でもある、大日本人です。

東京生まれで、大学教授という職を得ながら、

ある日、突然、都会を去り、家族と離れ、田舎暮らしを始めた

常人には、ちょっと理解しがたい人かもしれません。

この加島祥造さんの著作に「求めない」という凄い本があります。

全編、詩のような散文のような文体で書かれ、

とても読みやすいので、30分もあれば完読できます。

ところが、読み終わると、また読みたくなるのです。

何度も読んで、噛みしめてみます。

何となく、わかった気になるのですが・・・

しばらくしすると、ふとしたきっかけで、また読んでしまうのです。

Photo

●「求めない」の一遍を少しだけご紹介しましょう。

「求めない   

すると、簡素な暮らしになる

求めない

すると、いまじゅうぶんに持っていると気づく

求めない

すると、心が静かになる

求めない

すると、楽な呼吸になるよ

求めない

すると、自分の好きなことができるようになる

求めない

すると、心が澄んでくる

求めない

すると、現実がよく見えはじる

求めない

すると、ほんものをさがしている自分に気づく

求めない

すると、いま自分にあるものが素晴らしく思えてくる

求めない

すると、ひとの言うことが前よりよく分かるようになる

そして、ひとの話をよく聞くようになる

すると、ひとはとても喜ぶものだよ

求めない

すると、ひとは安心して君に寄ってくる

求めない

すると、ユーモアの心がはたらきだすよ

求めない

すると、失望しない

求めない

すると、求めないほうがはるかに面白くなる

ほんとなんだ、求める自分ってつまらないが、

求めない自分って、

いきいきしていて、とても面白いんだ

求めない

すると、比べなくなる

求めない

すると、自由を感じる

その自由からエナジーが湧く

求めない

なんて言葉をつらねて

あなたに聞いてもらうことを求めている。

たしかにその通りだけれど

あなたが聞き捨てても、不平を言わない。

聞き入られなくても、不満を持たず悲しがらず

怒らずにいようとする

そういう求めかただったら、我慢してもらえるかな。

ひとはなにも求めないことなんてありえない。

ひとはいつも、求めている。

いつも求めてやまぬ存在だ。

一切なにも求めるな、と言うんじゃあないんだ

どうしようか、と迷ったとき

求めない、と言ってみるといい。

すると気が楽になるのさ。

求めない

ということは、なにもしないことではないよ。

求めないことで、

かえって自分の内なる力を汲みだすんだ。

自分のなかの、眠っていた力を呼びさますんだ。

すると、もっと自然な生き方になる。

どうしてそんなに、

求めるななんて言うんです?

それはな、求めないと、

気持ちがいいからさ!」

ヤマト運輸の創設者「小倉昌男」さんは、

「サービスが先、利益は後」と言っていました。

本当のサービズ精神とは、

見返りを求めないことかもしれませんね・・・。

与え続けていると、誰かが見ていて、

「いつも、ありがとう!」って、少しの「おひねり」が飛んでくる。

そんな感じでしょうか。

私は気がつくと、「見返りばかり」を求めています。

そんなヤツには、おひねりは飛んでこないもんね~

まあ、せめて今日ぐらいは「求めない」一日にしてみようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ヒールの生き方

「ヒール、一転ヒーローへ」

本日の朝刊の見出しは、朝青竜の優勝を讃える言葉が目立ちました。

ヒールとは、アメリカのスラングで、「悪玉」を意味する言葉。

語源は、「プロレスの悪役」からきています。

なぜ、悪役をヒールと呼んだのでしょう?

ヒールは、ハイヒールのヒール、要するに「かかと」のことです。

ハイヒールを履いているように、背を大きくみせること。

自分を背伸びさせる=実力以上のことを自らに課す。

それが、悪玉をヒールと呼ぶ理由です。

*実際にハイヒールを履いてプロレスはできませんが・・・

悪玉が弱かったら、プロレスにはなりません。

憎らしいほどに強い。それがヒールの役割です。

生まれながらのヒールはいません。

どんなレスラーだって善玉をやりたいんです。

そこをあえて悪役に徹することで、興業を成立させるわけです。

光があるところに影がある。

明るい光には、濃い影ができるものです。

Photo

20代で初めて転職を経験したとき、

地方ではそこそこに大きな企業を辞めて、

小さくて無名な会社に移りました。

どうしても、その仕事がしたかったから、

会社の大きさなんて、どうでも良かったのです。

でも、親をはじめ周囲の関係者は心配するわけです。

小さいよりは大きい方が安心ですから。

そんなとき、転職先の親方が言いました。(後の大師匠)

「これからはヒールの生き方になる」

親方も私も、筋金入りのプロレスファンです。

だから、「ヒール」という言葉は解りやすかった。

「小さな会社が、大きな会社を倒すんじゃ!

だからヒールになるんだ!

出来なくても堂々として行け!

精一杯、背伸びして生きろ!」と。

あれから、20年。

今は、小さな会社にさえ属していないフリーランサー。

ヒールの中でも、大ヒールでいかなアカンのです。

痛くても、痛くない。

つらくても、つらくない。

泣きたくても、泣かない。

それがヒールの生き方ですばい。

「喧嘩上等。反則歓迎。」

中小・零細企業のみなさん!

ヒールの生き方を忘れたらアカンでぇ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

せんべい汁

つい先日、出張でやってきた、雑誌編集者くんと雑談をしました。

「この間、八戸に来たとき、「せんべい汁」の店いってきましたよ」

「せんべい汁の店って、あの「さくらの百貨店」の向いの?」

「そうそう。せんべい汁をはじめて食いましたよ・・・」

「どうよ?せんべい汁」

「なるほど、これが、せんべい汁かって、感じですね」

「そう、それが、せんべい汁だよ」

「でも、店はおしゃれだし、メニューも面白いし、いいんじゃないすかね~」

「そうすか・・・・・」

「八戸の人は、やっぱり、せんべい汁なんですね」

「いや、そんなに、せんべい汁じゃないよ」

「でも、せんべい汁をよく食べるんでしょ」

「そうだね・・・、俺の中では、花見とかキャンプ場で食うイメージだな」

「それ、とん汁じゃないすか?」

「そう、とん汁の替りだよね・・・せんべい汁のポジションって」

「へ~そんな感じなんですね」

「それより、富士宮焼きそばとか、富良野カレーとか、食ってみたくね?」

「あー、そうですね。食いたいですね」

「でも、富良野の人も、「地元ではそんなに富良野カレーじゃないよ」って言うだろうね」

「そうですよね、「やっぱりホワイトシューでしょ!」とか言いそうですよね」

「そうそうハウスのな」

・・・こんな他愛のない話でした。

彼に、「その店閉店するんだよ」と教えたら、びっくりしてました。

「かだる女子部」の皆さん!

あなたたちのお店は、結構評価されてたんですよ!

ちょっと早い閉店で、残念でしたが・・・これも勉強です。

次、がんばったらエエねん~!

043

商いの原則は、「海のものは山へ」「山のものは海へ」です。

漁師さんに、新鮮な刺身を売っても、しゃーないよね。

需要のあるところに供給するのが、基本中の基本。

かといって、目の前の需要にばかり、対応していると先細りになります。

時には、需要を作り出す仕事にもチャレンジしなければなりません。

要するに、オンリーワンの道ですね。

裸足のアフリカ人にスニーカーを売った、商売の達人の逸話もあります。

魅せる部分と、売る部分のバランスも大事です。

魅せる商品は、派手で目立ちます。

うまくすれば、マスコミ取材の引き合いもあるでしょう。

でも、その商品は「魅せる」だけです。

売って、利ざやを稼ぎ、生活の糧にするものは、また別です。

いわゆる「売れ筋商品」を用意しておかないと、商売は成り立たない。

地味だけど、日々の稼ぎを支えるのはこれです。

ただし、売れ筋ばかり揃えると、平均的でつまらない店になっちゃいます。

今回の「せんべい汁」の件、

かだる女子部の皆さんだけではなく、

私たち全員の教訓にしなければなりません。

お金は大事です。

命の次に大事なものでしょう。

その大事なお金を払ってもらうのが商売です。

だから、商売は大変なんですね。

お客様は、いつも真剣です。

無駄なお金なんてありません。

私たち商人は、それ以上の真剣さで取り組まなアカンのです。

ということで、稼ぎ時の週末、今日も真剣勝負で頑張りましょうね!

★お知らせ

「大三村さん、ラジオ出演、おつかれさまです。

笑売繁盛会議の話をいっぱいしてくれて、ありがとうございます」

★笑売繁盛会議 2月の予定

2月17日(火)19時~ 「居酒屋がんこおやじ」で開催

岡沼さん、よろしくお願いします!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

アホは神の望み

買ったきっかけ:
アホにならねば、成功できないと信じているから

感想:
自信を持ってアホ道を進もうと思いました

おすすめポイント:
賢こさの上に、アホがあると思います。
ぜひ、あなたもアホを目指してください

アホは神の望み

著者:村上 和雄

アホは神の望み

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アウシュビッツのすべらない話

「すべらない話」は、知ってますよね?

ダウンタウンの松本人志をはじめ、

東西を代表するトークの達人が一堂に会し、

「すべらない話」を披露するテレビコンテンツです。

その「すべらない話」の起源かもしれない・・・話です。

それは、世界大戦中にアウシュビッツに収容されたユダヤ人たちが、

生き残る方法として思いついたことです。

ある日、収容所の何人かの人たちが

「毎日、何か一つ、心から笑える話をして、お互いに笑い合おう」

という約束をしました。

死が日常化された極限状態の中で、「すべらない話」をする。

その結果、「笑うこと」が、たくさんのユダヤ人の

狂いそうになる精神状態を救ったそうです。

また、「笑い」が医学的効果があることも実証されています。

科学者「村上和雄」さんと吉本興業の共同研究により、

「笑うこと」が、糖尿病患者の血糖値を下げたり、

ガン細胞の増殖を抑える効果があることが証明されました。

村上博士は、「そのうち、薬の代わりに、

「笑い」が処方される日が来るかもしれない」と言っています。

039

さて、「笑売繁盛会議」のあとは、なぜ、こんなに元気なんでしょうか?

二日酔いで頭痛に苦しむ場合もありますが、

基本的に、会議後の数日間は、思い出し笑いを繰り返しています。

やっぱり、みんなに会って、語って、大いに笑いあって、

体内の細胞が活性化されているんでしょうね。

笑いや楽しさや嬉しさといった「陽」の感情が、

自分をポジティブな状態にしてくれるような気がします。

アップル社の創業者スティーブ・ジョブズが

スタンフォード大学の卒業祝賀スピーチで言った言葉です。

「STAY HUNGRY,STAY FOOLISH」

(ハングリーであれ!アホであれ!)

つまり、枠にはまった優等生やお利口さんになるな!

小賢しく、小さくまとまるくらいなら、愚か者(アホ)である方を選べ!

常識なんか、はみ出してしまう器の大きなバカになれ!

ということです。

「愚直でスケールの大きなアホが、いちばん大きな成果を上げる」

*村上和雄著「アホは神の望み」より引用

私は、笑売繁盛会議のみなさんと出会い、大きな影響を受けています。

「やっぱり、アホは最強だ」と。

★最後に、2年前の夏に思い立って、

私の名刺の裏に入れたフレーズです。

*宮沢賢治の有名な詩をベースにしています

「雨にも負けず  

風にも負けず

不景気や異常気象にも負けぬ

丈夫な心身をもち

エゴはなく

決してあきらめず

いつも笑顔で前へ進む

東に売上不振の店があれば

行って共に汗を流し成功へ導き

西に元気のない商人がいれば

行って心に勇気の炎を灯し

小さい店や弱い者の味方となり

笑売繁盛を志し

笑顔と情熱の男と呼ばれ

人の幸せを心から喜ぶ

そういう者に 私はなりたい」

そういう男に私はなりたい・・・

byカルロス・ツムーン  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

潜入レポート!新年会極秘ファイル

2009年、アホが世界を制する。

私たちは、世界制覇に向けた大きな一歩を目撃した。

昨日未明、「笑売繁盛会議 2009超新年会」が行われた。

以下は、おとり捜査官として潜入した、

カルロス・ツムーン諜報員による極秘ファイルである。

007

見事にメキシコ人になりすましたツムーン諜報員

008_2

容疑者K

013

アホルーキーズ 北海道のMと相模原のS

015

中近東の黒幕を囲む 若手アホーズ

016

チャイニーズ シンジケート「赤シャツ団」

023

鉄砲玉 ロケットGと握りのUZ

027

大ボス登場 ホセ・ダイミム~ラ

028

大ボスに近づき情報収集をするツムーン諜報員

031

アホルーキーズ カダルKとカフェA

034

伝説のギャング スリーピーTAKE と 若手ホープ

038

ついに撮影成功! アホアホ・フォークダンス

044

アホ中毒となった かだるオールスターズ

勉強せな、こうなるでぇ~!

058

アホのシンジケート ドンファンに潜入

070

アラーの神に捧げるバラード 熱唱中

047

遺体発見 スリーピーTAKE 死す

061

犯人は盟友 歓楽街のKと回転王M 

男たちの「裏切り」に昇天するスリーピーTAKE

077

別な遺体発見 コードネームGANMA

082

容疑者K ついに犯行を認める

076

カダルKのハッピーバースディ *年齢不詳

041

という訳で、2009年の笑売繁盛会議は、ますますパワー炸裂!

アホが世界を制する日は近いと思われる。

レポートbyカルロス・ツムーン諜報員

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す (角川SSC新書 45) (角川SSC新書)

買ったきっかけ:
ブランディングを勉強したいと思って・・・

感想:
とても解りやすく読めました

おすすめポイント:
キットカットをはじめ、ブランディング構築のコツを教えてくれます

ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す (角川SSC新書 45) (角川SSC新書)

著者:関橋 英作

ブランド再生工場―間違いだらけのブランディングを正す (角川SSC新書 45) (角川SSC新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験生のお守り

昨日、大学のセンター試験が行われた。

いよいよ受験シーズン本番という感じだ。

私の家族の周辺には受験生はいないが、

家族ぐるみでお世話になっているご近所に高3の息子さんがいる。

その子は、国立大学を目指して受験戦争のまっただ中にいる。

そんなとき、ちょうど、テレビから「キットカット」のCМが流れていた。

「キットカット」は「きっと勝っと」(九州弁で「きっと勝つよ」)と言われ

受験生のお守りランキング第二位に選ばれている縁起アイテムだ。

*ちなみに一位は、神社のお守り

Photo

パッケージデザインも、なかなか気が利いている。

満開の桜をあしらい、まさしく「サクラサク」なのである。

ちなみに、この「キットカット」の販促・宣伝のプランナーは

青森県出身のクリエイティブコンサルタント「関橋英作」さんだ。

関橋さんは、大手広告代理店を辞めて、独立創業した苦労人。

押し付ける広告ではなく、消費者が自発的に動く形を模索して起業したのだ。

そこに「キットカット」のブランド再生の仕事が舞い込んできた。

「キットカット」は、チョコ菓子の中でも、地味な存在だった。

誰もが知っているけど、強力なブランドパワーを持っていない・・・

その頃、九州の一部地方の都市伝説だった「きっと勝っと」の話を人づてに聞いた。

これだ!と関橋さんにアイデアが閃いた。

「キットカット」を一方的に売り込むだけではなく、

純粋に受験生を応援するキャンペーンを展開したらどうか!

結果、「キットカット=きっと勝っと」は受験生の間でクチコミが広がり、

最後は朝日新聞の社説にまで登場するほど話題となった。

以来、「キットカット」はこの季節の必須アイテムとなっている。

同じ業界にいる私にとっては、「さすが!」と思わず唸ってしまうほど、

羨ましくもあり、目から鱗でもある、お手本的な実例である。

この関橋さんの著作物の中に「自分をブランドにしよう」という一節がある。

自分が持っている自己イメージと、他人から見た時の自分のイメージ。

この2点を再確認することが、自分ブランディングへの第一歩だ。

自己評価と他人評価の違いに、きっとビックリするだろう。

自分の中では、一番のウイークポイントだと思っていたことが、

他人からは魅力的な個性として評価れさている場合もある。

もちろん、その逆もあるが・・・。

現在の自己イメージを確認したあとは、

「求めらている自分」や「こうなりたい自分」を考えてみる。

つまり、未来の自分をイメージしてみるのだ。

現在の自分と、未来の自分のギャップが、これからの課題だ。

そのギャップを少しづつ埋めていく作業が、ブランディングの構築である。

これが、「競争力のある個性」となり、自分の人生を支えるパワーとなる。

ちょっと、話が難しくなってしまったが・・・

気楽に、自分のCМを考えてみるとわかりやすい。

自分の売りって、何なのだろう?

どんなときに、役立つ人間なんだろう?

一度、じっくり考えてみると面白いかもね・・・。

★コマーシャル制作の際は、サードプロデュースにご相談ください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

買ったきっかけ:
ブログを書くようになったから。

感想:
ウエブ時代は、個の力を発揮しやすい時代。とても勇気づけられる内容だった。

おすすめポイント:
考えることも大事だが、考えを発表することは、もっと大事なこと。ウエブは自ら助くる者を助く。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

著者:梅田 望夫

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「好き」を仕事にする

先日、ごっつりラーメンの竹中店長と

人材育成について話す機会があった。

学生アルバイトを募集しているが、

なかなか思うように集まらない・・・とのこと。

ごっつりラーメンに限らず、飲食店などのサービス業では

人材確保に苦労することが多い。

サービス業は、一般の人が休みの時に忙しい、

ハードな割に見返りは少なく、クレームなんかも多い。

デジタルの時代にあって、未だにアナログ的な仕事なのかもしれない。

そんな状況の中で、どれだけのモチベーションを作り出せるか・・・

雇用する側は、いかにしてモチベーションのきっかけとなる

「気づき」を与えられるか。

それが、人材育成のポイントのように思う。

Photo

ノーベル賞学者・小柴昌俊さんは、こう語っている。

「大事なのは「自分はこれをやりたい」というものを見つけること。

それが人生でいちばん大切なこと。

もちろん簡単ではない。自分が何に向いているのか、

何が好きなのか、見つけるのはやさしくない。

それでも何とか見つけ出さなければいけない。

良くないのは、見つける努力をしないでフワフワ生きていること。」

また、アップル社の創業者スティーブ・ジョブズは

「偉大な仕事をする唯一の方法は、

あなたが一番愛している仕事をすることだ」と語っている。

その仕事をどれだけ愛せるか、どれだけ「好き」なのかという

「好きということのすさまじさ」の度合いが競争力の源泉になる。

起業家精神の真髄は、「自分の頭で考え続け、

どんなことがあっても絶対あきらめない」ということに尽きる。

「勝った者」とは「勝つまでやった者」なのだ。

*梅田望夫「ウエブ時代をゆく」から引用

「好き」を仕事にするということは、「苦難の道」なのかもしれない。

大きな組織の中で、しっかりと敷かれたレールの上を走るのではない。

泥の中を、ジャングルの中を、進むようなものだ。

私を含め、私の周囲には、この道を行く人が少なからずいる。

高速道路を降りて、けもの道を行く人たちである。

しかし、後悔している人はいない。

「好き」だから、自分で選んだ道なのだ。

彼らにとって、「苦難の道」=「成功への道」なのだろう。

高速道路の先は必ず渋滞している。

その渋滞を縫って、ゴールを目指すも良し。

けもの道に乗り換えるも良しである。

若者たちよ、今年はぜひ、「自分はこれをやりたい」を見つけよう!

★社長さん、店長さんは、そのお手本にならねば・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年会のお知らせ

笑売繁盛会議 2009年 超新年会の概要をお知らせします。

●1月19日(月) 19時~

八戸麺道大陸(八食センター 味横丁)

*中華の達人「箭内一三」によるスペシャルメニュー

@4,000円(飲み放題付)

Photo

★二次会 22時~  ドンファン(ジャスマックビル1階)

@4,000円(2時間飲み放題)

Photo_3

●出席者(一次会23名)

竹中裕彰(ごっつりラーメン)

松本恵治(八食市場寿司・いちば亭)

津村柾広(サードプロデュース)

工藤秀之(八食センター)

箭内一三(八戸麺道大陸)

清水 聡(青森フーヅサプライ) +1名

佐々木淳史(いちば亭)

小山田裕之(八食市場寿司)

田名部貫二(八食市場寿司)

竹内きよ子(八食市場寿司)

洞内 健(居酒家健)

佐々木望(社会福祉法人ファミリー)

小野昭仁(フォルテ)

林 源太(くいもの屋わん)

奥瀬英俊(八戸第二養護学校)

佐々木清津子(ドンファン) +1名

岩間奈々(かだるかふぇ) +3名

八食サービスエイト 1名

★二次会より参加

三村和良(ラーメン鳳凰)

川村 誠(八食センター)

松本光由(フォーユー)

*未定(調整中)

佐藤大介(古牧温泉青森屋)

竹ヶ原靖典(八戸商工会議所)

*欠席

岡沼宏和(がんこおやじ)

駒井秀介(八戸酒造)

細羽 喬(アミューズ)

舩場 修(港むら福)

接待浩之(ごっつりラーメン)

皆さん、当日は体調万全でお越しください。

できれば、新しい年の夢や抱負をお持ちよりくださいね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

珈琲バカ一代

昨日は、悪天候のため大変な一日でした。

自宅から八食センターへ行くだけで、1時間も掛かりましたわ・・・。

そんな嵐の中、津軽青森から、遥々やってきた御仁がおりました。

その方は、珈琲の哲人「八桁竹三郎」(やげたたけさぶろう)さんです。

八桁さんは、このたび完成した、八食センター・オリジナルブランドの

コーヒーを企画開発した張本人であります。

この日は、オリジナルコーヒーの広報・販促に関する打ち合わせで、

八食サービスエイトの松本恵治店長に会いに来たのです。

*松本さんは笑売繁盛会議のメンバーで、八食市場寿司・いちば亭の店長も兼務。

私の方は、「打ち合わせ前に、飯でも食いませんか?」と八桁さんに誘われて、

いちば亭で13時に待ち合わせしましたが、待つこと1時間・・・。

そりゃそうだ!こんな嵐の中を青森から来るなんて、無茶ですよ八桁さん!

まぁ、それはともかく、この八桁さんは1933年生まれの大先輩。

コーヒーに人生を捧げ、この道一筋五十余年のキャリアを誇る

正真正銘のプロフェッショナルです。

初めてお会いしたとき、「八戸のオリジナルコーヒーを作りたい!」と

夢と展望を情熱たっぷりに聞かせてもらいました。

八桁さんにコーヒーの話をさせたら、止まらない!

3泊4日ぐらいの合宿が必要かもしれない・・・。

八桁さんの話を聞いて私は、この仕事のコンセプトを

「珈琲バカ一代」という言葉に勝手に決めちゃいました。

「珈琲の匠×八戸の名水」という、職人と素材の出会いが、

この企画の肝(キモ)だと思ったからです。

003

コーヒーに使用する水は3種類。

「がんじゃの水」「三島の水」「おいらせの水」の3タイプです。

それを独自製法の「24時間冷水抽出」で、じっくりと水出しします。

まさしく、コーヒー通をうならせるコクとフレーバーを楽しめる逸品です。

*八食サービスエイトで好評発売中!ギフト用の3缶セットが人気です!

八桁竹三郎さんの情熱が、松本恵治さんを動かし、

それが、私を始めとする制作チームに共鳴して、

すばらしいコラボレーションが出来上ったのだと思います。

改めて、関係各位の皆さんに感謝します。

*emuデザイン、陸奥八仙、桃川、みしまサイダーの皆さん、ありがとうございます。

いつも新しいことに挑戦するとき、思い出す言葉があります。

それは10年以上前、八食センターが最初のリニューアルを行ったときに

谷村充生専務(当時)から、いただいた詩です。

詩の正確なフレーズは忘れましたが、内容は以下の通りです。

「最初は、けもの道だった。

草木が踏まれ、けもの道は一本の筋になった。

一人の人間が、その筋をたどって糧を得た。

そしてまた誰かが、その筋をたどった。

いつのまにか、一本の筋は道になった。

道は、人々をつなぎはじめた・・・。」

*正確なフレーズを知りたい人は、谷村さんから教えてもらいましょう。

「道がなければ、道を作ればいいんだよ・・・。

前例がないことに挑戦するってのは、そういうことなんだよ」

当時、そんなふうに教えられたような気がします。

便利で早い高速道路も良いですが、

道なき道を行く、けもの道もまた良し。

今年は何か新しいことに挑戦しましょうね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1歳から100歳の夢

買ったきっかけ:
日本ドリームプロジェクトに共感しています!

感想:
かわいい夢から、大きな夢、ささやかな夢など、人それぞれの100通りの夢があるんですね〜

おすすめポイント:
夢は人生のエネルギーです。
エネルギーが不足気味なら、ぜひ必読!

1歳から100歳の夢

1歳から100歳の夢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

買ったきっかけ:
ほぼ日刊イトイ新聞で知ったから

感想:
脳の秘密をわかりやすく教えてくれます

おすすめポイント:
20歳過ぎたら、脳が退化するなんて大きな勘違い!脳は成長し続けます。

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

著者:池谷 裕二,糸井 重里

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の話

昨日、古牧温泉青森屋で仕事の打ち合わせがあり、

三沢まで出かけて来ました。

佐藤大介総支配人とは、ちょっとしか会えませんでしたが、

相変わらずハツラツとして、元気そうな笑顔を見せてくれました。

三沢のあと、おいらせ町を素通りするわけにもいかず、

ラーメン番長・大三村さんの「鳳凰」におじゃましました。

そこで、大三村さんから「初夢」の話を聞きました。

初夢と言っても、寝てて見る夢じゃなく、

はっきりと意識された夢の話です。

いわゆるビジョンというやつです。

夢は壮大で、登場する人物すべての

キャラクターが活かされた素敵な内容です。

*夢の内容は個人情報にも関わるのでシークレットにしときます。

大三村さんは、そのビジョンが脳裏に見えた時、

ワクワク感がとまらず、数分間が一瞬のように感じたそうです。

私にも何度か経験がありますが、

すばらしいアイデアが閃く瞬間、

脳は最高の状態で活動しているそうです。

それを専門用語では「シナプス現象」と呼んでいます。

まったく異なる2つの情報が、

あるきっかけで結びつく瞬間、脳の中に稲妻が走ると言われています。

「あっ、そうか!」や「なるほど、わかった!」や「こうすればいいんだ!」など、

思わず口から出たことはありませんか?

その瞬間に「脳のシナプス現象」が起こっているのです。

脳が賢くなるのは、この「シナプス現象」で

新しい神経回路ができるからだそうです。

子供の頃は、毎日のように「シナプス現象」が起きています。

だから、凄いスピードで子供の脳は発達していきます。

シナプス現象を起こすコツが、一つだけあります。

それは、「考えること」をやめないことです。

安易な結論を求めずに、粘り強く思考を重ねると、

いつか必ずあなたの脳みそに稲妻が走ります。

例えば、りんごの木村さんが、岩木山の山奥で見たビジョンは

間違いなく「シナプス現象」だったと思います。

Photo

夢の話で思い出しましたが、

「1歳から100歳までの夢」という本があります。

1歳から100歳までの、合計100人の人が自分の夢を語る本です。

5歳ぐらいまでは、夢というより落書きのようなものですが、

6歳を過ぎたころからビジョンが芽生えてきます。

「ケーキになりたい」(6歳)、「芸人になって英雄になる」(15歳)

思春期から青年期にかけては、ビジョンはつぼみになってきます。

「大好きな歌を唄う」(16歳)「夜空に大輪を」(花火師22歳)

「キラキラした保育士」(26歳)「羽ばたけ俺」(美容師29歳)

30代~40代は、社会と家族への思いが強くなります。

「納得の一日」(会社員31歳)「ママは大学生」(主婦35歳)

「いつも生徒と共に」(教師42歳)「立ち止まって考える」(工場勤務49歳)

50代~60代は、自分のことより誰かへの思いに変わります。

「いつもふたりで」(漁師52歳)「スマイル商店」(自営業57歳)

「アイラブラオス」(ボランティア65歳)「妻に感謝」(67歳)

70代以上は、すべてを超越してしまいます。

「今の生活に感謝です」(73歳)「おかげさまの心を忘れない」(78歳)

「年中恋日和」(85歳)「愛されとんねん」(88歳)

「ハローイングリッシュ」(90歳)「七転八起それ以上」(95歳)

「当り前のススメ」(98歳)「春夏秋冬」(100歳)

★やっぱり夢の力は凄いね!!

夢は人生のエネルギーかもね。

今度は、あなたの夢を聞かせてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍馬Tシャツ追加販売決定!

昨年末に制作した「龍馬Tシャツ」の追加販売をします!

笑売繁盛会議の忘年会のあと、あちこちで着る機会があり、

いろんな人から、ぜひ欲しいから売ってくれという

リクエストが少なからずありました。

少量の印刷となると、1枚単価が上がっちゃうので、

どうしようかなぁ~と思っておりましたが・・・。

この際だから、再度皆さんの受注を頂戴したいと思います。

皆さんの、ご家族に、ご兄弟に、おじいさんに、おばあさんに、

同僚スタッフに、そして、大切なお友達や彼氏彼女に、

素敵な「龍馬Tシャツ」はいかがでしょうか?

普段のあなたが60点だとしたら、

このTシャツを着ることで64点まで、レベルアップすることができます!

今なら、カレー&シューのサイン入りブロマイド付き!

さぁ、ご注文は今すぐ、ブログに書き込んでください!

*メールでのご注文はこちら→ tsumura3rd@yahoo.co.jp

*Tシャツのカラーは、どちらか1色になると思います(たぶんネイビー)

082

*写真は、自己新記録の64点を記録したときの大介君

★新年会の参加申し込みも早めに連絡ください!

1月19日(月)19:00~ 八戸麺道大陸(八食センター)

*中華の達人のスペシャルメニューにご期待!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

決意の朝に

買ったきっかけ:
居酒屋甲子園の会場で、何度も聞いて感動したから・・・

感想:
この詩を書いた人は、いいやつだと思います

おすすめポイント:
朝の凛とした空気の中を、胸を張って歩き出したくなる・・・そんな名曲です

決意の朝に

アーティスト:Aqua Timez

決意の朝に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決意の朝に思うこと

昨日、サードプロデュースは本格始動しました。

2009年の仕事始めです。

改めまして、皆様、今年もよろしくお願い致します。

さて、仕事始めの話題は、やはり断水のことが多かったですね・・・

一年の中でも大きな販売チャンスのこの時期に

断水というアクシデントで、大きな損害が残りました。

被害の大きかった地域の皆さんは、本当に大変だったと思います。

そんな中でも、八食センター「八戸麺道大陸」の健闘は光りました。

麺道大陸の箭内店主は笑売繁盛会議のメンバーです。

以下は、箭内店主のお正月ドキュメントです。

●1月2日、朝から断水の状態。

通常営業は不可能な中で、テイクアウト用のお弁当を作れるだけ作って販売。

営業できない飲食店が多数でる中、お弁当は飛ぶように売れた。

●1月3日、一時は復旧との情報も出たが、結果的に終日断水。

今日は絶対商売したい!との意気込みから、

給水で確保した水だけで調理できるアイデアを考える。

*洗い物なしの使い捨て容器で対応。

●1月4日、復旧したが、飲料水としては不衛生と判断。

八食センターは一年で屈指の集客をする日。

しかし、全メニューでの対応は難しい・・・

おもいきってメニューを(あまり水を使わない)5アイテムにしぼる。

作戦が功を奏し、その5アイテムが大ヒット!

★結果的に、箭内さんの麺道大陸は、お正月商戦で好成績を残しました。

001

まさしく、ピンチをチャンスに変えた良い実例だと思います。

さすが箭内さん、がんばりましたね!!!

どんな状況の中でも、あきらめずに打開策を探す。

野球で言うと、ヒット性の打球を最後の最後まで全力で追いかけて、

もう追いつかない!って、誰もが思ったときに、

さらにダイビングしてグローブの先っぽでキャッチする。

そんな粘りと執念を感じるプロフェッショナルな仕事ぶりでした。

昨今、偽マーケティング思考からか、

早めの撤退やリスク回避の発想が横行しています。

でもね、やっぱり、商売は計算どおりには、いかないんだよ!

困難で危険な悪路、道なき道を進むのが、商いの道なんだよね・・・

そう思いませんか?

賛成の方には、大好きな曲の一節を贈ります。

一生懸命になればなる程 

空回りしてしまう僕らの旅路は

小学生の手と足が一緒に出ちゃう行進みたい

それもまたいいんじゃない?

生きてゆくことなんてさ

きっと人に笑われるくらいがちょうどいいんだよ

*「決意の朝に」byアクアタイムズ

そんなこんなで、決意を込めて、新しい一年が始まります。

「世界のアホ」&「プロフェッショナル馬鹿」を目指して、いざ進まん。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

波乱の幕開け

いやぁ~、まさか正月早々、こんなことになるとはね・・・

八戸市周辺の約9万世帯が断水って!

新年の気合いに、まさに水を差されましたね・・・

八食センターのみなさん、ごっつりラーメンのみなさん、

断水の影響で充実したお正月を過ごせないみなさん、

こんなときだからこそ、「ピンチはチャンス!」の精神で乗り越えてください。

きっと、何かを考えたり、準備したりする、絶好のチャンスなんです!

前だけを見つめて、今やるべきことをやっていきましょう。

私のつたない言葉だけでは、勇気を奮い起せないと思うので、

相田みつをさんの詩を贈ります。

Photo

「柔軟心?やわらかいこころ?」

そのむかし

道元禅師という人が

宋の国に渡り修行をされて

得てきたものは

ただひとつ 柔軟心 であったといいます

柔軟心とは

やわらかいこころのことです

何物にも引っかからない

素直な心のことです

きれいな花を見たらきれいだなぁ・・・と

素直に感ずる心のことです

きゅうりにはきゅうりの良さを認め、

なすにはなすの良さを認める心です

たとえ けんかをした相手のことでも

良いところは良いと認める

大らかな心のことです

そして おかしい時には 腹の底から笑い

泣きたい時には全身で泣く

それが柔軟心です

心がやわらかいから

素直に笑えるのです

心がやわらかいから

素直に泣けるのです

心がやわらかいのは

心が若いことです

柔軟心を持ちましょう

いつまでも心の若さを保つために・・・

*相田みつを詩集「にんげんだもの」より

★ドラマの幕開けは、いつも「波乱」で始まります。

ハラハラ、ワクワク、ドキドキ・・・「あなたのドラマ」の始まりです。

明るく、楽しく、感動たっぷりのドラマになるように

今から行動を始めましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけまして、おめでとうございます!

012

ついに、新年なってしまったねぇ~!

今年は、笑売繁盛会議が大飛躍する一年です。

そして、メンバー全員が一歩一歩前進して、

「自分維新」をする大切な一年です。

という訳で、本日早朝6時に起きて、初日の出を拝んできました。

夜明け前の群青色の空が

徐々にオレンジ色の染まっていく様子は、マジで神々しかったです。

とりあえず、皆さんには写真でおすそ分けしたいと思います。

★居酒屋甲子園の方では、エントリーが1000店を超えたそうです。

さあ、すっごい1年の始まりだ~!!!

今年も、よろしくお願い致します。

サードつむら

005

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »